無料のエンディングノートを終活に利用する

エンディングノートを無料で入手して終活に利用する方法は?

無料のエンディングノート 終活

<目次>

エンディングノートを書き始めることが、終活の良いきっかけになります!

エンディングノートとは?

エンディングノートとは、人生の最終章に向けて自分自身の希望や家族に伝えたいことを書き残しておくノートのことで、終活ノートとも呼ばれています。

このようなエンディングノートには、預貯金、年金、資産、借入金・ローン、クレジットカード、保険、携帯電話・パソコン、家族一覧、親族一覧、相続関係図、友人・知人一覧、特に葬儀に呼ぶべき人、告知・延命処置、葬儀、納骨場所、相続などを書き残すことで、意志を伝えることが難しくなった事態や、将来の死後に、家族などに書き残すことで負担を減らすことができるようにするものです。

また、エンディングノートには、家族や大切な人への思いや、自分史を伝えることもできるほか、残される家族のためだけではなく、自分の人生を振り返ることで、残された今後の人生について考えるきっかけができました、という方もいます。

終活をエンディングノートから始めることもできます!

ご提案ですが、終活の始めとして、エンディングノートを書き始めてはどうかと思います。エンディングノートは、終活ノートと言われることもあり、両者は実質的に同義です。

ところで、エンディングノートを書く意味を、単に、「自分が突然の事態になったときに家族が困らないようにするために書く」とだけ考えるなら、銀行口座の預貯金や保険、葬儀の規模や葬儀に呼ぶ人の住所、氏名、連絡先など、最低限の内容を書いて、家族に託しておけば十分とも言えます。

エンディングノートは、自分が亡くなったときの準備のためだけに書くものではありません。

実際にエンディングノートを書くと分かりますが、エンディングノートを書く目的を、自分が亡くなったときの準備のためだけとすると、書き続けるのが空しくなります。ですので、人生の最終章の書き物をつらい気持ちで続けるのは止めにしたいものです。

そこでこのページでは、終活におけるエンディングノートの役割やメリットに着目しながら、エンディングノートを楽しく有意義に書き続ける方法を検討してみましょう。

終活で書くエンディングノートのメリットは?

まず、エンディングノートは、家族の役にたちます

エンディングノートには様々な項目が書かれていて、少なくとも「財産」の処分方法と「お墓」、そして「葬儀」関係の項目が抑えられていれば、残された家族のためにはなります。

従って、市販のエンディングノートや、無料のエンディングノートでも、上記の項目が書かれていれば、自分が亡くなった後、家族が困ることなくスムーズに手続きを済ませることが可能になります。

また、家族のためになるのが(自分のためでもありますが)、多くのエンディングノートに項目として加えられているのが、「介護」の欄ですね。現在の自分の状況(アレルギーや持病など)の他、希望の治療や延命措置の希望の有無なども書き添えることができます。これで、万が一自分が思うように意思を伝えられない状態となったときでも、家族の方が迷うことなく対処できるようになります。

エンディングノートで記録し伝達すべきことをチェックできます

エンディングノートは終活の必需品かというと、必ずしもそうではないと思いますが、エンディングノートの項目を見ると、なるほどこういうことも終活には必要なのかという「気づき」が多いのも事実です。このように、エンディングノートは、 自分では気付かなかった記載事項のチェック機能も果たしています。

例えば、財産の記録にしても、預貯金や不動産、金融資産はもちろんのこと、保険や年金保険、家や貸金庫に保管してある貴金属など、記録し伝えるべきことは多くあります。

また、私の経験ですが、エンディングノートを見て、「ペット」の項目を見た時、これはペットを飼っていなければ気づかないことだと思ったこともあります。

エンディングノートは、毎日の生活で必要なことや、覚書をメモしておくのにも役に立ちます

パソコンを利用する際の各種のIDやパスワード、銀行の口座や暗証番号(ただし、秘密にすべきパスワードや暗証番号などは記録方法にも工夫が必要です)などを記録しておけば、おおいに日常生活の役に立ちます。

また、エンディングノートは、日常生活の覚え書きとしても役に立ちます。エンディングノートをそのようなことに利用すれば、エンディングノートは日常生活の必需品として役に立つものとなります。

ただし、エンディングノートに、「遺言書」のような法的効力はありません!

