エンディングノート 無料 ダウンロード

エンディングノートを無料で入手する!ダウンロードよりも簡単に入手できて、簡単に書ける方法があります。

エンディングノートは、市販品を購入するほか、パソコンにダウンロードすることで入手することができますが、小冊子にまとめられたエンディングノートを無料で入手することも可能です。

エンディングノートは自分の終活のために役立つほか、実生活や、後に残される家族のためにもなります。整理された項目に沿って書けば、簡単に書くこともできます。

<目次>

エンディングノートは、日常生活のためにもおすすめです!

実際にエンディングノートを書いてみると、色んなことが整理できて、むしろ日常の生活に役立ちます!

実際にエンディングノートを書いてみると分かりますが、エンディングノートに書く内容は、自分の生活に役立つものばかりです。銀行の情報、生命保険の情報、パソコンの情報、友人の情報、家族の情報、他にもたくさんありますが、これらのことを整理して書いておくと、実際に生活の上でとても役に立ちます。

また、葬儀のこと、お墓のこと、遺産のことなどは、結局自分のことですし、まだ数年、あるいは数十年先のことかもしれませんが、これらのことは、後に残った家族の方にも直接関係することですから、心の中にしまっておかず、エンディングノートに全部書いておきましょう。

パソコンが得意な人ならインターネットで簡単にダウンロードする方法もおすすめです!

このエンディングノートを白紙のノートから手作りで作るのは大変だということで、最近ではパソコンのインターネットを利用して、無料のPDF版を簡単なダウンロード方式で手に入れることもできるようになりました。

また、エクセルやワードのテンプレートをダウンロードして、エクセルやワード形式で簡単に入力するという方法もあります。

これらのエクセルやワードで書く方法は、パソコンのキーボードを使って簡単に入力できるため、エンディングノートを書いてみたいけど、手書きが苦手という人には、いちど試してみるだけの価値はあると思います。特に、エクセルやワードの操作になれている方なら、簡単に入力することが可能です。

エンディングノート ダウンロード

インターネットでダウンロードできるエンディングノート

以下に、インターネットで簡単にダウンロードできる無料のエンディングノートをご紹介しますので、自分のお気に入りのエンディングノートを見つけましょう。

エンディングノート|Office スタイル カタログ

※ ダウンロードはこちら >> Office スタイル カタログ

  • マイクロソフトによる公式テンプレートサイトです。
  • docx形式で30ページの構成です。
  • きれいなレイアウトが特徴で、機能的に優れています。
  • 自分史関連は7ページと少なめで、家族へのメッセージが中心です。

エンディングノート無料ダウンロード版|日刊葬儀新聞社

※ ダウンロードはこちら >> エンディングノート無料ダウンロード版

  • 自分史的エンディングノートの決定版です。
  • doc形式で130ページですが、odt形式のファイルもあります。
  • 記入する項目が非常に多く、項目別に記入していくだけで、詳細な自分史ができます。

エンディングノート 無料

エンディングノート|ラプラージュ事務所

※ ダウンロードはこちら >> ラプラージュ事務所

  • doc形式で34ページの構成です。
  • 表形式が多いのが特徴で、項目がわかりやすく、記入しやすいのが特徴です。
  • 自分史を書けるか所は10ページほどにまとめられています。
  • フリーフォーマットで書けるページも設けられています。
  • 財産・相続・後見制度の利用など、家族に残しておきたい情報も豊富です。

エンディングノート ダウンロード「暮らしづくり終活」

※ ダウンロードはこちら >> 暮らしづくり終活

  • 自分の「基本情報」から、「ペット」、「介護」、「延命治療」、「会員制サービス」など、13項目に分類されています。
  • 一括ダウンロードか、必要なパートのみのダウンロードからを、用途に応じて選んでダウンロードすることができます。

自分史・エンディングノート無料ダウンロード|百人百想

※ ダウンロードはこちら >> 百人百想

  • docx形式で55ページで構成されています。
  • 自分の情報を書きこむ箇所が多く、自分史的なパートが31ページもあります。
  • 小学校・中学・高校・父・母の記入に、各1ページずつ割り当てられています。
  • 家族へのメッセージは表から選択する形式で、コンパクトで記入しやすく構成されています。

