エンディングノートのおすすめ 終活のために

終活に役立つ無料のエンディングノート おすすめは?

終活におすすめのエンディングノートは、自分の人生(余生)の役に立ち、家族の役に立つものです。

エンディングノートは、ブームや人気だけで選ぶのではなく、簡単に書くことができるように、項目別に整理されているものを選びましょう!

<目次>

終活のためにおすすめのエンディングノートとは?

最近は、終活がブームのようになっています。そして、終活に取り組む基本的なアイテムとしては、エンディングノートがおすすめです。

エンディングノートは、家族の為に、自分の「もしも」の時の為にお願いしたいことを書き留めて置くことができるノートです。

エンディングノートを書くのは、自分自身のためになるほか、残された家族のためになるというメリットがあります。これがエンディングノートを書く本来の意味ですが、書式化されたエンディングノートの項目を埋めているときでさえ、エンディングノートは自分のために書いているものだと、思えるようになります。

終活は一種のブームのようですが、まずエンディングノートを書くことによって、人生を振り返ることができ、残りの人生を少しでも有意義に生きようという決意もできます。

例えば、生命保険の事や病気などの場合は延命治療について、死亡した場合は葬儀の会場や進め方などについて、あなたに代わってエンディングノートが伝える役割を果たしてくれます。家族や、友人にとってはあなたの意思を言葉として知る大切なノートとなります。

終活で使うエンディングノートと遺言書の違いとは?

エンディングノートと遺言書は異なるものです。その大きな違いは、遺言書とは死後の最終意思を示すもので、民法に定める方式で作成されます。

一方、エンディングノートに法的な効力はなく、近況や身体の状態などを伝えるためのメモ感覚で書くようにすれば、気楽な気持ちで書くことができるようになります。必要なら、遺言書とエンディングノートの両方を書いておくのが望ましいでしょう。

なお、エンディングノートは法律上の文書ではありませんから、どんな形で書いても問題ありません。

また、最近では葬儀関係のサービス会社でエンディングノートを配布しているところもあります。さらに、市販品として、コクヨ等がエンディングノートを販売しています。エンディングノートを書こうと思っても何を書いたら良いのか分からない場合、書くべき内容が項目別に整理されているノートを利用すると簡単に書くことができます。

終活で使うエンディングノートに書いておきたいこと

エンディングノートは、自分の「もしも」の時に、あなたの代わりになって、あなたが必要としている事を伝えてくれるノートです。では、どんなことを書いていけば良いのでしょうか。

  • 自分の生い立ちや経歴など
  • 自分の持病
  • 常用している薬やサプリ
  • もしもの時、延命治療などをどこまで希望しているか
  • 葬儀の形態
  • 保険の情報
  • 銀行関係の情報
  • 貴重品の情報
  • 友人や知人などの連絡先

これらは、最低限、エンディングノートに書いておくべき内容です。

終活を始めるときがエンディングノートを書くタイミング

エンディングノートを書き出すタイミングは、自分がエンディングノートを書いておこうと思った時が、エンディングノートを書くときです。最近では、若い方がエンディングノートを書いていたり、「死ぬまでにやりたい100のこと」などを書くことも書くこともあるようです。

そんな若者も含めて、エンディングノートを書くことは、「自分の生き方」を見直せる機会になるため、自分の人生を考えたいときに「エンディングノート」を書くのが一番良いタイミングではないでしょうか。

エンディングノート おすすめ 終活

エンディングノートをどうやって入手しますか?

