エンディングノートは無料で入手できます!人気は?

エンディングノートは無料で入手できます!人気のエンディングノートは?

エンディングノートを書いてみようか?

 

市販のエンディングノートでは、コクヨが最も人気!

市販のエンディングノートの中で人気なのは、コクヨのようです

おそらく、市販のエンディングノートの中ではもっとも人気なのは、コクヨの「もしもの時に役立つノート」でしょう。

なぜかというと、amazonで扱われているエンディングノートのなかでは、コクヨの「もしもの時に役立つノート」がベストセラー1位だからです。

購入者のカスタマ―レビューも400件を超しています。これは、かなり多い購入者の口コミです。

エンディングノート コクヨ製

コクヨのエンディングノートは、開発当初にリサーチを行った結果、「遺言書に関心はあるが、まずは自分の情報をまとめるノートが欲しい」「高齢者だけでなく、もう少し若い人でも気軽に書けるエンディングノートが欲しい」という30〜40代を中心とした世代からの要望を反映して作成したとのことです。

ですので、ノートの名前もエンディングノートではなく、「もしもの時に役立つノート」で、表紙には、「lIVING&ENDING」と書かれています。従って、その名前の通り、日常生活の備忘録としても役に立つ内容となっています。

ノートの記入項目は、銀行口座、口座引落し、クレジットカード、保険、重要連絡先、WebサイトID、介護、葬儀、お墓、相続などで、漫画やイラストによる説明も多く、年齢を問わずに若い人でも気軽に情報整理ができるものです。
また、ディスクケースが1枚付属され、大切なデータを保存したCDなどをノートと一緒に保管することが可能です。

コクヨのエンディングノート:購入者の声

「私用忘備録として購入、カク項目がそれぞれ整理されて記入しやすい。生活に安心感が出てきた。」
「このノートは記入してみて、身辺整理に役立ち、残された者にして貰う事の多さに驚きました。おおよその整理が出来ました。感謝!」
「妊娠して出産のために入院する時に、子供もできることだしこれも必要かな、と思いまだ20代ですが買いました。家系図を書くところは楽しかったです。暇なときに書き込むと色んな発見があり、楽しいですよ!ただ暗証番号関係は、悪用に注意しないといけませんね。」
「銀行口座や、カード、口座引き落としの情報など、ノートにメモ程度に書いていましたが、このノートには、何が必要な項目かが載っているのでとても便利です。
私は40代ですが、携帯とかお財布とかうっかり無くしてしまったら大変なので、日常生活にも役立つノートだと思いました。シンプルで安くておすすめです。」

コクヨのエンディングノート:注意すべき声は?

「葬儀会社より提供の同様冊子の方が簡略化され自由度が高いと判断しました。せっかくの構成ながら、詰込み過ぎと思います。」
「もしもの時に伝えるべきことが何なのかを確認しながら、実は覗いているだけで終わっています。活きている間に、預金とか云々とか、自分史とか、なかなか書けないものだと実感したところです。」
「使用する対象年齢は幅広く設定しているのかもしれない。しかし、年配者が使用する場合、字が小さく見にくいように思う。細かい字が書きづらいようなので記入欄も大きくしてほしい。」
  • ※コクヨのエンディングノートは、上記のように、若者の使用を前提としてあり、日常生活の備忘録としても役立つように編集されています。ですので、購入者が評価しているように、
  • 「葬儀会社より提供の同様冊子の方が簡略化され自由度が高いと判断しました。せっかくの構成ながら、詰込み過ぎと思います。」
  • 「年配者が使用する場合、字が小さく見にくいように思う。細かい字が書きづらいようなので記入欄も大きくしてほしい。」
  • という要望が出るのも当然です。

これに対して、葬儀関連サービスが無料で提供しているエンディングノートの場合、年配の方の使用を主体としているため、老眼でも文字が大きくて見やすく、終活に役立つように編集されているため、こちらの方がおすすめです。

>> 終活に役立つエンディングノート

終活の役に立つエンディングノートを使用しましょう

エンディングノートに書いておくべき内容は?

エンディングノートは、本来、後に残る家族のために書き残すノートです。しかし、もちろん、生前の自分のために計画書や記録書として書くこともできます。

ただし、本来のエンディングノートは、最低限の内容として後に残る家族の方達の役に立つ内容を備えておくべきです。

  • <家族のために書くべき内容は、次のようような項目に整理できます>
  • 預貯金の貯金通帳の銀行名や口座名保、管場所
  • 生命保険は、どこの保険会社に頼んであるか、その主な内容
  • 親族表として、遺産相続をする人間の一覧
  • 葬儀は、どこの葬儀社にするか、どのような規模で行うか、誰を呼ぶか、僧侶はどうするか等の希望
  • 遺言として、言い残しておきたいこと
  • 他にもありますが、エンディングノートに書かれている必要項目に関する内容を網羅すれば、不足することはないと思います。

