エンディングノートを無料で簡単に入手

エンディングノートを無料で簡単に入手する方法とは?

エンディングノートを無料で簡単に入手する

終活という言葉がイベント化されている?!

以前は、「終活」という言葉にもいささか抵抗を感じましたが、今では普通に使われる言葉になりました。

何でもイベント化してしまうのが現在の風潮で、以前はタブーだった「終活」さえも、今ではそれを推進するグループがあったり、専門家の公演があったりで、少しも避けるべきものではなく、むしろ当然のこととして受け止められるようになりました。

終活の中心をなすのが「エンディングノート」です

エンディングノートは、本来、後に残る者のために伝えるべき情報を整理しておくノート、と言われています。

その内容とは、具体的に言うと、葬儀のこと、葬儀の際に呼ぶべき親戚、知人、友人。銀行や保険関係の口座や契約内容。相続のこと、遺産のことなど。これらのことは、整理して書いておくと、たしかに、後に残る者にとっては、とても役に立つもので、むしろ、はっきりと分かりやすく残しておかないと、非常に困ることになります。

しかし、いざ、まっさらなノートを前にすると、何から書いてよいか、どうやって整理して書いてよいか分からないというのが、正直なところです。

テンプレート化されたエンディングノートを使用すると便利

そこで、おすすめしたいのが、テンプレート化されたエンディングノートを使用しましょう、ということです。

テンプレートとは、定型文書を素早く作成するための文書のひな形のことで、終活のために書くべきことが項目別にあらかじめ印刷されており、書く側は、その項目に沿ってわかるところから書けばよいという利便性があります。

テンプレート化されたエンディングノートの例

下記の目次は、葬儀関係のサービス会社「シンプルなお葬式」のエンディングノートで、この目次のように家族に残しておくべき内容が項目化されています。

無料で入手したエンディングノートの例

そして、このようなテンプレート化されたエンディングノートを使用することによって、残しておくべき情報に欠けることがなく、しかも整理された状態で残しておくことができるという利点もあります。

例えば、親族一覧がテンプレート化された例↓

無料で入手したエンディングノートの例

また、こちらは、銀行関係の情報がテンプレート化された例↓

無料で入手したエンディングノートの例

注意)ただし、銀行関係の情報については、とくに口座番号をはっきりと書いておくと、状況によっては問題になる場合もありますので、注意が必要です。
それを回避するために、別途、家族にしかわからない場所に、銀行の口座番号を書いた書類や小さなノートなどを保管しておき、その保管場所をエンデイングノートに書いておくとか、方法はいろいろあります。しかし、あまり複雑にすると、保管場所を本人も忘れてしまうという問題が・・・

つぎに、エンディングノートに何を使うかです。

この「エンディングノート」を入手する方法として、無料でダウンロードする方法もあります。しかし、ダウンロード版では、パソコンとプリンターが必要になります。また、印刷した用紙がバラバラにならないように、ホッチキスか何かで止めておくことになり、表紙もしっかりしていないため、見栄えが悪く、後世まで残しておくのには少し問題があるように思います。

ですので、エンディングノートはやはり、表紙があって、しっかり綴じられたものを入手するのがおすすめです。

無料のエンディングノートを入手する簡単な方法

その方法を結論から言うと、無料の「エンディングノート」として、葬儀社や葬儀関係のサービス会社が無料で提供しているものを利用するのが、一番簡単に、しかも無料で入手できる方法となります。

以下に、資料請求(無料)をすれば、エンディングノートが無料で入手できる3社をご紹介します。

  • 1)「シンプルなお葬式」のエンディングノート(MY NOTE)
  • 2)「小さなお葬式」のエンディングノート
  • 3)「さがみ典礼」のエンディングノート(あんしんノート)

※この3社のエンディングノートの申込み方法や、申し込んだ結果どうだったのかについては、体験したことをもっと詳しく書いてあります。

詳細は >> エンディングノートを無料で入手する方法


【まとめ】エンディングノートを無料で入手するのには、ダウンロードという手段や、officeに書く方法もありますが、パソコンとプリンターがひつようです。 もっとも簡単に無料でエンディングノートを入手する方法は、葬儀社に資料請求をした際の特典としてプレゼントしてもらうことです。

ナビゲーション