遺族の出て遺灰を海に撒く

遺族の手で遺骨(遺灰)を海に撒くのはできますか?

遺骨を粉状にした遺灰を海にまく海洋散骨

大好きな海。故郷の海・・・

亡くなったら、「遺灰は海に撒いてほしい」という希望をお持ちの方もいます。

そうすれば、故郷の海や、思い出の海で眠ることができるし、遺族の方は、海辺からいつでも故人を偲ぶことができます。

このような理由から、亡くなったら遺骨(遺灰)を海に撒いてほしいという「海洋散骨」という形で葬送を望む方が多くなっています。

散骨の希望者は、45%以上という調査結果があります

2007年に行われた第一生命保険の「葬送に対する意識」研究発表では、散骨の希望者は、全体の45%以上という調査結果が発表されています。

これは、海洋散骨に限らず、山林等への散骨も含めた葬送の調査結果ですが、調査の発表が2007年のものですから、現在では、社会的事情や金銭的事情等の様々な理由から「散骨」を望む方はさらに多くなっているはずです。

そして、散骨の中でも、海へ遺灰をまいてほしいという「海洋散骨」を望む人が多いのは、「海が命の故郷」という意識を多くの人が潜在的にもっているからだと思われます。

しかし、実際に海に遺灰をまくとなった時、そもそも海に遺骨を撒くことは、法的に大丈夫ですか?という問題もあります。

遺灰を海にまく海洋散骨は、法的に大丈夫なのでしょうか?

日本には散骨についての法律はありませんが、法務省の見解としては「節度をもってする葬送であれば、問題はない」としています。

従って、人に迷惑がかからなければ違法ではないということです。

ただし、遺骨をそのままの形で廃棄した者は、刑法第190条の遺骨遺棄罪になります。また、墓地埋葬法にも違反します。

しかし、遺骨を灰状にして散骨する方法なら、そのような法律に触れることもないため、散骨業者は、遺骨をパウダー状(灰状)にするという方法で散骨をしています。

このような方法で、現在、海洋散骨はいくつかの業者が行っていますし、NHKの「おはよう日本」でも、新しいお墓のあり方として紹介されていますので、海洋散骨(海洋葬)を希望される方がますます増えているのが現状です。

散骨のメリットは高額な墓地や墓石が不要・環境にも優しい

海洋散骨による海葬の他にも、樹木葬や山林葬等の自然葬を希望する人は、無宗教が多いため、僧侶に支払う読経や戒名代、そして、新盆、1周忌、3回忌と続く法事のたびに支払う布施料も不要です。その他、墓地やお墓の費用も墓地管理料金も不要です。

また、墓地や墓石を確保するための環境破壊をすることもないため、海洋散骨や自然散骨は環境保全の面でも好意的に受け入れる社会になっていくべきだと思います。

遺族の手で遺灰を海に撒くのは可能でしょうか?

従って、上記のように、遺灰にして散骨するなら、遺族の方が自ら散骨するのも可能です。しかし、そのためには、遺骨を灰状にする必要があります。

灰状とは2㎜以下の微細な状態をいうようですが、火葬後の遺骨は、まだ形を持った骨の状態で、これを微細な灰状にするには、遺骨を微細にする作業が必要となります。

なお、遺骨を灰状にすることを業者にお願いすることもできます。この場合、火葬場で行ってくれるところもあります(問い合わせが必要です)。また、散骨業者や粉骨専門業者に依頼することもできます。

遺骨(遺灰)を海へ散骨する場合、散骨をする場所や状況に気をつけたり、様々なマナーを守る必要があります。

従って、そのような手間やマナーに不慣れな人が大半であるため、遺骨を灰状にする作業をサービス業者にお願いし、海洋散骨を代行してもらう「代行散骨」や、遺族が船に乗って散骨を行う「乗船散骨」を依頼する方が多くなっています。

このサイトでは、そのような業者として「シンプルな海洋葬」をご紹介しています。

「シンプルな海洋葬」は、株式会社みんれびが運営する海洋散骨(Umie:海へ)です。

なお、株式会社みんれびは、必要最低限のお葬式プラン「シンプルなお葬式」を運営している葬儀関係のサービス会社で、最近では、みんれびの「お坊さん便」がテレビでも有名になりましたので、ご存知かもしれません。

みんれびの「シンプルな海洋散骨(Umie:海へ)」の費用は、散骨を代理でお願いする場合、総額49,800円(追加料金不要)と安価な設定となっています。

シンプルな海洋散骨は、上記の「代理海洋散骨プラン」の他に、「合同乗船散骨プラン」「貸切乗船散骨プラン」全部で3つのプランが用意されています。

シンプルな海洋散骨

「シンプルな海洋散骨」の3つのプランについて

(1)専門スタッフが代理で行う代理海洋散骨プラン

この代理海洋散骨プランは、船酔いなどで船に乗るのが苦手な人や、身体の都合で船に乗れない人には、特に好評です。この場合、散骨を代理でお願いすることになります。料金的には、最も安価なプランで、追加料金一切不要の定額49800円で可能です。

(2)乗り合わせで行う合同乗船散骨プラン

一度に複数の遺族の方が乗り合わせて散骨を行います。散骨は、遺族の方がご自身で行うことができます。従って、複数の遺族の方が、1艘の船に借りて乗り合わせることになります。

(3)家族や親族・友人だけで行う貸切乗船散骨プラン

この場合、船を貸し切りますので、料金が高くなります。この場合、他の遺族を気にすることなく、家族や遺族の方だけで散骨を行うことができます。

それぞれのプランの料金は下記の通りです。

シンプルなお葬式の海洋散骨「シンプルな海洋散骨」

なお、上記の画像は、資料請求をした時に送られてきた「シンプルな海洋散骨」のパンフレットの一部をコピーしたものです。

なお、「シンプルな海洋散骨」の散骨場所は、次の全国8カ所から選ぶことができます。

シンプルな海洋散骨 全国8カ所

「シンプルな海洋散骨」は、インターネットでのお申し込みも可能ですが、海洋散骨をするかどうかは、資料請求をして慎重に検討してからでも遅くはありません。

「シンプルな海洋散骨」なら、低価格で、追加料金も一切不要で依頼することができます。

シンプルなお葬式に資料請求をした時の特典

みんれびのシンプルなお葬式は、無駄を省いて格安で行えるプランが提案されているほか、予め資料請求をした後、お葬式のお願いをした場合、葬式費用から5,000円の割引があるという特典も付いています。

みんれびの資料はこちらのホームページで申し込みが可能です。

また、シンプルなお葬式に資料請求をすると、今なら、A4版全部で30ページのオリジナルのエンディングノートが無料でもらえます。

私も、シンプルなお葬式に資料請求をしました。2日後に、エンディングノートを葬儀のパンフレットや海洋散骨のパンフレットと一緒に郵便で送ってもらいました。 エンディングノートに興味のある方は、こちらに全ページの写真を掲載してありますので、ご覧ください。


 

ナビゲーション