本文へスキップ

海洋散骨などの散骨の方法と費用について

散骨の方法と費用 海洋散骨

散骨の方法と費用は?

葬儀の後にすべきこととしてご遺骨を埋葬する必要があります。

代表的なご遺骨の埋葬方法としては、一般的にお墓に埋葬する他に、散骨という方法もあります。散骨は、死者の遺骨を自然に還すという、いわゆる「自然葬」として海や山などで行われるようになったものです。

散骨には、お墓を購入したり、管理する費用や手間が省けるというメリットがあるため、最近では散骨の方法でご遺骨をご供養する方が増えています。

散骨をする場合に知っておきたいこと

散骨に関する法律はありますか?

現在、散骨に関する法律はありません。

「散骨」について、国は「墓地、埋葬等に関する法律においてこれを禁止する規定はない。この問題については、国民の意識、宗教的感情の動向等を注意深く見守っていく必要がある。」との見解を示しています。

また、公共機関の見解の一例として、東京都保険福祉局の「散骨に関する留意事項」を参考にすると、次のように述べてあります。

散骨をしても法律に触れませんか? と言う質問に対して、東京都保険福祉局の回答は、「海や山に焼骨(遺灰)を撒く、いわゆる「散骨」について、国は「墓地、埋葬等に関する法律においてこれを禁止する規定はない」と述べています。

散骨には許可や届出などの制度はありますか?

散骨は「墓地、埋葬等に関する法律」に規定されていない行為であるため、法による手続きはありませんが、規定を設けてある自治体もありますので、散骨をする前に、最寄りの自治体に確認することをお勧めします。

散骨する場合、埋葬許可証を残しておく必要がありますか?

埋火葬許可証は、ご遺骨をお墓や納骨堂に納める際や、お墓を移転する際など、ご遺骨を移動する際には必ず必要とされる書類です。

そのため、散骨後に少しでもご遺灰を残されることがある場合には、埋葬許可証を保管しておくことをお勧めします。

また、全てのご遺骨を散骨される場合、埋火葬許可証の保管は必要無いと思われますが、自治体では埋葬許可証の再発行は行っていないようですので、保管することが望ましいと思われます。

散骨を行うときに注意すべきことは何かありますか?

身近な海や川に散骨する場合、水産物などへの風評被害やマナーの問題が発生するおそれがあります。海水浴場で散骨した場合、そこにいる人たちにどのような印象を与えるでしょうか。

また、山や野原に散骨する場合、土地所有者や近隣者とトラブルが生じることを避ける必要があります。また、農産物への風評被害のおそれもあります。

このようなトラブルが生じないように、散骨の場所や状況を考慮することによって、人々の習慣的感情や宗教的感情に十分に配慮する必要があります。

散骨のルールとマナーは?どのようなことに注意すべきですか?

ご遺骨には、遺骨を微細に粉骨(パウダー化)する必要があります。自然保護や節度を持った葬送という配慮から、ご遺骨は2mm以下の大きさになるよう粉骨しておきましょう。

また、粉骨したご遺骨を通常の骨壷などに入れると、他人の目に触れた場合、良い印象を受けないため、すぐにそれとわかる容器や喪服などは避けるのがマナーです。

また、海へ散骨する場合、漁業区域や海水浴場での散骨はできません。山へ散骨する場合、民家の近くや他人の土地へ散骨することはできません。

ただし、以上のことは、法律や条例などの規定が無いため、マナーを守ったうえで実施するようにしましょう。

主要な散骨方法と費用

海洋散骨

海洋散骨は微細に粉砕したご遺骨を海に撒く方法です。個人で行うこともできますが、専門業者に依頼して行うのが一般的です。

海洋散骨 ご遺族が単独で散骨する場合の費用は、20〜30万円

これは、家族だけで船をチャーターする方法で、落ち着いてお見送りをすることができます。ただし、船のチャーター代を、一家族で支払う必要があるため、費用は最も高くなります。

海洋散骨 合同散骨の場合の費用は、10万円前後

合同散骨の場合、複数の家族が同じ一艘の船で散骨を行います。船のチャーター代を分担することができため、費用は安くすみますが、乗船できる人数や日程が決まっていたりで、個別の場合に比べると制限があります。