エンディング・ノート / ダウンロード - Life Ending Stage/ライフエンディング・ステージ情報

>> ダウンロードはこちら

  • 女性のための葬・相談室を運営しているサイトで公開されています。
  • PDF版のみですが、「葬儀編」「財産編」「ラストライフ編」の3種類あります。
  • 「エンディングノートの書き方講座では、「葬儀編」を使いますが、必要な方のために、「財産編」・「ラストライフ編」も作成いたしました」とのことです。 

島田屋本店オリジナル 『エンディングノート』 ~いざという時に、大切な人へ伝えたい~

>> ダウンロードはこちら

  • PDF版です。
  • 目次は、「私について/思い出を振り返ろう/私の過ぎ去りし日々/私の家系図/私から大切な人へ/連絡してほしい親戚・友人・知人/財産について/大切な人へのメッセージ」

※上記のように、無料でダウンロードできるエンディングノートにも色々ありますが、どれが良いか迷ってしまった場合、簡単に入力できるものを選ぶのがおすすめです。また、ダウンロード版のエンディングノート選びには、こちらのエンディングノートの人気ランキングがご参考になるかもしれません。

ダウンロード版のエンディングノートにも欠点があります!

  • エンディングノートはダウンロードで入手することが可能ですが、それを用紙に印刷するには、プリンターが必要になります。
  • そして、綴じられていないのでバラバラになります。
  • これをバインダー等で綴じるのも良いですが、きれいな冊子の状態にするには、それなりの技術が必要です。

エンディングノート ダウンロード プリンター

なお、インターネットで提供されているダウンロード版のエンディングノートの中には、プリンター用紙などに印刷せずに、エクセルやワード形式で、そのまま簡単に文字入力して、データとしてパソコンの中に残すことができるものもあります。

しかし、エンディングノートをパソコンに保存してあるだけでは、家族の方にエンディングノートの保存場所が知られずにすんでしまう恐れもあります。

ですので、パソコンにエンディングノートを保存する場合、家族の方にその保存場所や開け方を伝えておきましょう。

その理由は、単に「エンディングノートはパソコンに書いてある」と伝えるだけでは、パソコンのどこに保存されているか分からないからです。何しろ、自分のパソコンでも、ファイルがなくなって、探すことも良くあることですから。

そのように「エンディングノートをパソコンに保存する」場合の欠点を考慮すると、エンディングノートは、やはり自分の手書きで残すのがおすすめです。

というのは、エンディングノートは、家族にとってみれば思い出の品となりますから、やはり直筆で書かれたものが一番だと思うからです。直筆の手書きには、書き手の魂がこもるものです。残された家族は、あなたの手書きの文章を見て、懐かしい気持ちであなたのことを思いだすでしょう!

市販のエンディングノートのベストセラー1位は?

市販のエンディングノートで、おそらく一番知られているのは、コクヨの「もしもの時に役立つノート」でないでしょうか。このエンディングノートは、amazonで調べると、ベストセラー1位となっており、定価 ¥1,674が、Amazonでは価格 ¥ 900で売られています。 ↓↓↓↓↓

コクヨのエンディングノート

コクヨの「もしもの時に役立つノート」について

このコクヨの「もしもの時に役立つノート」は、若い人にも購入者がいるようで、大きさがB5版、ページ数が64ページ。他の冊子型のエンディングノートの場合、ほとんどA4版ですので、コクヨの場合少し小さく、本箱等に収納するのに便利です。

ただし、小型になっているため、文字も小さく、書き込み用の空白も小さくて、実際、書き込む際にちょっと神経を使います。そのため、書き込みの欄がもう少し大きいほうが良いのではないかというのが実際の感想です。

なお、このコクヨの「もしもの時に役立つノート」は、以前、お葬式サイトの「よりそうのお葬式」で無料で配布されていたことがあります。

私は、コクヨの「もしもの時に役立つノート」を無料で手に入れました。しかし・・・

私は、お葬式サイトの「よりそうのお葬式」に、2度 資料請求をしたことがあります。最初の資料請求では、コクヨの「もしもの時に役立つノート」が無料で同封されていました。しかし、2度目に資料請求したときは、「よりそうのお葬式」のオリジナルエンディングノートが同封されていました。

ですので、私の場合、コクヨの「もしもの時に役立つノート」を無料で手に入れることができたわけですが、コクヨの「もしもの時に役立つノート」は書き込みの項目が多すぎるというのが感想で、私は、実際には使っていません。

その点、お葬式サイトで無料で提供されているエンディングノートは、必要最小限の内容で、書き込みの欄も大きくて手軽に記入できますし、見た目の文字も大きくて、老眼の方にも苦痛にならない工夫がされています。

このような簡潔にまとめられた無料のエンディングノートの欠点は、もっと自由に書き込む欄がほしいと思うことがある点ですが、私は、他の用紙をはさんだり、糊付けしたり、ホッチキスで止めたりして、自由に補充をすることにしています。

郵送で入手できる無料のエンディングノートは?

