沖縄の海 海洋散骨

「遺骨は沖縄の海に撒いてほしい!」という希望の方。

海洋散骨

思い出の沖縄の海。憧れの沖縄の海。

亡くなったら、「遺骨は沖縄の海に撒いてほしい」という希望をお持ちの方もいると思います。

しかし、そもそも希望の海に遺骨を撒くという行為は、法的に大丈夫なんでしょうか?

海洋散骨は合法?

その答えは、海に遺骨を撒く海洋散骨は合法とされています。

「遺骨はダメだけど、遺灰ならば可能」

というのが、今のところの公式見解のようです。

なお、遺骨をそのままの形で廃棄した者は、刑法第190条の遺骨遺棄罪になります。また、墓地埋葬法にも違反します。

※刑法190条「死体、遺骨、遺髪又は棺に納めてある物を損壊し、遺棄し、又は領得した者は、三年以下の懲役に処する。」

さらに、遺骨をそのままの形で廃棄した場合、墓地埋葬法にも違反します。

※「墓地、埋葬等に関する法律」(昭和23年制定)第4条「埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行つてはならない。」

しかし、遺灰にして散骨するという方法なら、そのような法律に触れることもないため、散骨業者は、遺骨をパウダー状にするという方法で散骨をしています。

しかし、海への散骨を自分で行うとなると、様々なマナーを守る必要があります。また、沖縄まで出かけるのはできないという人のためは、海洋散骨を代行で行う「代行散骨」を依頼することができます。

このサイトでは、その業者として「シンプルな海洋散骨」をご紹介します。

「シンプルな海洋散骨」なら、低価格で、追加料金も一切不要で依頼することができます。

なお、税別で49,800円が総額費用です。

シンプルな海洋散骨

「シンプルな海洋散骨」はインターネットでのお申し込みも可能です。また、海洋散骨の特徴や散骨の流れ等については、こちらの公式サイトをご覧ください。

散骨の海洋については、次の全国8カ所から選ぶことができます。

シンプルな海洋散骨 全国8カ所

なお、「シンプルな海洋散骨」では、遺族の方が船に乗り合わせて自ら散骨を行うという合同散骨も行っています。


【関連記事】

散骨に関する法解釈は、かつては、刑法190条の遺骨遺棄罪にあたるとして「散骨は犯罪である」という解釈がされていました。

ところが、1991年に、法務省が、

「社会的習俗として宗教的感情などを保護する目的だから、葬送のための祭祀で、 節度をもって行われる限り問題はない」

という見解を表明しました。

現在では、海洋散骨は、NHKの「おはよう日本」で新しいお墓のあり方として紹介され、社会的にも関心されるようになっています。


ナビゲーション