後悔しないお葬式 葬儀社選び

海洋散骨は、ご遺骨を海へ返すという

散骨は、ご遺骨を粉状にして、美しい自然の海や山へ返すというお骨の散布方法です。特に、遺骨を海へ返すという海洋散骨は、生命の故郷に回帰するという感覚を覚えるため、海にあこがれを持っている方には人気の散骨方法となっています。

海洋散骨

海にお骨を納める海洋葬(海洋散骨葬)

従来から、日本では火葬が一般的に行われており、故人の遺骨は骨壷に入れてお墓へ納めるのが通常の方法です。しかし、近年になって遺骨を自然に還す「散骨葬」が増加しています。

散骨とは、亡くなられた方の遺骨を粉状にして海や山などへ撒くことです。その形は様々で、海や川、山中や野山、空や宇宙に散骨するなど多様化しています。

なお、このような散骨葬を行う際、山中や野山など陸地に散骨するには、散骨の許可がおりた指定場所に散骨する必要があります。

一方、海洋散骨の場合、どこの海という厳密な指定はありませんが、自治体では漁業や海水浴等の面から特定の海を禁止している場合もあります。いずれにしても、節度を持ったルールのもとで散骨が行われ、陸地よりある一定の距離を保ち、いくつかの条件を満たした状態であれば散骨は自由に行うことが可能です。

なお、海洋散骨を行っている専門業者では、日本近海の美しい海、沖縄や東京湾等を指定して行っているところも多くあります。

散骨は、自然な葬送の形として注目されています!

散骨を選択する人が増えている理由の一つに、高齢化、少子化、また核家族化の問題があります。実際に、現在においては、従来のお墓の概念がくずれ、お墓を維持したり、購入することを選ばない方が増えています。そのための一つの選択肢として、散骨が注目されているのが現状です。

なお、日本では、散骨は比較的新しい葬儀形態と考えられているようですが、海外では一般的な葬送の方法であることを知っておきましょう。

命を生命の故郷である「海」に返すという考え

ところで、私達の生命は海から産まれたと言われており、広大な海にやすらぎや癒しを感じる方はとても多いようです。

海は、世界の海に続いており、自由を好む方には、お骨の状態であっても最後に還る場所として好ましいところだと思います。

海洋散骨の例

故人の故郷の海・好きな海にお見送りする

故人は生前に海が好きだった、海洋関係のお仕事をしていた、二人の思いでの海で眠りたい、こんなことを言っていた故人の希望を叶えるために、海洋散骨でお見送りをしてあげたい。

こんな時は、海洋葬儀を行い、散骨証明書、お写真を後日送付てもらうようにしても良いですね。海洋葬儀の業者の中には、周りの自然環境に配慮した散骨を行っているところも多くあります。そんな業者なら、故人の海洋葬儀をお願いしても安心です。

ペット葬儀を海洋散骨で行う方も増えています

愛しいペットとの思い出と一緒に、いつも散歩をした海岸を望む海にペットの遺骨を散骨してあげたい。このような想いを持っている方は、きれいな海でペットとのお別れをするのもおすすめです。

水溶性袋の中にペットへの手紙を添えて散骨することもできます。船の苦手な方は、業者にお任せしたり、港での見送りすることも可能です。なお、このようにペットを散骨する場合、まず、ペットを火葬する必要があります。

(参考)ペットの火葬はこちらをご参考にして下さい>>ペット火葬110番

散骨は法律的に許されることでしょうか?