ところで、大きな書店ではたくさんのエンディングノートが販売されています。コクヨのエンディングノートが最もよく知られており、Amazonでも一番の人気となっています。

ただし、書店で購入するエンディングノートは有料ですから、このサイトでは、エンディングノートを無料で入手する方法をご紹介します。なぜ、無料のエンディングノートをおすすめするかというと、まず、実際にエンディングノートを無料で入手して、その内容を検討してみましょうということです。

そして、無料のエンディングノートで十分だと思えば、そのまま使用すればよいし、さらに市販のエンディングノートを探して比較することも可能となります。

エンディングノートをダウンロードで入手する方法もあります

無料でエンディングノートを入手する方法として、ダウンロード版のエンディングノートもあります。しかし、これにはプリンターが必要になります。また、ダウンロード版を印刷する方法では、製本もされていませんし、表紙がしっかりしておらず、きちんと残しておくのには問題があるように思います。

また、最近では、エクセル形式のエンディングノートをダウンロードしてパソコンに入力する方法もありますが、やはり印刷をしておかないと、その情報をどこに記録してあるのか、家族が分からなくなる恐れもあります。さらに、パソコンに記録した内容を失ってしまうこともあります。

ですので、エンディングノートはやはり、冊子として、しっかり綴じられたものを入手するのがおすすめです。

おすすめのエンディングノートを無料で入手する簡単な方法

無料のエンディングノートとしては、葬儀屋さん等のサービス会社が提供しているものを利用するのが、一番容易に入手できる方法となります。それに、葬儀社の編集したエンディングノートは、終活の役にたつ内容として、さすがによく考えられて作られています。

無料のエンディングノートが入手できる葬儀社として次の3社をご紹介します。

  • 1)「よりそうのお葬式」のエンディングノート
  • 2)「小さなお葬式」のエンディングノート
  • 3)「さがみ典礼」のエンディングノート(あんしんノート)

※いずれのデンディングのノートも、ホームページから資料請求をすれば、葬儀に関する資料といっしょに無料で送られてきます。

ただし、資料請求をするとき、「ご住所に郵送」というように、資料請求の送付方法を指定する必要があります。なお、この「ご住所に郵送」は、よりそうのお葬式の資料請求をする際にチェックを入れておく項目の一つです。

無料で送ってもらえる3社のエンディングノートをランキングで示すと、次の通りです!

NO.1)「よりそうのお葬式」のエンディングノート

よりそうのお葬式 エンディングノート

「よりそうのお葬式」のホームページから資料請求(無料)を申し込んだ方全員に送ってもらえるオリジナルの「エンディングノート」です。A4版で30ページ構成となっています。葬儀社の作ったエンディングノートは、さずがに終活の役に立ちます。

「よりそうのお葬式」のエンディングノートをランキングの1番にした理由は、「小さなお葬式」のエンディングノートが18ページの構成であるのに対して、「よりそうのお葬式」のエンディングノートは30ページの構成となっており、内容的に充実しているからです。

NO.2)「小さなお葬式」のエンディングノート

小さなお葬式の「エンディングノート」無料資料請求で全員もらえます

「小さなお葬式」のホームページから無料の資料請求を申し込んだ方全員にもらえる「エンディングノート」(A4版18ページ構成)です。このエンディングノートもまた葬儀社が編集したエンディングノートですので終活におすすめです。

「小さなお葬式」のエンディング―とは、全ページ数が18ペーで、「よりそうのお葬式」のエンディングノートよりもページ数が少なく、内容がより簡潔になっています。ですので、最小限の内容をシンプルに書きたい方にはおすすめです。

※「よりそうのお葬式」と「小さなお葬式」のエンディングノートに関しては、全ページを写真に撮ってありますので、ご参考にしてください。
>> 2社のエンディングノートの全ページの写真はこちらにあります

NO.3)「さがみ典礼」の「あんしんノート」

さがみ典礼のあんしんノート

さがみ典礼では、エンディングノートのことを「あんしんノート」と呼んでいます。この安心ノートも上記の2社と同様にA4版で、全部で22ページでしたが、内容が葬儀関係が中心となっていました。ですので、さがみ典礼の「あんしんノート」は、ランキングの3番としてあります。

また、さがみ典礼に資料請求すると、すぐに担当者から電話がかかってきて、色々と聞かれることも煩わしいものです。これに対して、「よりそうのお葬式」と「小さなお葬式」の場合、資料請求をしても、2~3日で郵送されてきますので、電話がかかってくるという煩わしさもありません。

なお、エンディングノートのタイトルは、よりそうのお葬式は「MY NOTE」、小さなお葬式は「エンディングノート」、さがみ典礼は「あんしんノート」となっています。

結局、どれにするか迷ったら、各社に資料請求して、それらを実際に手に持ってページを開くのが一番よいと思います。実際に使用しているレビューとして、独断ですが、特におすすめは「よりそうのお葬式」か「小さなお葬式」のエンディングノートです。


【関連記事】

終活・エンディングノートに関する調査の結果は?

