本文へスキップ

後悔しないお葬式 葬儀社選び

香典返しの相場や内容は?

香典返しの相場。その目安は?

香典返しの相場は、お香典の半額程度というのが一般的です。本来、香典返しは忌明け(四十九日)を過ぎてから贈るものです。しかし、最近は、お葬式の当日に香典返しをする「当日返し」も普通に行われています。

「当日返し」の場合、お香典の額も様々ですから、いただいたお香典の額に応じて、というわけにはいきません。ですので、弔問客の皆様に同じ品物をご用意することになります。その場合の相場としては、おおよそ2~4千円程度の品物を選ぶことが多いようです。

しかし、特別の弔問客や多額のお香典の方に、弔問客の皆様と同じ扱いというのも失礼に当たりますので、忌明け過ぎにあらためてお礼の品を用意します。予算は、いただいたお香典の半額から、当日返しの分を引いた額を目安にするとよいでしょう。

従って、それぞれの弔問客から、いくらお香典をいただいたかを控えておく必要があります。

香典返しの内容は?

一般的に、香典返しには、すぐ使ってなくなるものを贈る、とされています。食品にも香典返しの定番となっている品はたくさんありますが、肉や魚は宗教的な理由から避けるのが賢明です。お茶や飲み物も定番のひとつです。最近では、カタログギフトをお香典返しにする場合もあります。香典返しとしても失礼にはあたりません。

いずれにしても、香典返しは、葬儀社に依頼するケースが普通ですから、依頼した葬儀社とご相談の上、決めるようにしましょう。


ナビゲーション