現在、散骨は節度をもっておこなえば法的に問題はありません。

日本における遺体の埋葬に関する規制は、「墓地埋葬等に関する法律」で定められています。この法律では、自宅の庭などのように、墓地ではない場所への遺体の埋葬は禁止じられていますが、散骨を禁止する規定はありません。ただし、一部地域の条例では既成しているところもありますが、法規制の対象外とされています。

また、かつて、散骨が刑法の「遺骨遺棄罪」に抵触するのではないかという議論もありましたが、1991年に、法務省が以下のような見解を示しています。

「刑法190条の遺骨遺棄罪の規定は、社会風俗としての宗教的感情を保護するのが目的であり、葬送のための祭祀のひとつとして節度をもって行われる限り、(散骨は)遺骨遺棄罪にはあたらない」

ですので、散骨に関する法解釈としては、「刑法の遺骨遺棄罪や墓地埋葬法に反するものではなく、死者を弔う祭祀として国民感情に配慮しつつ相当の節度をもっておこなうならば違法ではない」という考えが定着しています。その結果、散骨をおこなうことは個人の自由な判断に任せられているということになります。

散骨を行う際のマナーについて

上記のように散骨が法律的に問題がないとはいえ、誰でもどこでも散骨ができるというわけではありません。

とくに、陸地で散骨をおこなう場合は、他人の私有地でおこなうことは禁じられています。また、自己の所有地であっても、近隣住民との間でトラブルになるケースもあるため、下記のようなガイドラインを遵守するようにしましょう。

一般社団法人日本海洋散骨協会では、トラブルの防止、環境保全、安全確保などの観点から、以下のガイドラインを制定しています。

  • 1.遺骨はパウダー状に粉末する(粉末の大きさ、1mm〜2mm程度)
  • 2.海岸ではなく海洋の沖に散骨する(人が立ち入ることができる陸地から1海里以上離れる)
  • 3.養魚場・養殖場、航路に散骨することは避ける
  • 4.自然状態で、自然に還らない副葬品は撒かない
  • 5.花を海に手向ける場合、セロハンで撒いた花束を禁じ花びらだけを撒く
  • 6.参列者の安全確保をする(保険の加入義務など)
  • 7.海洋葬の際に喪服の着用は避ける(これは、桟橋やマリーナの他の利用者の心情を配慮するためです)

このようなルールやマナーを守ることにより、周囲の方への理解を得ることができ、散骨を実施された方や、これから散骨する方にも配慮をするようにしましょう。

海洋散骨を運営しているサービス会社もあります

健康上の問題や、散骨する方が船等に弱い場合、乗船して散骨に出かけるのは困難であるという方のために、最近では、海洋散骨をサービスとして運営しているところもあります。

このサイトでは、海洋散骨のサービス会社として「シンプルな海洋散骨」をご紹介しています。

「シンプルな海洋散骨」なら、低価格で、追加料金も一切不要で依頼することができます。税別で49,800円が総額費用です。

「シンプルな海洋散骨」の特徴

  • 1)宗教やしきたりに縛られず、自然に帰るという散骨方法です。
  • 2)安価でシンプルな送り方です。お墓や納骨堂が不要で、散骨料金だけで、その後の費用は一切不要です。
  • 3)ご遺族に代わってスタッフが散骨を代行します。

散骨の海洋については、次の全国8カ所から選ぶことができます。

シンプルな海洋散骨 全国8カ所

なお、「シンプルな海洋散骨」では、遺族の方が船に乗り合わせて自ら散骨を行うという合同散骨も行っています。

「シンプルな海洋散骨」については、こちらに詳しくまとめました。


【関連ページ】

海洋散骨を希望するなら、その旨をエンディングノートに書いておきましょう

自分が亡くなった後に、海洋葬を望む場合、後々のトラブルを避けるためにも、その旨を家族の方にはっきりと伝えておく必要があります。その場合、単に口頭で伝えるだけではなく、エンディングノートなどを作って、文章で明記することが望ましいと思います。

特に、海洋葬のようにまだ世間の認知度が薄い場合、残された家族が海洋葬を実施することについて、親戚等の反発が出ないとも限りません。その場合、エンディングノートに本人の直筆でその旨を明記しておくと、後々のトラブルを避けるのに役立ちます。


ナビゲーション

 粉骨 海洋散骨 お葬式のミキワ