エンディングノートを無料でダウンロート おすすめは?

エンディングノートの無料ダウンロード。おすすめは?

エンディングノート ダウンロード

エンディングノートを無料のダウンロードで手に入れることができます。

エンディングノートは、日常生活のためにもおすすめです!

エンディングノート」とは、残された家族が困らないように自分の身辺のことや伝えておきたいことをまとめておくノートのことです。

しかし、エンディングノートを自分の死後のために書くというだけでは、何かむなしいですね。ですので私は、エンディングノートはむしろ、生きている自分のために書く、と思うようにしています。

実際にエンディングノートを書いてみると、色んなことが整理でき、むしろ日常の生活に役立ちます!

実際にエンディングノートを書いてみると分かりますが、エンディングノートに書く内容は、自分が生きている間にも役立つものばかりです。

銀行の情報、生命保険の情報、パソコンの情報、友人の情報、家族の情報、他にもたくさんありますが、

これらのことを整理して書いておくと、生活の上で役に立つものばかりです。

また、葬儀のこと、お墓のこと、遺産のことなどは、もちろん自分の死後のことですが、結局自分のことですし、まだ数年、あるいは数十年先のことかもしれませんから。

パソコンが得意な人ならインターネットでダウンロードする方法もおすすめです!

このエンディングノートを白紙のノートから手作りで作るのは大変だということで、最近ではパソコンのインターネットを利用して、無料のPDF版をダウンロードで手に入れることもできるようになりました。

また、エクセルのテンプレートをダウンロードして、エクセルにエンディングノートを書くという方法もあります。

エンディングノートを書いてみたいけど、手書きが苦手という人のために、パソコンのキーボードから入力できるエンディングノートもあります。

エンディングノート ダウンロード

インターネットでダウンロードできるエンディングノート

以下に、インターネットでダウンロードできる無償のエンディングノートをご紹介しますので、自分のお気に入りのエンディングノートを見つけましょう。

エンディングノート|Office スタイル カタログ

>> ダウンロードはこちら

  • マイクロソフトによる公式テンプレートサイトです。
  • docx形式で30ページの構成です。
  • きれいなレイアウトが特徴で、機能的に優れています。
  • 自分史関連は7ページと少なめで、家族へのメッセージが中心です。

エンディングノート無料ダウンロード版|日刊葬儀新聞社

>> ダウンロードはこちら

  • 自分史的エンディングノートの決定版です。
  • doc形式で130ページですが、odt形式のファイルもあります。
  • 記入する項目が非常に多く、項目別に記入していくだけで、詳細な自分史ができます。

エンディングノート 無料

エンディングノート|ラプラージュ事務所

>> ダウンロードはこちら

  • doc形式で34ページの構成です。
  • 表形式が多いのが特徴で、項目がわかりやすく、記入しやすいのが特徴です。
  • 自分史を書けるか所は10ページほどにまとめられています。
  • フリーフォーマットで書けるページも設けられています。
  • 財産・相続・後見制度の利用など、家族に残しておきたい情報も豊富です。

エンディングノート ダウンロード「暮らしづくり終活」

>> ダウンロードはこちら

  • 自分の「基本情報」から、「ペット」、「介護」、「延命治療」、「会員制サービス」など、13項目に分類されています。
  • 一括ダウンロードか、必要なパートのみのダウンロードからを、用途に応じて選んでダウンロードすることができます。

自分史・エンディングノート無料ダウンロード|百人百想

>> ダウンロードはこちら

  • docx形式で55ページで構成されています。
  • 自分の情報を書きこむか所が多く、自分史的なパートが31ページあります。
  • 小学校・中学・高校・父・母の記入に、各1ページずつ割り当てられています。
  • 家族へのメッセージは表から選択する形式で、コンパクトで記入しやすく構成されています。

ダウンロード版のエンディングノートにも欠点があります!

