エンディングノート 項目 項目一覧

エンディングノートの書き方は、まず、書くべき内容を整理した項目を知っておくことです!

そして、エンディングノートを簡単に書くコツは、書くべき内容が項目ごとに整理されているノートを利用することです。

大学ノートや文房具・100均などで購入したお気に入りのノートをエンディングノートに利用する場合でも、書くべき内容を項目で知っておけば、簡単に、不足のないエンディングノートができます。

エンディングノート

エンディングノートに書くべきことを、項目で知っておくことが大事です。

エンディングノートには何を書いても良いのですが、終活のためなどのように、最終的に家族が見て役に立つノートにするためには、最低限書いておくべき情報があります。

このように最低限書いておくべきことを項目で知っておき、その項目に従って書いていけば、後からも家族の役に立つエンディングノートができます。

そして、このように必要な最低限の内容を書いておけば、あとは何を書いても自由です。思い出したことや、書き残したいこと、日々の出来事や思ったことなど、さらにこれからの計画なども書いて、生活の張り合いにしていきましょう。

ここで、エンディングノートに書いておくべき内容を項目で整理します。

1. 自分のことに関する項目について

まずは、自分の情報について書いておきます。なお、銀行関係等の財産については別項目を設けてあります。

  • 自分の基本情報 (本籍地・住民票コード・マイナンバー・健康保険証・過去又は現在の勤務先の情報、運転免許書、パスポートなど)
  • 現在の健康状態 (持病やかかりつけの病院があったら書いておきます。また、常用している薬があったら書いておきましょう。)
  • 自分史、ツール (出身地や小学校、中学校などの学歴などの他にも、父・母、祖父、祖母のことなど、自分の年表)
<注意>身分証明書に関して

保険証やパスポートなどの身分証明書が保管してある場所についても書いておくと、日常生活の役に立つし、さまざまな手続きをスムーズに進められるようになります。

ただし、重要な内容を記載した場合には、ノートを紛失したり他人に見られることがないように保管や管理をしっかりしておきましょう。

2. 自分の資産の項目について

自分の財産や貯金等に関する資産について書いておけば、自分の日常生活や、後に家族が処理するときの役に立ちます。

なお、財産分与に関することは、公正証書遺言に書いておくことがおすすめです。

  • 相続 (相続については、なるべく公的に認められた遺言書を作っておくようにしましょう)
  • 預貯金 (銀行名や口座番号)
  • 金融資産
  • 貸出金
  • 借入金(ローン)
  • 年金
  • 資産価値のある貴金属
  • 貸金庫

<注意>銀行口座の暗証番号やクレジットカードの番号など、秘密にすべき情報は不正利用されるおそれがあるため、書かないように注意しましょう。

3. 現在の生活に関する項目について

自分が利用しているサービスや、ペットの情報などについて書きます。

  • サプリメント
  • 浄水器やテレビサービスなどの定期申し込みサービス
  • インターネットサービス 、オンライン動画配信サービス
  • 登録中のSNSやショッピングサイト
  • 所属しているスポーツクラブや習い事
  • クレジットカード情報を登録しているショッピングサイトなど

現在、利用しているサービスは、家族の方がスムーズに解約手続きができるように、必要な情報を書いておきましょう。

<注意>ペットの情報も忘れずに書いておきましょう

ペットを飼っている場合、遺族が面倒を見ることになったときのために、ペットの情報についても書いておきましょう。

ペットの情報は、ペット保険やかかりつけの動物病院、予防接種や投薬の予定など、必要な情報はすべて書いておきましょう。生き物の面倒を引き継ぐ場合、生き物の面倒が苦手な方もいます。そのため、わかりやすく伝えるようにしましょう。

4. 家族や友人の連絡先など項目について

連絡が必要になるときに備えて、家族や友人の連絡先(氏名、電話等の連絡先、住所など)を記録しておきましょう。

5. 介護や医療の項目について

介護については、希望する介護施設や介護方法があれば書いておきましょう。

医療については、かかりつけの病院情報や、持病、常用薬などについて書いておきましょう。万が一のときに、病名や余命について告知してほしいか、延命処置を希望するか、ドナー登録をするかなど、希望があれば書いておきましょう。

6. 葬儀やお墓の項目について

自分の最期に、どのようにしてほしいかを書きます。

お葬式の規模や内容、供養の方法、宗教、菩提寺、遺影写真として使ってほしい写真などの希望を書いておくことで、家族の方がスムーズに葬送できます。

また、喪主になってほしい人や、葬儀に呼んでほしい人など(氏名や住所、連絡先など)も書いておくと、残された家族の方が困らず、スムーズに進めることができます。

7. 遺言書の項目について

まず、遺言書の書いているかどうかについて書いておきましょう。

遺言書がある場合は、遺言書の保管場所、遺言書の種類について書いておきます。また、遺言書を専門家に相談して書いた場合は、専門家の連絡先も書いておくと役に立つでしょう。

エンディングノートの項目一覧

エンディングノートを書くときの心構えについて

エンディングノートには何をかいてもよいのすから、エンディングノートを書くときの心構えというと、気楽に何でも書きましょうということになります。

ところで、エンディングノートを書くことは、それで人生が終わりというわけではありません。むしろ、エンディングノートは、これからの人生を総仕上げするための身辺整理ができ、人生の目標を見直したり、新たに目標を設定したりすることができます。

エンディングノートは前向きの気持ちで書きましょう!

