エンディングノートを終活に役立たせる書き方

エンディングノートを終活に役立たせましょう!

エンディングノートを無料で入手 自分で書く

エンディングノートは、終活の役に立つのでしょうか?

終活の必要性が盛んに言われていますが、ひと口に「終活」と言っても、何から始めればよいか、解らないのが現状ではないかと思います。

ところで、終活とは?

ところで、終活ってなに? と問い直すと、終活とは「人生の総仕上げをすること」ではないでしょうか。少なくとも、「自分の葬式や遺産のことなどを家族に伝えることでしょ」などと、消極的な考えをするのは止めましょう。

人生はいつ終わるのか?ということは、誰にもわかりませんから。

若くて元気な人が、今日にだって人生を終える場合もありますし、死の宣告を受けた人が、残りの人生をイキイキと生きて、寿命まで伸ばしてしまったという話も珍しくないからです。要は、やる気です。

自分の人生は自分で決めるものです。残りの人生が、あと10年でも、その10年で素晴らしい偉業を成し遂げることもできます。

日本で初めて、日本地図を完成させた伊能忠敬が、測量の勉強を始めたのは、彼が隠居をしてからのことです。

その時、年齢は50歳だったということですが、現在なら、定年退職を迎えて、第2の人生を開始するような年齢になるのではないでしょうか。彼は、それから17年かけて日本全国を歩き回り、日本地図を完成させています。

終活の本当の意味とは?

本当の終活の意味は、「人生の総仕上げをしていくこと」、私はそのように決めています。そのための終活です。

定年退職を60歳で迎えたとして、17年後の77歳までに何ができるのか、そのような決意をエンディングノートに書き綴っても良いのですから。

ただ、終活をするような年齢になると、家族の存在がありますし、家族に伝達しておくべきこと(銀行口座の預貯金や保険のことなど)が沢山ありますので、そのようなことは、しっかりとエンディングノートに書いておいて、心置きなく、終活に飛び回ろうじゃありませんか!

そこで、そのような終活のために、エンディングノートが非常に役に立つ!というお話になります。

終活をエンディングノートで始めるメリットは?

エンディングノートに少なくとも必要な項目は?

エンディングノートを開くと、さまざまな項目があります。まず、「財産」と「お墓」と「葬儀」です。

自分が亡くなった後でも、家族が困ることなく手続きを済ませられるのに必要な項目が網羅されているため、市販のエンディングノートやダウンロード版のエンディングノートを使用するのも役に立ちます。

そして、最近のエンディングノートでは、「介護」の項目も必須の内容となっています。

現在の病気に関する自分の状況(アレルギーや持病など)の他、希望する治療や延命措置についても書き加えることができるため、もしも思うように意思を伝えられない事態が起きても、家族の方が対処することが可能になります。

市販のエンディングノート等は欠ける事項がなく必要事項が整理されている。

自分の好みのノートに必要な事項を書くことでも終活を進めることはできますが、後から欠けていたことに気づくこともあります。ですが、市販のエンディングノートやダウンロード版のエンディングノートは、長年検討されて作られているため、必要事項が網羅されています。

このため、書けることからどんどん書くことによって、残すべきことが充足していくという利点があります。

ただし、市販のエンディングノートは、あらゆる人の需要を満たす事項が網羅されているため、自分には不要な項目が多いということもあるでしょう。そこは気にせずに、書かずに飛ばしていけばよいと思います。

まずは、エンディングノートの全体を一覧して項目を見てみましょう

そうすることによって、自分では気付かなかった事柄があったり、ここは自分には必要ないと思える項目があったりで、色々参考になると思います。

また、必要な内容なのに、あいまいになっている事項が発見できれば、そこは調べたりして、忘れないうちに書き入れておきましょう。そうやっているうちに、あいまいな点が明確になり、エンディングノートも充実したものになります。そして、それは、家族に役立つだけではなく、まず、自分のこれからの人生にも大いに役立つものとなります。

エンディングノートは、大事な事項や書けることから気軽に書いていきましょう!

エンディングノートを日常生活の覚書として利用することもできます。銀行の情報やパソコンで使用するパスワードなどを書いておくことによって、エンディングノートは、日常的に役に立つ貴重な資料となります。

ただし、銀行などの口座番号等、秘密にしておくべきことは、何らかの工夫をすることによって、悪用されることがないようにしておく必要があります。

んあお、エンディングノートに書かれた内容には、法的効力が認められていないため、財産分与等のように法的効力のある文書を残したい場合には「遺言書」を作成することをおすすめします。

結局、エンディングノートに何を使えばよいの?

上記のようにエンディングノートを作成する必要性を説明しましたが、なにも市販のエンディングノートを購入しましょう!と言うわけではありません。

むしろ、市販のエンディングノートは、詳しすぎるきらいがあるので、このサイトでおすすめしているのは、大手の葬儀社や葬儀関係のサービス会社が提供している無料のエンディングノートです。

★以下に、資料請求をすれば、エンディングノートが無料で入手できるおすすめの葬儀サイトをご紹介します。

資料請求をすることでエンディングノート無料で簡単に入手できる葬儀サイトとしては、次の2社がおすすめです。

  • 1)「シンプルなお葬式」のエンディングノート
  • 2)「小さなお葬式」のエンディングノート

※いずれも各社のホームページで資料請求(無料)をすれば、郵送等で入手できます。

1)シンプルなお葬式の「エンディングノート」の入手方法

シンプルなお葬式のオリジナルのエンディングノート

「シンプルなお葬式」のホームページから資料請求(無料)を申し込んだ方全員にもらえる「エンディングノート」です。

ただし、ノートのタイトルは「MY NOTE」となっているため、終活用としてではなく、忘備録として日常的に使いやすいものとなっています。

「シンプルなお葬式」のエンディングノートは、以前は、市販されている「コクヨ製」の「エンディングノート」を使用していました。けれども、今は、使用者の声を参考にしてさらに役に立つ内容のオリジナルエンディングノートになっています。

※「シンプルなお葬式」のエンディングノートを他社のエンディングノートと比べて一番おすすめできる点は、他社のものよりも肉太の文字で印刷されていることで、老眼でお困りの方には、見やすさの点で一番おすすめです。

入手はこちらから>>「シンプルなお葬式」のホームページ

※「シンプルなお葬式」に資料請求をした場合、担当員から電話がかかってくることもなく、2~3日で郵送で届けられます。また、資料やエンディングノートの入った封筒には、「株式会社みんれび」という社名と住所が書かれているだけで、「葬儀」関係の文字は一切ありません。

2)小さなお葬式の「エンディングノート」の入手方法

小さなお葬式の「エンディングノート」無料資料請求で全員もらえます

「小さなお葬式」のホームページから無料資料請求を申し込んだ方全員にもらえる「エンディングノート」です。こちらのエンディングノートも、申し込みをして入手しました。

実際に入手してこの分かったことですが、「小さなお葬式」の「エンディングノート」が一番、表紙が厚くてしっかりしています。

入手方法は>>「小さなお葬式」のホームページ

※「ちいさなお葬式」の場合も、資料請求をした後、担当員から電話がかかってくることもなく、2~3日で郵送で届けられます。また、資料やエンディングノートの入った封筒には、「株式会社ユニクエスト・オンライン」という社名と住所が書かれているだけで、「葬儀」関係の文字は一切ありません。


  • はてなブックマークに追加

ナビゲーション