  • エンディングノートはダウンロードで入手することが可能ですが、それを用紙に印刷するのに、プリンターが必要になります。
  • そして、綴じられていないのでバラバラになります。
  • これを自分で綴じるのも良いですが、きれいな冊子の状態にするには、それなりの技術が必要です。

エンディングノート ダウンロード プリンター

なお、インターネットで提供されているエンディングノートの中には、プリンター用紙などに印刷せずに、エクセルやワード形式で、そのまま文字を入力して、データとしてパソコンの中に残すことができるものもあります。

しかし、それでは、家族の方にエンディングノートの存在すら知られずにすんでしまう恐れもあります。

エンディングノートは、目に見えるところに保管するか、少なくとも家族の誰かに保管場所を教えておく必要があるため、パソコンにエンディングノートを書く場合、家族の方にその所在を伝えておきましょう。

また、エンディングノートは、自分の手書きで書くのがおすすめです。というのは、エンディングノートは、家族にとってみれば思い出の品となりますから、やはり手書きの直筆で書かれたものが一番だと思います。

郵送で入手できる無料のエンディングノートは?

無料で入手できる「エンディングノート」として、葬儀社や葬儀関係のサービス会社に資料請求をして、郵送で送ってもらえるエンディングノートを利用するのが一番容易に無料で入手できる方法として、おすすめです。

お葬式サイトで無料で提供されているエンディングノートは、必要最小限の内容で、書き込みの欄も大きくて手軽に記入できますし、見た目の文字も大きくて、老眼の方にも苦痛にならない工夫がされています。

資料請求(無料)をすれば、無料のエンディングノートを郵送してもらえるサービスサイトをご紹介します。

私が知っているのは、次の3社です。

  • 1)「シンプルなお葬式」のエンディングノート
  • 2)「小さなお葬式」のエンディングノート
  • 3)「さがみ典礼」のエンディングノート(あんしんノート)

※いずれも各社のホームページで資料請求(無料)をすれば、郵送等で入手できます。

なお、電話で資料請求をした場合、入手できませんのでご注意を!

1)シンプルなお葬式の「エンディングノート」

シンプルなお葬式のオリジナルのエンディングノート

「シンプルなお葬式」のホームページから資料請求(無料)を申し込んだ方全員に郵送で送ってもらえるオリジナルの「エンディングノート」です。

なお、「シンプルなお葬式」に資料請求をした場合、2~3日で郵送で届けられます。なお、資料請求後に担当員からの電話はなく、送られてきました。

※「シンプルなお葬式」に資料請求をして送られてきたエンディングノートの全ページの写真を撮ってありますのでご紹介します>>エンディングノート 無料

2)小さなお葬式の「エンディングノート」

小さなお葬式の「エンディングノート」無料資料請求で全員もらえます

「小さなお葬式」のホームページから無料の資料請求を申し込んだ方全員に郵送してもらえる「エンディングノート」です。

※「ちいさなお葬式」の場合も、資料請求をした後、担当員から電話がかかってくることもなく、2~3日で郵送で届けられます。

※「小さなお葬式」に資料請求をして送られてきたエンディングノートの全ページの写真を撮ってありますのでご紹介します>>エンディングノート 無料

エンディングノートを無料で手に入れる方法の結論

私自身は、上記のように、「シンプルなお葬式」と「小さなお葬式」のほかに、「さがみ典礼」からエンディングノートを取り寄せました。

その方法は、上記の通りですが、一番のおすすめは「シンプルなお葬式」か「小さなお葬式」です。

この2社のエンディングノートはデザイン的に洗練され、内容も充実しています。

なお、さがみ典礼の「安心ノート」はページ数も上記の2社よりも少ないですし、表紙がいかにも葬儀社のパンフレットのようでした。

なお、上記の3社のページ数を記載しておきます。

  • 「シンプルなお葬式」のエンディングノート:A4版・30ページ
  • 「小さなお葬式」のエンディングノート:A4版・30ページ
  • 「さがみ典礼」のエンディングノート:A4版・22ページ

詳細>> エンディングノートを無料で送ってくれる葬儀サイトについて


ナビゲーション