エンディングノートは、財産或いは資産等に関して記載をし、家族の全員または特定の家族に残すことができますが、エンディングノートは遺言書のような法的効力はありません。ですので、配分等による争いを避けるためには、法的効力のある「遺言書」の形で残すことをおすすめします。

エンディングノートは故人の懐かしい遺品となります

上記のように、気楽に書き記すことができるエンディングノートだからこそ、日記を書くように、それぞれの家族へメッセージを残すこともできます。実際に、家族への思いや伝えたい家族との思い出を1冊のエンディングノートに書き込んだ遺品を発見し、遺族を喜ばせたり、懐かしがらせたりするというエピソードも見受けられます。

このように、自己紹介や自分史が故人の直筆で書かれているエンディングノートは、故人の亡き後に、家族の心の癒しになるというケースも多くあります。

このようなことを考えると、エンディングノートは、故人の直筆で書かれていて、表紙があってしっかり綴じられたものが喜ばれる傾向にあるようです。

エンディングノートを簡単に書くには?

エンディングノートを手に入れてまず思うことは、書くことが多くて面倒だ、ということかもしれません。

そこで、エンディングノートを書き始めるコツは、完璧に書こうとせず、楽な気持ちで、興味のあるところや書きやすいところから書き始めることです。多少の誤字脱字などは気にせず、始めの一歩、まず書き進めることがコツです。

それには、上記で説明したような無料で配布されているエンディングノートを入手することをおすすめします。このようなエンディングノートは、予め、書くべきことが項目別に整理されているため、書けるところからどんどん書き込んでいくだけで、次第に充実したエンディングノートに近づいていくことができます。

なお、最初に書くべきこととして、緊急時に必要なこととして、既往症、終末期医療についての希望、貴重品や保険の情報、友人・知人の連絡先などから、書き始めると、すぐに役立つエンディングノートとなります。

また、写真を貼ったり、まとまった書類や情報などがあれば、その写真や書類を封筒に整理して挟んでおくことから始めてもよいかと思います。とにかく、情報を整理して残すということが大切です。

ダウンロード版のエンディングノートは?

Office スタイル カタログ > こちらからダウンロード可能です

マイクロソフトの公式サイト「Office スタイルカタログ」からダウンロードできるエンディングノートです。docx形式で30ページの構成となっており、きれいなレイアウトで編集されています。また、チェックボックスなどの機能に優れています。

ラプラージュ事務所 > こちらからダウンロード可能です

doc形式で、全部で34ページの構成です。自分史を記載するページは10ページほどにまとめられています。

また、表形式の部分が多いのが特徴です。項目がわかりやすく、記入しやすいエンディングノートだと思います。

このエンディングノートは、行政書士事務所が公開しているエンディングノートであるため、財産・相続・後見制度など、家族が知っておきたい情報も完備されています。

百人百想 > こちらからダウンロード可能です

docx形式で、全部で55ページの構成となっています。自分史を記載するページが31ページと多いエンディングノートです。小学校、中学、高校、父・母に関する記入に1ページずつ割り当てられています。また、家族に残すメッセージは、コンパクトで記入しやすくなっています。

上記では、ダウンロード版のエンディングノートをご紹介しましたが、ダウンロード版の場合、印刷をして、それに肉筆で書き込むことをおすすめします。

エンディングノートをキーボードで入力するって、問題ありませんか?

エンディングノートを書いてみたい。けれども、手書きが苦手の場合、パソコンのキーボードを打ち込んで入力するという書き方もあります。
実際、この方法は、ネットを検索するとたくさんのサイトがあって、無料ソフトのダウンロード先も色々と紹介されています。

わたしは、このようなダウンロード版のエンディングノートを入手して、キーボードで入力する方法に反対です。

その理由は、以下の通りです。

キーボードで入力する方法だと、データはパソコンの中に保存することになります。その場合、パソコンを開く方法がわからない場合、その内容をどうやって家族に見せることができるでしょうか。また、パソコンのどこに保存しているか分からなかったら、どうなるのでしょうか。さらに、パソコンが故障したらどうなるのでしょうか。

また、そのような問題を解消するために、データを他のメモリ媒体に保存しておく方法もありますが、メモリ媒体が壊れる場合もあります。

また、メモリ媒体のほかに、データを印刷しておけばよい、ということも言えますが、この場合、手書きの肉筆で書かれたものと違い、血の通わない、まるで事務的な文章のようで、どこか味気ないものとなります。

エンディングノートは、単なる記録ではなく、それを書いた本人の遺書ともなり、遺言ともなり、作品ともなります。ですので、やはり本人の肉筆で書かれた味わいがあってこそ、残された家族は故人を偲ぶことができ、エンディングノートの意味もあると思います。