お葬式の時に、あとに残された家族が(自分のために)非常にあわただしい思いで葬儀の手配や準備をしなければならない労力を考えると、生前に準備できることは自分でしておき、それをエンディングノートに書いておけば、家族の負担を軽くすることができます。

日常生活で、エンディングノートを備忘録として使用することもできます

もちろん、エンディングノートは、日常生活の備忘録として使うこともできます。むしろ、こちらの使い方のほうが、現実の生活の役にたちそうです。

住所録や連絡先などの情報を一冊のノートにまとめておくと大変便利です。情報が整理され、その情報を第三者へ伝えるだけでなく、自分の備忘録としても活用することができます。

エンディングノートに書くべき内容は、年齢や立場によって異なるものです

財産を持っている人にとってエンディングノートは、残る家族に遺産相続の争いがないように、自分の気持ちを使えることができます。ただし、エンディングノート自体には、遺言書としての法的な効力はありません。

また、自分が亡くなったら、遺言書をある場所に置いてあるから読むようにとか、遺言書をある人に、又は弁護士等に託してあるから連絡をするようにとか、いろいろな使い方ができます。

さらに、お葬式はこうしてほしいとか、その費用はこの銀行に預けてある貯金を使いなさいとか、貯金通帳の通帳やカードはここにあって、暗証番号を書いたメモはここに隠してあるとか(暗証番号等はエンディングノートに書かないほうがよい)とかの記録を書いておけば、残った家族が困らずに対処することができます。

エンディングノートを無料で入手することもできます!

無料の「エンディングノート」としては、葬儀社や葬儀関係のサービス会社が無料で提供しているものを利用するのが、一番容易に入手できる方法となります。

コクヨのエンディングノートの購入者が、「葬儀会社より提供の同様冊子の方が簡略化され自由度が高いと判断しました。」と評価しているとおりです。

以下、無料の資料請求をすれば、無料でエンディングノートを提供してもらえる葬儀関係サービスの3社をご紹介します。

1)「よりそうのお葬式」のエンディングノート
2)「小さなお葬式」のエンディングノート

※いずれも各社のホームページで資料請求をすれば、郵送してもらえます。これらの入手方法は、下記で詳細に説明してあります。

なお、電話で資料請求をした場合、入手できませんのでご注意を!

>>エンディングノートを無料で送ってくれる葬儀サイトはこちらに

1)「よりそうのお葬式」のエンディングノート

シンプルなお葬式のオリジナルのエンディングノート

「よりそうのお葬式」のホームページから資料請求(無料)を申し込んだ方の全員にもらえるオリジナルの「エンディングノート」です。

2)「小さなお葬式」のエンディングノート

小さなお葬式の「エンディングノート」無料資料請求で全員もらえます

「小さなお葬式」のホームページから無料資料請求を申し込んだ方全員にもらえる「エンディングノート」大判(A4版)です。

どちらのエンディングノートがおすすめですか?

なお、上記のうち、どのエンディングノートがおすすめかというと、いずれも内容はよくできていますが、内容は、異なる部分もあります。

ちなみに、各社のエンディングノートの大きさとページ数を比較しておきました。

  • 「よりそうのお葬式」のエンディングノート:A4版・30ページ
  • 「小さなお葬式」のエンディングノート:A4版・30ページ ⇒18ページに変更されました

結論です!

それでは、結論ですが、「よりそうのお葬式」のエンディングノートと「小さなお葬式」のエンディングノートとのどちらが良いかというと、これは、ページ数も同じですし、表紙も良いデザインで、あとは好みの問題になります。

ですので、「よりそうのお葬式」と「小さなお葬式」の両方から資料請求をして、実際のエンディングノートを手に入れて、目の前で比較することによってどちらを使うか決めるのがよいかと思います。

参考に、「よりそうのお葬式」のエンディングノートと「小さなお葬式」のエンディングノートの全ページを写真に撮りましたので、ご参考にしてください。

>> 「よりそうのお葬式」のエンディングノートの全ページ

>> 「小さなお葬式」のエンディングノートの全ページ

資料請求の申込方法@注意すべきことが1つあります!

「よりそうのお葬式」と「小さなお葬式」のいずれの葬儀社も、資料請求はインターネットで請求できます。ただ、注意することは、送付方法を「ご住所に郵送」にクリックをしてもらわないと、エンディングノートはもらえませんからお気を付けください。

この送付方法を「ご住所に郵送」とする指定は、資料請求を開けば、下の画像のように、申込フォームの上部に記載されています。

シンプルなお葬式に資料請求

また、資料請求をした後、「よりそうのお葬式」と「小さなお葬式」のいずれからも、電話がかかってくることはなく、2~3日でパンフレット等の資料とエンディングノートを同封で送ってもらえました。

入手はこちらからできます>> 「小さなお葬式」の公式サイト


ナビゲーション