エンディングノートの簡単な書き方

エンディングノートの書き方、特に、簡単な書き方は?

エンディングノートを簡単に書く方法について・・・

エンディングノートの簡単な書き方

「エンディングノートは書いておいたほうが良い」と思いながら、なかなか書けない理由は、おそらく「書くのが面倒だ!」ということではないですか?

そこで、エンディングノートを簡単に書く方法はありませんか?という疑問が起きてしまいますが、エンディングノートを簡単に書くには、次のことに留意すれば、その問題は解決します。

それは、「何をどのように書くか?」ということです。

つまり、「何を」という「書く内容」と、それを「どのように書くか?」という「書く方法」がはっきり分かっていれば、エンディングノートは簡単に書けることになります。

エンディングノートを書く前に、知っておくべきこと

エンディングノートは、「より充実した余生を送るために書く」

エンディングノートを書いていると、暗い気持ちになる。だから、書きたくない!という方は、エンディングノートを書く目的が、「自分の死後のために書く」という気持ちで書いているからです。

しかし、むしろエンディングノートは、「よりよく死を迎えるためのノート」、言い換えれば「より充実した残りの人生を送るためのノート」であると思うことが大切です。

そのため、エンディングノートは、死んだあとに家族に残すための情報を書くだけではなく、よりよい終焉を迎えるために必要な情報を整理し、あとは思う存分に余生を楽しむためのライフプランを立てる気持ちで書き始めるようにしましょう。

また、「家族に残すための情報」とはいっても、それを一挙に全部書く必要はなく、暇を見て書けるものから書いていく、ほどの気楽な気持ちで書けばよいことです。

エンディングノートに、必ず書いておくべきこと

エンディングノートに「書く内容」に、特に定めはないと言われますが、家族が困らないようように、必ず書いておくべき内容があります。

それは、エンディングノートの役割として、(もしも、自分の意思が伝わらないほどの身体になったときの)医療についての対応や、どのような葬儀を希望しているか、友人や知人などへの連絡先の整理、貯蓄・保険・年金・その他の貴重品の情報など、後に残る家族が混乱しないための情報です。

そのようなことが整理されていれば、あとの内容は自由です。エンディングノートは、公式な書類ではありませんので、書きたいことは何でも書く、というような気楽な気持ちで、自分らしいエンディングノートを作ってみましょう。

エンディングノートに「書く内容」を列挙すると

  • 銀行口座について
  • 保険について
  • クレジットカード・電子マネーについて
  • 口座自動引き落としについて
  • 重要な連絡先について(家族・親族一覧)
  • ペットについて
  • 医療・介護について
  • 葬儀・お墓について
  • 相続について
  • 自分の基本情報
  • 有価証券・その他資産について
  • 不動産について
  • 携帯・パソコンについて
  • 借入金・ローンについて
  • 年金について
  • その他

エンディングノートを簡単に「書く方法」について

エンディングノートを書きやすくするために、エンディングノート例文ひな形、サンプル等があれば、それを見本にして簡単に書き始めることもできます。

しかし、もっと簡単に書く方法があります。

それは、書くべき内容が予め項目別に整理されているエンディングノートを入手することです。

このようなエンディングノートは、例えばコクヨのエンディングノートのように有料で市販されているものもあります。しかし、市販のエンディングのイートは、それなりの値段がしますし、不要な部分も多く含まれています。

しかし、葬儀関係のサービス会社等で作成されたエンディングノートは、基本的に、書くべき内容はすべて網羅されていますし、項目別に整理されているため、書き方例文等を参考にしなくても、簡単に書き進めることができます。

このページでは、数あるエンディングノートの中でも、最も書きやすく、市販品にも負けないくらい充実した内容に編集されている「シンプルなお葬式」と「小さなお葬式」のエンディングノートを入手する方法をご紹介します。

私が入手したエンディングノートは、実に簡単だった!

まず、私が最初に入手した無料のエンディングノートは?

私が最初に無料のエンディングノートを入手したのは、左とん平さんのCMでも有名な「さがみ典礼」のエンディングノートでした。さがみ典礼のエンディングノートは「あんしんノート」と呼ばれています。なお、全22ページの構成です。

この「あんしんノート」は、大判(A4版)で大きな字で書くことができ、必要事項が簡単に整理されているため、書きやすいのですが、内容がほとんど葬儀に関するものばかりでした。

しかし、私はまだ元気ですし、葬儀のことなどあまり考えたくないため、他に日常的に役に立つエンディングノートはないものかと探しました。その結果、「シンプルなお葬式」と「小さなお葬式」のエンディングノートが良さそうだと分かり、資料請求をしてみました。

※「シンプルなお葬式」と「小さなお葬式」では、今でも資料請求をすれば、葬儀関係のパンフレットと一緒にオリジナルのエンディングノートを送ってもらえます。

「シンプルなお葬式」のエンディングノートを入手した結果…

「シンプルなお葬式」では、当初、現在も市販しているコクヨのエンディングノートを無料配布していました。しかし、「シンプルなお葬式」は、今では、ユーザーの意見を求めて作成したオリジナルのエンディングノートを無料で配布するようになっています。その後、このオリジナルのエンディングノートも資料請求で入手しました。「シンプルなお葬式」には申し訳ありませんが、私はこの会社から2冊のエンディングノートを無料で頂いたことになります。

「シンプルなお葬式」のエンディングノートはどうだったか?

「シンプルなお葬式」のエンディングノートは、A4版で、30ページの構成です。表紙のタイトルは「MY NOTE」とあるだけで、下の画像の左側の帯を取れば、右の画像のように非常にシンプルでなかなか良い感じです。なお、裏表紙には何の文字もありません。外観は、どう見ても、エンディングノートには見えません。

エンディングノートの簡単な書き方 シンプルなお葬式のエンディングノートの表紙

「シンプルなお葬式」のエンディングノートの「自分の情報」と「現在の健康状態」というページです↓

エンディングノートの簡単な書き方 シンプルなお葬式のエンディングノートのページ

こんな「シンプルなお葬式」のエンディングノートの全ページを、こちらのページに写してありますので、ご覧ください。

>> シンプルなお葬式のエンディングノートの全ページ

「小さなお葬式」のエンディングノートはどうだったか?

「小さなお葬式」のエンディングノートは、「シンプルなお葬式」のエンディングノートと同様に、A4版で、30ページでしたが、後に、18ページに変更されています。

表紙のタイトルは「エンディングノート」と書かれており、帯に見える部分は、帯ではなく印刷ですので、シンプルなお葬式のエンディングノートのように、とることはできません。

エンディングノートの簡単な書き方 小さなお葬式のエンディングノートの表紙

「小さなお葬式」のエンディングノートの「もくじ」と「自分の基本情報」というページです↓

エンディングノートの簡単な書き方 小さなお葬式のエンディングノートのページ

こんな「小さなお葬式」のエンディングノートの全ページを、こちらのページに写してありますので、ご覧ください。

>> 小さなお葬式のエンディングノートの全ページ

上記の「シンプルなお葬式」と「小さなお葬式」の全ページの写真と、入手方法についてこちらのページに書いてあります。

どちらかのエンディングノートは欲しい方は、写真を良く見比べてください。見似ているようで、違います。また、写真の比較でどちらが良いかわからない場合は、両方に資料請求をして実際に手にとって見比べるのが一番確かな方法です。

上記のいずれのエンディングノートも、家族に残すための必要な項目が準備されていますので、書き方など気にすることなく、書きやすいところから書き込んでいくことができます。

>> エンディングノートを無料で入手する方法について


  • はてなブックマークに追加

ナビゲーション