終活ノートを無料で入手 簡単に書く方法

終活ノートを無料で手に入れて、簡単に書く方法とは?

エンディングノート 無料 簡単

人生の終期を迎えるまでの活動を「終活」と言っています。そして、その終活の一助に使用するノートが「終活ノート」です。もっとも、この終活ノートは、エンディングノートと呼ばれることが多いのですが、終活ノートもエンディングノートも同じ意味の言葉です。

なお、エンディングノートは、最近では、若い方たちの中にも、これを活用する方が多くなっています。地震やその他の異常気象、テロ、戦争の危機等で、いつどのようなことになるか分からない現代社会において、常に自分自身の情報を記録することで、身辺を整理しておこうという気持ちが働いているのでしょうか、若い方用に作成されたコクヨ製のエンディングノートの売れ行きも良いようです。

なお、15歳〜69歳の全国の男女1,000名に対して「エンディングノートを作成すること」に関するアンケート(終活と遺贈に関する意識調査2016 (国境なき医師団調べ) )をとった結果、次のようなことが明らかになりました。

  • 準備をしておくことは大事だと感じるし、自分も準備が必要だと思う、または、準備を済ませた方が、 28.6%
  • 準備をしておくことは大事だと感じるが、自分にはまだ必要がないと思う方が、 60.9%

このような結果を見ると、エンディングノートを書くことに関して、他人事のように感じている方が多いという印象を受けます。しかし、上記のアンケートの結果、89.5%の方が、「準備をしておくことは大事」だと感じているようです。

終活ノートはいつから書き始めるのがよいのでしょうか?

いつでも良いのですが、若い方でも始めているエンディングノートですから、以前に流行した「今でしょ!」が一番だと思います。

なぜかというと、エンディングノートは、なにもお葬式の準備のために書くものではないからです。充実した人生を送るためにエンディングノートを書くという意味では、早い時期から書くことに意義があります。

エンディングノートを書くことによって、それまでの人生を振り返ることができ、そして、エンディングノートを書き始めたときから、後悔のない人生をスタートするすることも可能になります。

つまり、エンディングノートを書かなければ、漠然と過ぎてゆく人生に終止符を打つことができ、残りの人生が有意義になるように目標を定めることで、より充実した残りの人生を置くことが可能になります。

どのようなエンディングノートを選べばよいのでしょうか?

まずは、手に取りやすいものを購入しましょう。なぜなら、有料のエンディングノートを購入するにしても、書く内容はほとんど同じだからです。また、葬儀社関係の資料請求の際に、特典としてエンディングノートをもらえる場合もありますから、エンディングノートとはどのようなものなのか、まず無料で入手して検討するのも良い方法です。

エンディングノート(終活ノート)を無料で手に入れる方法

エンディングノートは項目別に整理されているものが便利です。

そこで、おすすめしたいのが、テンプレート化されたエンディングノートを使用しましょう、ということです。

テンプレートとは、定型文書を素早く作成するための文書のひな形のことで、終活のために書くべきことが項目別にあらかじめ印刷されており、書く側は、その項目に沿ってわかるところから書けばよいという利便性があります。

テンプレート化されたエンディングノートの例

下記の目次は、葬儀関係のサービス会社「シンプルなお葬式」のエンディングノートで、この目次のように家族に残しておくべき内容が項目化されています。

無料で入手したエンディングノートの例

そして、このようなテンプレート化されたエンディングノートを使用することによって、残しておくべき情報に欠けることがなく、しかも整理された状態で残しておくことができるという利点もあります。

例えば、親族一覧がテンプレート化された例(小さなお葬式で提供しているエンディングノート)↓

無料で入手したエンディングノートの例

また、こちらは、銀行関係の情報がテンプレート化された例(小さなお葬式で提供しているエンディングノート)↓

無料で入手したエンディングノートの例

注意)ただし、銀行関係の情報については、とくに口座番号をはっきりと書いておくと、状況によっては問題になる場合もありますので、注意が必要です。

それを回避するために、別途、家族にしかわからない場所に、銀行の口座番号を書いた書類や小さなノートなどを保管しておき、その保管場所をエンデイングノートに書いておくとか、方法はいろいろあります。しかし、あまり複雑にすると、保管場所を本人も忘れてしまうという問題が・・・

無料のエンディングノートを入手する簡単な方法

その方法を結論から言うと、無料の「エンディングノート」として、葬儀社や葬儀関係のサービス会社が無料で提供しているものを利用するのが、一番簡単に、しかも無料で入手できる方法となります。

以下に、資料請求(無料)をすれば、エンディングノートが無料で入手できる3社をご紹介します。

  • 1)「シンプルなお葬式」のエンディングノート(MY NOTE)
  • 2)「小さなお葬式」のエンディングノート

【まとめ】エンディングノートを無料で入手するのには、ダウンロードという手段や、officeに書く方法もありますが、パソコンとプリンターがひつようです。 もっとも簡単に無料でエンディングノートを入手する方法は、葬儀社に資料請求をした際の特典としてプレゼントしてもらうことです。

ナビゲーション