エンディングノートを書く時の心構えとしては、「前向きの気持ちで書く」ということが大切です。

終活とよく言われますが、本当の終活は、人生の総仕上げに向けて前向きに進んでいくことです。今までの生きざまを整理し、これからの人生をよりよく生きていく活力を生む、終活はそのためにこそあるものだと思います。

エンディングノートはいつから書くのが良いのでしょうか?

エンディングノートを終活のために書くといっても、書き始める時期があまりにも遅い時期になると、これからの人生をどうするか?というよりも、自分が亡くなったときのことが重要になるでしょう。

しかし、例えば、定年退職を迎えた時にエンディングノートを書き始める場合、残された数十年をどのように生きるのかというように、エンディングノートを書く意味が変わってきます。

そのように、エンディングノートを書く意味を前向きにとらえることで、エンディングノートは、これからの人生を見直したり、新しい目標を持ったりするための役に立ちます。

ですので、残りの人生を有意義に送るために、エンディングノートはなるべく早い時期に書くことがおすすめです。

エンディングノートを書くことで、契約等の見直しをすることができます

エンディングノートは、日常生活における契約等の見直しをするきっかけにもなります。例えば、いま加入している保険やクレジットカードなどについて、保険内容を検討したり、余計なものは解約するとか、様々なことを検討するきっかけになります。

また、エンディングノートを書くことによって、漠然としている土地などの財産を把握することができ、そのような財産をどのように家族に分けるのかを考えるきっかけができます。それによって、財産分与等の問題にも前向きになり、後々、家族間に亀裂を生じるようなリスクを削減することもできます。

エンディングノート 終活に利用

エンディングノートをどうやって手に入れる?

次に、上記のような効果のあるエンディングノートをどこで入手するかについてですが、色々な終活のグループに参加すると、そのグループで作ったエンディングノートが無料で配布されていることがあります。

それは、それで利用すればよいと思いますが、そのような終活の集まりに参加していない方はどうすればよいのでしょうか。また、終活の会合などで配布される手作りのエンディングノートでは、満足できないという場合にはどうすればよいのでしょうか。

ダウンロード版のエンディングノート

エンディングノートを入手する方法に、インターネットを利用してダウンロード版を使用する方法もありますが、これにはパソコンのほかに、プリンターも必要になります。

ダウンロード版の場合、A4の用紙に印刷して重ねた状態にどのようにしてそれを綴じるのかという問題もあります。それをホッチキスで止めておくのでは、長年使用するのに満足できないということもあります。

有料のエンディングノートを購入する

市販のエンディングノートで一番のおすすめは、コクヨのエンディングノートです。これは、Amazonでも扱っており、900円ほどの値段が付いています。評価もなかなかのもので、若者にも人気があります。

コクヨのエンディングノート↓

クヨのエンディングノート 項目一覧

100均でノートを購入してエンディングノートに利用する場合の項目一覧の参考にしましょう!

100均でエンディングノートが売られているのかどうか、実際にダイソーやCanDo(キャンドゥ)で探してみましたが、見つかりませんでした。

100均の良いところは、まさかこれが100円?と、驚くほど豪華だったり、可愛いノートが安価に手に入ります。そこから丈夫に綴じられたお好みのノートを選んでエンディングノートにすれば、大学ノートとは異なる個性的なエンディングノートができます。

100均のノートをエンディングノートに利用するときの注意点

このように100均などで購入したノートを利用するエンディングノートの場合、必ず書いておくべき項目があることを忘れてはいけません。というのは、エンディングノートは残された家族の役にたつ内容がきちんと書かれていないと、単なる日記や記録帳のようになってしまうからです。

そんな時、上記で紹介したエンディングノートに必要な項目一覧を参考にして書いておけば、不足のないエンディングノートができます。

無料で入手できるエンディングノートは、必要な項目で整理されています。

無料のエンディングノートといっても、以下の2つの葬儀社紹介サイトで無料で提供しているエンディングノートは、エンディングノートの内容が項目別に整理されているため、とても書きやすいし、目次を見れば、書くべき内容が項目一覧となっていて、すぐに把握できます。

  • 1)「よりそうのお葬式」のエンディングノート
  • 2)「小さなお葬式」のエンディングノート

いずれも、各社のホームページで資料請求(無料)をすれば、パンフレット等と一緒に郵送で送られてきます。

この2つのエンディングノートのことや入手方法は、こちらのページにまとめましたので、ご覧ください。>>エンディングノートを無料で入手する方法

私も、この2つのサイトから無料でエンディングノートを入手しました。
なお、私は、いろいろなエンディングノートを比較するために、上記のコクヨのエンディングノートも持っていますが、文字が大きい点など、コクヨのエンディングノートよりも使いやすいと思いました。

「よりそうのお葬式」のエンディングノートの全ページを写真でご紹介します!

