本文へスキップ

シンプル葬の海洋散骨は、総額49000円

海洋散骨は、「命が自然に帰る」ということです

命は海から誕生したと言われています。

海葬は死後の命を海に還すという葬送であり、海への感謝にも通じることにもなります。また、海葬は、大切な方を自然に還すという思いやりにもつながるものです。

欧米では遺骨をそのままの形で見ることを嫌い、粉骨して森や川や海などの想い出の場所などに散骨することが行われています。

海洋散骨は、故人やご遺族の希望に基づいて遺灰を海へ還す自然葬の一つです。

海洋散骨は、好きだった海に眠りたいという故人の意志や、お墓に入れない、又はお墓を持てないという事情をお持ちの方にも最適な葬送の方法です。

最近では、お墓に入るという固定観念も薄くなり、死後は人が誕生した自然に還りたいと考える方も多くなりました。

海洋散骨の方法は、遺骨を粉末状にして水溶性の紙袋に納め、海へ還す葬送の方法です。また、献花に使用する花は自然の生花ですが、より自然に還りやすい花びらを使用します。

海洋散骨

「シンプルな海洋散骨」なら、低価格で、追加料金も一切不要で依頼することができます。税別で49,800円が総額費用です。

また、散骨の海洋は、次の8カ所から選べます。

シンプルな海洋散骨 全国8カ所の海洋で

「シンプル葬の海洋散骨」の特徴

  • 1)宗教やしきたりに縛られず、自然に帰るという散骨方法です。
  • 2)安価でシンプルな送り方です。お墓や納骨堂が不要で、散骨料金だけで、その後の費用は一切不要です。
  • 3)ご遺族に代わってスタッフが散骨を代行します。

海洋散骨の流れについてはこちらにまとめました。


 

【関連記事】

墓じまいについて

最近では、核家族化や少子高齢化が進み、お年寄りの人数が増え、後に残される子供の数が減少するという時代になってきました。

そのため、先祖が守ってきたお墓を維持するのが、大変になってきています。

最近では、お墓事情も変わっています。

「子供に負担がかかる」とか、「お墓を継承してくれる人がいない」といった理由から、現在では、墓じまいをお考えの方も大勢います。

お墓じまいの一つの方法として、散骨があります。

墓じまいとは?

墓じまいとは、お墓を解体し、撤去することです。そのような意味から「廃墓」と呼ばれることもあります。

先祖が眠るお墓をしっかり守るためにも「墓じまい」という選択をすることも重要なことになってきました。

しかし、墓じまいの手続きは大変です。

特に、寺院にお墓を持っている場合は、まず所属するお寺の住職に相談することが大事です。しかし、お寺の側としてはお墓を無くしたくないというのが本音でしょう。そのため、住職と話が原因でトラブルになることもありますので、慎重に対応することが大事です。

一方、墓じまい後の供養方法や墓じまいの専門業者とも相談をする必要があります。


このページの先頭へ

ナビゲーション