2016年の「終活・エンディングノートに関する調査」では、60代・70代のシニア世代1000名を対象にアンケートを取った結果が出ています。

この調査で明らかにした「終活」と「エンディングノート」の定義について。

まず、終活とは、「人生の終わりをよりよく締めくくるための準備をし、より良く自分らしく生きていくための活動」のことです。

一方、「エンディングノート」とは、万が一の時に備えて、家族へのメッセージや終末期医療の方針、葬儀や墓のこと、保険や財産に関する情報などを書き留めておくノートのことです。

  • 『終活』という言葉の認知率・・・60代・70代とも80%。半数以上が「時期が来れば『終活』を行いたい」となっています。
  • 『終活』を行う理由・・・1位は「家族に迷惑をかけたくないから」が71%。なお、男女間で差が見られたのは「これからの人生をよりよく生きたいから」で、女性の方が男性よりも5ポイント高い結果になっています。
  • 『終活』という言葉の認知率・・・60代・70代とも80%。半数以上が「時期が来れば『終活』を行いたい」ということです。
  • 『終活(にあたること)』を「すでにやっている」方は9%、「近いうちに始めようと思っている」方は9%、「時期が来たら行いたいと思っている」方は56%でした。合わせて74%の方が、『終活』に関心を持っているという結果です。
  • 『終活』を行う理由・・・1位は「家族に迷惑をかけたくないから」71%、2位は「病気やけがなどで寝たきりになったりした場合に備えて」40%、3位は「自分の人生の終わり方は自分で決めたいから」32%でした。

男女で差が見られた理由は、「これからの人生をよりよく生きたいから」「病気やけがなどで寝たきりになったりした場合に備えて」という理由が明確になっており、女性の方が男性より5ポイント高い結果となりました。女性の方が、前向きに『終活』に取り組もうとしている人が多いのかもしれません。

「終活を行っている」、または「行おうと思っている」と答えた方の736名に「終活」の内容について聞いたところ、56%が「これまでの人生でやり残したこと」を行いたいから、という答えが多く、全体の60%が「人生でまだやり残したことがある」と回答しています。

「やり残していること」の内容で、圧倒的に多いのは「旅行」に関連する内容で、「世界一周」「海外旅行」「夫婦で旅行」など、37%が該当しました。

次いで多かったのは、「子どもや孫」についての内容で、『「どもの結婚」「孫の成長を見届けたい」など、13%が該当しました。

以上のように、人生を悔いなく生きたいという願望はだれもがもっているもので、そのために余生の計画をエンディングノートに託していることが分かります。人生のやり直しは可能ですが、余生のやり直しはききません。やり直しのきかない余生だからこそ、しっかりと計画をして、悔いのない人生にしたいものです。

遺品整理

「遺品整理」とは、単に故人の遺品を処分したり片づけることではなく、故人を偲びながら、故人との生前の想い出を感情的にも整理するために行うものだと思います。しかし、体力的・精神的に、ご遺族に負担がかかってしまうため、そのような負担をかけないように、生前整理をする方も増えています。

生前整理

生前整理とは、自分の残りの人生をスッキリと暮らすために、自分の家財道具の必要性を再検討し、事前に自分自身の持ち物を整理することです。

生前整理を行う時期

生前整理を行う時期は、子どもが独立したり、定年を迎えたりしたときのように、人生の節目の時などが一つのタイミングとなります。そのとき、できれば配偶者や子どもといっしょに協力して行なうのがおすすめです。


ナビゲーション