無料配布のエンディングノートを入手する簡単な方法

無料で配布されている「エンディングノート」としては、葬儀社や葬儀社の紹介サイトに資料請求をすることによって、プレゼントされるものを利用するのが、一番容易に、しかも無料で入手できる方法となります。

このページでは、資料請求をすれば、エンディングノートが無料で入手できる2社をご紹介します。

  • 「よりそうのお葬式」のエンディングノート(MY NOTE):全30ページ
  • 「小さなお葬式」のエンディングノート:全18ページ

※いずれも各社のホームページに資料請求することで、パンフレットと一緒に送られてくる人気のエンディングノートです。

 >> エンディングノートを無料で入手する

資料請求で送付される人気のエンディングノート2冊

1)よりそうのお葬式の「エンディングノート」

シンプルなお葬式のオリジナルのエンディングノート

「よりそうのお葬式」のホームページから資料請求(無料)を申し込んだ方全員にもらえる無料配布のオリジナル「エンディングノート」です。
A4版30ページ。この「よりそうのお葬式」には、コクヨのような市販の「エンディングノート」に記載されている項目は、ほぼ全部網羅されています。

また、こちらのページに、「よりそうのお葬式」のエンディングノートの全ページを写真でご紹介してありますので、ご参考にどうぞ↓↓↓

>> 「よりそうのお葬式」のエンディングノートを写真で紹介

2)小さなお葬式の「エンディングノート」

小さなお葬式の「エンディングノート」無料資料請求で全員もらえます

「小さなお葬式」のホームページから無料の資料請求を申し込んだ方全員にもらえる無料配布の「エンディングノート」です。こちらのエンディングノートも、現在手配中です。A4版18ページ。

なお、「小さなお葬式」のエンディングノートは、以前はA4版30ページで無料配布されていましたが、後に私が資料請求すると、18ページになっていました。

内容は厳選されているものの、自分の情報、預貯金、年金、資産、借入金・ローン、クレジットカード、保険、携帯電話・パソコン、家族一覧、親族一覧、相続関係図、友人・知人一覧、告知・延命処置、葬儀、納骨場所、相続の項目があって、エンディングノートに必要なものは網羅されています。

また、こちらのページに、「小さなお葬式」のエンディングノートの全ページを写真でご紹介してありますので、ご参考にどうぞ↓↓↓

>> 「小さなお葬式」のエンディングノートを写真で紹介

※なお、資料請求は、申し込んだ一人に一冊提供されるので、例えばご夫婦でそれぞれ使いたい場合、各社に別々の申込みで資料請求をすれば、それぞれ入手できます。

無料配布のエンディングノートを入手する方法は?

このページでは、「よりそうのお葬式」と「小さなお葬式」で無料配布しているエンディングノートをご紹介しています。

これらのエンディングノートは、葬儀プランの紹介サイト「よりそうのお葬式」又は「小さなお葬式」に資料請求をした際に、特典として無料で送られてくるものです。

各社に資料請求を申し込む方法は、以下の各リンクをクリックすることで公式サイトを開き、そのページの「資料請求」のバナーをクリックすれば、申込みフォームが開きます。

そして、申込みフォームに必要事項を記入して送信すれば、数日後にパンフレットと共に郵送されます。

<注意>いずれに資料請求をする場合でも、申込みフォームに記載されている「資料の送付方法」は、「◎ご住所に郵送で送付」をお選びください。


シンプルなお葬式のエンディングノート【よりそうのお葬式のエンディングノート】全30頁・A4版

全部で30ページの構成。A4版。家族表が見開き2ページの構成であるなど、充実した内容となっています。ノートのタイトルは「My Note」で、エンディングノートというタイトルはつけられていません。


小さなお葬式のエンディングノート【小さなお葬式のエンディングノート】全18頁・A4版

以前は30ページ構成でしたが、今は、18ページの構成に変更され、簡潔な構成となりました。簡潔な内容を好む方にはおすすめです。A4版です。ノートのタイトルは「エンディングノート」となっています。

>>「小さなお葬式」のホームページはこちら


【関連記事】

<目次>

もしもの時に備えるエンディングノート

人間はいつ何時、最期を迎えるのか、だれにもわかりません。大病にかかったり、事故にあって、意志伝達が困難な状態になることがあるかもしれません。

そんな時、家族の方たちは、大変困った状況に置かれますが、エンディングノートが残されていたら、どれだけ役に立ち、助かることでしょうか。

現在の情報社会に生きる私たちには、今現在も整理しておくべき個人情報が沢山あります。そのような個人情報は、毎日の生活にも必要ですし、仮に、自分が亡くなったとき、パソコンの情報や銀行の情報、財産関係を明確にしておくためにも必要になります。