無料で入手できる「エンディングノート」として、葬儀社や葬儀関係のサービス会社に資料請求をして、郵送で送ってもらえるエンディングノートを利用するのが一番容易に無料で入手できる方法です。

資料請求(無料)をすれば、無料のエンディングノートを郵送してもらえるサービスサイトをご紹介します。

私が知っているのは、次の3社です。

  • 1)「よりそうのお葬式」のエンディングノート
  • 2)「小さなお葬式」のエンディングノート
  • 3)「さがみ典礼」のエンディングノート(あんしんノート)

※いずれも各社のホームページで資料請求をすれば、郵送等で入手できます。いずれも資料請求は無料ですることができます。

なお、電話で資料請求をした場合、入手できませんのでご注意を!

※「よりそうのお葬式」と「小さなお葬式」のエンディングノートに関しては、全ページを写真に撮ってありますので、ご参考にしてください。
>> 2社のエンディングノートの全ページの写真はこちらにあります

1)よりそうのお葬式(旧名シンプルなお葬式)の「エンディングノート」

よりそうのお葬式 エンディングノート

「よりそうのお葬式(旧名シンプルなお葬式)」のホームページから資料請求(無料)を申し込んだ方全員に郵送で送ってもらえるオリジナルの「エンディングノート」です。

※「よりそうのお葬式」のエンディングノートを無料で入手する方法と注意点

「よりそうのお葬式」の「エンディングノート」を無料で入手する方法は、下記の「よりそうのお葬式」のホームページを開き、緑色のバナー「まずは資料請求をする」をクリックすると、資料請求の申し込みフォームが開きます。

このとき、「資料の送付方法」は「◎ご住所に郵送を希望」を選ぶようにしましょう。なお、同じ欄の「メールのみを希望」を選ぶと、「エンディングノート」は送付されてきませんので、注意が必要です。

よりそうのお葬式 >> 「よりそうのお葬式」のホームページ

※「よりそうのお葬式」に資料請求をした場合、担当員から電話がかかってくることもなく、2~3日で郵送で届けられます。

また、資料やエンディングノートの入った封筒には、「株式会社よりそう」という社名と住所が書かれているだけで、「葬儀」関係の文字は一切ありませんでした。ですので、封筒の外観を見ても、葬儀関係の資料だということはまずわからないでしょう。

2)小さなお葬式の「エンディングノート」

小さなお葬式の「エンディングノート」無料資料請求で全員もらえます

「小さなお葬式」のホームページから無料の資料請求を申し込んだ方全員に郵送してもらえる「エンディングノート」です。

小さなお葬式の資料請求(申込フォーム)へはこちらから進むことができます↓

※小さなお葬式の場合も、資料請求の申込みフォームに表示されている「送付方法」の欄の「ご住所に郵送で送付」にチェックを入れましょう。なお、同じ欄の「Eメールに添付して送付」を選ぶと、「エンディングノート」は送られてきませんので注意が必要です。

※「ちいさなお葬式」の場合も、資料請求をした後、担当員から電話がかかってくることもなく、2~3日で郵送で届けられます。

また、資料やエンディングノートの入った封筒には、「株式会社ユニクエスト・オンライン」という社名と住所が書かれているだけで、「葬儀」関係の文字は一切ありませんので、葬儀関係の資料だということはまずわからないでしょう。

※「よりそうのお葬式」と「小さなお葬式」のエンディングノートに関しては、全ページを写真に撮ってありますので、ご参考にしてください。
>> 2社のエンディングノートの全ページの写真はこちらにあります

3)さがみ典礼の「あんしんノート」

さがみ典礼の「あんしんノート」は、大判(A4版)で大きな字で書くことができます。

このさがみ典礼の「あんしんノート」は、さがみ典礼に資料請求(無料)をすれば、全員に無料で提供されます。

<注意!>

さがみ典礼の場合、資料請求をすると担当者から電話がありました。その電話では、お葬式の当面の有無や今後のことなどを聞かれましたが、私の場合、「資料請求をしただけです」と答えてクリアしました。

エンディングノートを無料で手に入れる。結局、どれが良い?