見開きの表紙↓と、以下1~30ページまでの内容です。

よりそうのお葬式のエンディングノートは、A4版で、全ページが30ページで構成されています。

表紙と裏表紙↓

「よりそうのお葬式」のエンディングノート項目一覧 表紙

目次↓ この目次に、書くべき内容が項目一覧で表示されています。

「よりそうのお葬式」のエンディングノート項目一覧 目次

「よりそうのお葬式のエンディングノート」項目一覧(目次)

  • 自分のこと
  •  自分の基本情報
  •  現在の健康状態
  •  自分史、ツール
  • 家族・親族・友人のこと
  •  家族一覧
  •  親族・友人一覧
  •  その他の連絡先
  •  親族表
  •  家族について
  •  友人について
  • 資産のこと
  •  銀行口座について
  •  不動産について
  •  保険について
  •  年金について
  •  有価証券・その他について
  •  借入・ローンについて
  • 介護・医療のこと
  •  介護について
  •  告知について
  • 葬儀・お墓のこと
  •  葬儀について
  •  お墓について
  • 遺言・相続のこと
  •  遺言について
  •  相続について
  • その他
  •  メッセージ

「よりそうのお葬式のエンディングノート」のページの一部

自分の基本情報・現在の健康状態が、項目別に整理されています。

「よりそうのお葬式」のエンディングノート項目一覧 自分の基本情報、現在の健康状態

自分史、ツールの項目です↓

「よりそうのお葬式」のエンディングノート項目一覧 自分史、ツール

家族一覧 親族・友人一覧の項目です↓

「よりそうのお葬式」のエンディングノート項目一覧 家族・親友・友人

その他の連絡先の項目です↓

「よりそうのお葬式」のエンディングノート項目一覧 その他の連絡先

親族表の項目です↓

「よりそうのお葬式」のエンディングノート 項目一覧 親族表

上記では、「よりそうのお葬式」のページの一部を写真でご紹介しました。

「よりそうのお葬式のエンディングノート」や「小さなお葬式のエンディングノート」の全ページを知りたい方は、こちらに写真でご紹介しています。「よりそうのお葬式のエンディングノート」と「小さなお葬式のエンディングノート」とでは、書かれている項目に多少の違いがありますので、参考になります。


【関連記事】

エンディングノートの内容を項目一覧で整理しておくメリット

エンディングノートの内容を項目一覧で整理しておくメリットは、エンディングノートに何を書けばよいのかを知ることができ、不足のないエンディングノートができることです。

また、エンディングノートに書くべき項目の中には、今生きているときの生活においても、たいへん役に立つ情報もあります。

それでは、エンディングノートに書くべき項目の内容が、どのような役に立つのか、例を挙げてご説明します。

事故や病気で急に入院することとなったとき

加入している保険や、かかりつけの医者、どんな口座からどんな引き落としがあるかがわかるため、入院中の家族にかわって必要な手続きができるようになります。

財布をなくしたとき

お財布をなくしたとき、加入している銀行やクレジットカードの番号がわかる。このようなクレジットカードの番号は、本人でも覚えることが難しいため、エンディングノートを見て、銀行やクレジットカード会社に、すぐに停止の電話をすることがき、カード被害を回避することが可能となります。

エンディングノートの所有者本人が亡くなったとき

この時、家族の人が、亡くなった本人のエンディングノートの保管場所を知っている必要がありますので、生前に、保管場所を教えておく必要があります。

そして、家族の方がエンディングノートを見ることによって、次の情報が役に立ちます。

  • 亡くなったことを連絡すべき親戚や友人の連絡先がわかる。
  • エンディングノートを書いていた本人が遺書代わりにしていた場合、相続の参考になる。なお、エンディングノートに遺言書としての正式な法的効力はありませんから、別途、遺言書を作成しておく必要があります。
  • そのような遺言書を残していたのか、どこに保管してあるのかがわかる。
  • 死亡保険などに加入していた場合、どの保険会社なのかがわかる。
  • 何らかの貸借をしていたり、ローンを組んでいた場合に、その内容がわかる。
  • 預金や定期預金の存在や、口座番号等がわかる。

さらに、故人が、手形・小切手・株券・債券・貨物引換証・船荷証券・貨物引換証・船荷証券・倉庫証券・商品券などを所有していた場合、これらの情報がわかるため、故人に代わって手続きをすることが可能になります。

なお、亡くなった方の相続人は、 相続が開始すると、相続人は財産も借金もすべて亡くなった方から引き継ぐことになります。

しかし、法律上、相続が開始したことを知った時及び自分が相続人になったことを知った時から3か月以内であれば、家庭裁判所に相続放棄の申述をすることができますので、故人の借金の有無に関する情報は大切なものとなります。

関連ページ >> 無料のエンディングノートの入手方法


  • はてなブックマークに追加

ナビゲーション