ですので、エンディングノートは以前にも増して必要なアイテムとなっています。

元気なうちにエンディングノートを残す

エンディングノートは、高齢者だけのものではありません。

上記のように、人間だれでも、いつ何時どのような状況になるのか、誰にも分かりません。ですから、元気なうちにエンディングノートを書き残しておく必要があります。身体が自由に動かなくなった時に、エンディングノートを書いておけば良かったと後悔しても、もう遅いんですね。

ですので、最近では、そんなエンディングノートの必要性に気づいて、年齢を問わず、若い人の中にも、覚書(特に、パソコン関係のパスワード、貯金通帳の情報、種々の有料契約のメモ書き)として、またいざというときの連絡帳として、エンディングノートを生活の中で習慣的に利用する方が増えています。

エンディングノートを残しておかなかったことで起きる問題は?

後に残る家族のことを思えば、はやりエンディングノートは書いておくべきでしょう。それは、逆に、エンディングノートを残しておかなったとしたら、どれほど、残る家族の方が困ってしまうかを考えると理解できることです。

というのは、現在では、人がなくなると生前の契約を解除するという手間が必要になります。銀行の口座の他にも様々な契約があり、夫々にパスワードが設定されていたり、個人情報であふれています。それらの個人情報をどれだけ家族の方が知っているのでしょうか。

エンディングノートは、遺産等の法律的なこと以外の、資産や負債、カードなどの情報、葬儀やお墓などの希望等を含めて、家族に残しておくべき、様々な情報や記録を書いておくべきです。

これらの情報や記録をエンディングノートに残しておけば、家族の負担がどれだけ軽減されるか、そんなことを思えば、やはりエンディングノートはぜひとも書いておき、残しておくべきものではないでしょうか。

エンディングノートは、親としての最後の勤めです

また、エンディングノートを残しておかなかったことで、残る家族や兄弟たちに争いが起きてしまうこともあります。それは、特に遺産の分与等で起きることが多いようです。そのようなことが起きないように、エンディングノートに家族への思いを書いておいたり、多くの遺産がある場合は、遺言書の作成によって、残された家族が平和に暮らせるように配慮することが、親としても最後の勤めになるのもしれません。

エンディングノートの意識調査

「国境なき医師団日本」が、「終活と遺贈に関する意識調査2016」という調査を行いました。

※国境なき医師団日本・・・医療・人道援助を行っている民間の国際NGOで、寄付、活動地への派遣、証言・広報を中心に活動し ています。1999年 にノーベル平和賞を受賞しました。

この調査は、インターネットで全国の15歳〜69歳の男女を対象に行なったもので、その調査結果の中から有効なサンプル1,000名の結果を集計しました。

そのなかに、終活についての調査結果があります。

終活の1つの手段として、「エンディングノートを用意しておきたいか」との質問に対して、「準備しておきたい」という人は、28.6%。

つまり、回答者全体の4分の1程度の方が、エンディングノートを準備しておきたいと回答しています。

年代別で見ると、高齢になるほど「準備しておきたい」が増えています。

「エンディングノートを作成するとしたら、書いておきたいこと」は何か、との質問に対しては、次の事項が上位に入っています。

  • 大切な人へのメッセージ
  • 資産の分け方
  • 延命治療の希望
  • 葬儀
  • 臓器の提供や献体

なお、「遺言書を用意しておきたいか」との質問に対して、「準備が必要」と回答した人は22.2%で、エンディングノートよりもさらに少ない結果でした。


【このページのまとめ】

無料配布のエンディングノートは、ダウンロード版で入手することも可能です。しかし、プリンターが必要だったり、冊子形式に綴じるのは面倒ですし、手間が必要になります。また、綺麗に綴じるためには、相当の技術が必要になります。

また、無料配布のエンディングノートは、ワードやエクセルで必要な情報を入力することで作成することも可能ですが、その情報をパソコンのどこに入力しているのか家族に伝えておかないと、後々、無用の長物になってしまいます。

無料のエンディングノートは、葬儀関係のサービス会社(人気のエンディングノートは「よりそうのお葬式」と「小さなお葬式」)等で配布しているものがおすすめです。

その理由は、上記の「よりそうのお葬式」と「小さなお葬式」とで無料配布しているエンディングノートは、よく考えられており、老眼でも見やすいように文字も大きく、たいへん使いやすいものに工夫して作られ、大変人気のエンディングノートとして知られています。その入手方法は簡単で、上記のように資料請求をするだけで、特典としてサービスで送ってもらうことができます。


ナビゲーション