海洋散骨 委託散骨の場合の費用は、5万円前後

委託散骨の場合、ご遺族は乗船することなく、業者が代理で散骨を行います。ご遺族が自ら散骨するものではないため、その分費用は安価になります。

樹木葬

樹木葬とは、霊園の敷地や、自然の山へ木や草花の下等にご遺骨を埋葬する方法です。ただし、遺骨をそのまま埋めるのは、散骨ではなく埋葬になりますが、砕いた遺骨や遺灰を撒く場合は散骨の一部とみなされます。

個人で散骨する場合の注意点

現在、散骨を規定する法律はありませんが、散骨をする際、周囲に迷惑をかけないようにマナーを守る必要があります。

個人(自分)で散骨する際の許可や手続きは、必要ですか?

現在、全国の行政機関で散骨に関する許可や手続きは存在しません。

葬送に関する唯一の法律である「墓地、埋葬等に関する法律」には、散骨に関することは、一切触れられていません。

したがって現在は、居住区の行政機関や散骨地の行政機関への届け出は特に必要ありません。

お墓から焼骨を取り出して散骨することは可能ですか?

他のお墓や納骨堂などに遺骨を移す場合、区市町村による改葬許可が必要となります。しかし、散骨のために取り出す場合は、区市町村により取扱いが異なるため、区市町村に確認をするようにしましょう。

なお、ご遺骨の一部のみを散骨する場合は、「改葬」にはあたらないため、役所への届出等は必要ありません。ただし、後の問題を避けるために、霊園や墓地管理者には了解を得るべきです。

一方、全てのご遺骨を取り出して散骨や移動をする場合は、「改葬」となるため、役所に届けて出て、所定の手続きが必要となります。

なお、お墓の中にある全員のお骨を全て取り出して「墓じまい」をする場合、親族の同意や、霊園・寺院等のお墓の管理者、役所への「改葬」手続きが必要になります。

自宅の庭に散骨しても問題ありませんか?

特に問題はありませんが、パウダー状にした焼骨を庭にまくと、風で飛ばされないようにすべきですし、近隣に対する感情の問題もありますので、どうしても庭に散骨する場合は、他人が感情を害することがないようにしましょう。

なお、個人が庭などに墓地をつくることは、法令上認められていません。

個人で散骨する方法

粉末状になるまで遺骨を砕くひつようがあります。

散骨する際には、遺骨であることがわからないように1〜2ミリ以下の粉末状(パウダー状)に粉砕する必要があります。

日本の法律には、遺骨遺棄罪があり、遺骨とわかる状態で海に投げ入れた場合、この法律に抵触するおそれがあります。

迷惑のかからないように、撒く場所を考慮しましょう。

散骨をする際には、周囲の環境や人心に配慮して行う必要があります。

業者を利用する場合は、業者が配慮した散骨場所を選んでくれますが、個人で行う場合は注意が必要です。

他人の私有地に撒けば迷惑行為になります。海に散骨する場合でも、漁場などに撒けば漁業関係者からクレームを受けるおそれがあります。

また、海水浴場の近くで散骨する場合、人目のつかないように数km離れた目立たない場所で行うようにしましょう。

親族の理解を得ておく

散骨した後には、ご遺骨は自然に変えることになるため、業者に依頼する場合も含めて、亡くなった方の希望であっても、親族の了解を得たうえで行わないと、のちにトラブルとなることもあります。

散骨の事前に、ご遺族等の関係者と十分に話し合い、理解と了解を得るようにしましょう。


「小さなお葬式」なら55,000円で海洋散骨に対応

小さなお葬式の海洋散骨

海洋散骨を行う業者として、「小さなお葬式」の海洋散骨では、ご遺族から委託されたご遺骨を、スタッフが粉末状にしたうえで、代理で海洋に散骨するサービスを行っています。もちろん有料ですが、必要なサービスを全て含んだ費用として、55,000円(税込)で済ますことができます。

散骨する海域も選ぶことができ、散骨が終わると、散骨証明書と散骨の様子を撮影したアルバムを後日送ってもらえます。

小さなお葬式では、海洋散骨を含めてシンプルなお葬式に関する資料を請求することができます。

 資料請求は >> 小さなお葬式のホームページ


ナビゲーション