エンディングノートを簡単に書く方法とは?

エンディングノートを簡単に書く方法とは?

エンディングノートを無料で簡単に入手する

「エンディングノート」には、何を書けばよい!

エンディングノートは、本来、後に残る者、例えば家族のために伝えるべき情報を整理しておくノート、と言われています。

その内容とは、大雑把に言うと、葬儀のこと、葬儀の際に呼ぶべき親戚、知人、友人、銀行や保険関係の口座や契約内容、相続のこと、遺産のことなど。

これらのことは、整理して書いておくと、たしかに、後に残る者にとって、とても役に立つものとなります。しかし、せっかく書くのなら、分かりやすく書き残しておかないと、後で困ることになります。

しかし、いざ、まっさらなノートを前にすると、何から書いてよいか、どうやって整理して書いてよいか分からないというのが、正直なところですね。

テンプレート化されたエンディングノートを使用すると便利

そこで、おすすめしたいのが、テンプレート化されたエンディングノートを使用しましょう、ということです。

テンプレートとは、定型文書を素早く作成するための文書のひな形のことで、終活のために書くべきことが項目別にあらかじめ印刷されており、書く側は、その項目に沿ってわかるところから書けばよいという利便性があります。

テンプレート化されたエンディングノートの例

下記の目次は、葬儀関係のサービス会社「シンプルなお葬式」のエンディングノートで、この目次のように家族に残しておくべき内容が項目化されています。

無料で入手したエンディングノートの例

そして、このようなテンプレート化されたエンディングノートを使用することによって、残しておくべき情報に欠けることがなく、しかも整理された状態で残しておくことができるという利点もあります。

例えば、親族一覧がテンプレート化された例↓

無料で入手したエンディングノートの例

また、こちらは、銀行関係の情報がテンプレート化された例↓

無料で入手したエンディングノートの例

注意)ただし、銀行関係の情報については、とくに口座番号をはっきりと書いておくと、状況によっては問題になる場合もありますので、注意が必要です。

それを回避するために、別途、家族にしかわからない場所に、銀行の口座番号を書いた書類や小さなノートなどを保管しておき、その保管場所をエンデイングノートに書いておくとか、方法はいろいろあります。しかし、あまり複雑にすると、保管場所を本人も忘れてしまうという問題が・・・

つぎに、エンディングノートとして、何を使うかです。

この「エンディングノート」を入手する方法として、無料でダウンロードする方法もあります。しかし、ダウンロード版では、パソコンとプリンターが必要になります。また、印刷した用紙がバラバラにならないように、ホッチキスか何かで止めておくことになり、表紙もしっかりしていないため、見栄えが悪く、後世まで残しておくのには少し問題があるように思います。

ですので、エンディングノートはやはり、表紙があって、しっかり綴じられたものを入手するのがおすすめです。

無料のエンディングノートを入手する簡単な方法

その方法を結論から言うと、無料の「エンディングノート」として、葬儀社や葬儀関係のサービス会社が無料で提供しているものを利用するのが、一番簡単に、しかも無料で入手できる方法となります。

以下に、資料請求(無料)をすれば、エンディングノートが無料で入手できる3社をご紹介します。

  • 1)「シンプルなお葬式」のエンディングノート(MY NOTE)
  • 2)「小さなお葬式」のエンディングノート
  • 3)「さがみ典礼」のエンディングノート(あんしんノート)

※この3社のエンディングノートの申込み方法や、申し込んだ結果どうだったのかについては、体験したことをもっと詳しく書いてあります。

詳細は >> エンディングノートを無料で入手する方法

エンディングノート

エンディングノートに書くべき内容について列挙すると、下記のように実にたくさんの内容があります。

もっとも、これらのことをすべて書く必要はありませんが・・・。

しかし、テンプレート化されたエンディングノートを持っていれば、下記の内容はほとんど網羅されているため、暇を見て、書けることから書いていけば、次第に充実した内容となります。

エンディングノートに書くべき内容について列挙すると

自分史として

  • ・親や兄弟との思い出
  • ・学歴
  • ・職歴
  • ・幼少期から、これまでの思い出
  • ・配偶者との思い出
  • ・子供との思い出
  • ・これまで住んだ家や場所

親戚・友人・知人リスト(お葬式の際に連絡すべき人)

  • ・親類関係
  • ・友人関係

自分の財産について

  • ・預貯金
  • ・株式
  • ・不動産
  • ・有価証券や金融資産
  • ・借入金・ローン

保険・私的年金(個人年金、企業年金)

  • ・生命保険、損害・傷害保険など加入保険
  • ・個人年金、企業年金

介護・告知や延命治療など

  • ・介護が必要になった場合
  • ・介護のための費用
  • ・介護が必要になった場合、資産管理をお願いしたい人

葬儀のこと

  • ・葬儀の実施について
  • ・葬儀業者や会場について
  • ・葬儀の費用
  • ・宗教・宗派について
  • ・戒名・法名について
  • ・葬儀の規模

お墓のこと

  • ・希望する埋葬方法
  • ・お墓の場所がわかっている場合
  • ・お墓の費用について
  • ・その他、お墓について伝えておきたいこと

携帯電話、会員サービスなど(特に、解約の必要がある内容)

  • ・携帯電話
  • ・パソコン・プロバイダ
  • ・その他会員サービス/WEBサービスについて

形見分け遺品の整理(処分品リスト)

  • ・形見分け
  • ・遺品の整理
  • ・遺品の個別対応リスト

遺言書や依頼先のリスト

  • ・遺言書の有無
  • ・遺産分割について
  • ・依頼・相談先リスト

大切な人へのメッセージ

  • ・例えば、家族に残すメッセージ等

さらに、ペットを飼っている場合

  • ・かかりつけの獣医
  • ・ペット保険
  • ・飼育上の注意
  • ・私に何かあったときとき、ペットをどうしてほしいか

エンディングノートを書く順番が大切です。

緊急時に必要なことや、現在の用途に有益な事柄から書く

エンディングノートを書く順番として、現在の用途に有益な事柄から書くこともできます。それは、日常使用している銀行関係の情報や保険関係の情報を書いておけば、それを忘れた時などにはすぐに役に立ちます。

また、現在おつきあいをしている方や、いつも年賀状などのやり取りをしている方などの住所氏名等を書き出しておけば、毎年の年賀状作成の時などに役に立ちます。

さらに、緊急時に必要なこととして、既往症、終末期医療についての希望、貴重品や保険の情報、友人・知人の連絡先などを最初に書いておくと安心です。

そして、必ず書いておくべき内容が終わったら、ゆっくりと昔のこと、過去のこと、子供のこと、家族のことなどを思い出しながら記録したり、感謝の思いを文章として残しておくこともできます。

さらに、趣味のことや写真などを添付しておけば、自分の生きた証のようなものを残すこともできます。


【まとめ】エンディングノートを無料で入手するのには、ダウンロードという手段や、officeに書く方法もありますが、パソコンとプリンターがひつようです。 もっとも簡単に無料でエンディングノートを入手する方法は、葬儀社に資料請求をした際の特典としてプレゼントしてもらうことです。

ナビゲーション