私自身は、上記のように、「よりそうのお葬式」と「小さなお葬式」と「さがみ典礼」の3社からエンディングノートを取り寄せました。

その方法は、上記の通りですが、一番のおすすめは「よりそうのお葬式」か「小さなお葬式」のエンディングノートです。その理由は、この2社のエンディングノートは、たいへん良く作られていて、文字も、書く欄も比較的大きく、日常生活の覚書としても大変役に立つものだからです。

しかし、さがみ典礼のエンディングノートは、お葬式を中心に編集されており、日常生活の情報を書き込む欄が、かなり不足しています。

なお、上記の3社のページ数を記載しておきます。

  • 「よりそうのお葬式」のエンディングノート:A4版・30ページ
  • 「小さなお葬式」のエンディングノート:A4版・18ページ
  • 「さがみ典礼」のエンディングノート:A4版・22ページ

詳細>> エンディングノートを無料で送ってくれる葬儀サイトについて


【関連記事】

エンディングノートは終活の役に立ちます

終活にも、色々な考え方があります。忙しかった仕事や子育てを終えて、いよいよ人生を満喫できる!そのための終活だ、と考えることもできます。そんな時に書くエンディングノートは、自分に残された人生を充実したものにします。

どのように終活をすればよいか迷っている方は、エンディングノートを書くことで、終活に役立つ様々な発想が生まれるかもしれません。たとえば、「残された人生にやっておきたい10のこと」を書くことによって、曖昧だった目標が明確になり、充実した余生が送れるかもしれません。

ここでは、エンディングノートは書くのが面倒だという方に、エンディングノートを簡単に書く方法についてご説明します。

書く時の心構えとして、書き始めるのはいつが良い?

エンディングノートを書いてみようかと思ったときが、書き始めるのにいちばんよい時です。入院をしたり体調が悪くなってから、エンディングノートを書くのは大変です。そのうちに書くと思っているだけでは、結局、書かずに終わってしまうかもしれません。

ですので、エンディングノートは、今、書けるときから始めましょう。エンディングノートは家族に残すためだけではなく、自分の人生や生活に大いに役立つものです。むしろ、残された人生を再考するきっかけとなり、充実した晩年を送ることが可能になるものと思います。

迷わずに、書けるところから書きましょう!

ダウンロートで入手したエンディングノートの場合でも、冊子になったエンディングノートの場合でも、記入をすべき項目が定型で整理されている場合、1ページ目から順番に書くと思わずに、項目を見て書けるところから書きましょう。

ただし、なるべく早い時期に書いておくべきこととして、自分の基本の情報や、口座の番号などや、パソコンのパスワード等、日常の役に立つことや、万が一の備えとして、友人の氏名や住所など、書けるところから書いていくのがおススメです。

エンディングノートの全項目に記入する必要はありません

エンディングノートに全てを記入する必要はありません。書けるところから書いておくと、次第に充実した内容になります。ですので、空欄や抜けているページがあっても気にせずに、暇を見つけて書き足していきましょぅ。

また、どうしても書けないことや、書くと都合の悪いことは、無理をして書く必要はありません。なお、銀行口座や個人情報を記入する場合、保管場所に注意をしたり、他の工夫をすることで、秘密にしておくことも可能です。

エンディングノートを書く際の注意点

エンディングノートは遺言書とは違います。法的根拠がないため、特に相続のことが気になる場合は、遺言書の作成をおすすめします。

また、エンディングノートは銀行口座や個人情報を記入することにもなりますので、だれでも見られるところに置くのではなく、信頼できる家族のみに所在場所を教えておくようにしましょう。


【メモ】エンディングノートは、ダウンロードで入手して、終活に役立たせることができます。ダインロード版のエンディングノートは無料でダウンロードして、officeにキーボードで簡単に入力して書き込むことができます。また、エンディングノートは、パソコンのadobeでPDFでの形式でダウンロードすることができます。このようなエンディングノートは、自分のこと、財産、葬儀等の必要な情報をインプットして、家族にメッセージ(連絡帳)として残すことができます。


ナビゲーション

       
エンディングノートを無料でダウンロードする@おすすめはどれ?