ペットのお葬式 海洋散骨

ペットが亡くなったらどうしますか?

犬や猫等のペットは、寿命が人間よりもはるかに短いため、長い間、ペットをかっている家では、何度かペットの死に遭遇することになります。

インターネットを見ると、「ペットが亡くなったらどうしますか?」という質問がありました。その質問に、大勢の人が自分の体験を通して答えていました。

その内容を整理すると、次のようになります。

1)犬や猫などのペットは保健センターなどに電話をすると引き取って、火葬してくれます。しかし、火葬したあとのお骨が欲しい場合、保健センターでは応じてくれないので、その場合は、ペット専門の葬儀業者にお願いする必要があります。ただし、有料となります。

うさぎやハムスター等の小型動物の場合は、庭等に埋めても良いでしょう。

2)地元近郊の動物霊園(ペット霊園ともいいます)で火葬をしてもらい、お骨を拾って(動物霊園の担当者が拾うか、依頼者が拾うかは動物霊園によって異なります)家へ持ち帰り、何らかの形でお弔いをします。祭壇を作って49日までお花とお線香を絶やさず行った方もいます。

3)火葬後のお骨は、庭や野原等の土の中にうめる。この時、庭等に骨壺のまま埋める人もいて、小さな手作りのお墓をつくる人もいました。さらに、思い出の海に灰をまいてあげたという人もいました。

4)現在、海洋散骨でペットのお骨を受け付けてくれているところもあります。大型の犬や、海のそばをいつも散歩していた愛犬の場合など、海洋散骨も好ましい葬儀方法だ思います。

私の場合:飼っているペットが亡くなったとき

だいぶ以前の話ですが、自宅で飼っている愛犬(小型犬)がトラックに轢かれました。田舎に住んでいた時のことです。近くに犬猫病院などのないところです。愛犬は腰骨のあたりがバラバラになりました。父は、段ボールの中に毛布を入れ、その中に愛犬を入れてやりました。

私たちが近寄ると、今まで見たことのない顔つきをしてうなります。私たち子供では、餌を与えることすらできない状態でしたが、父が与える餌だけは食べました。その状態で愛犬は2〜3カ月ぐらいじっとして、自力で回復し、少しびっこをひきながらも、走れるまでになりました。

しかし、あるときから、縁の下にもぐることが多くなり、気が付くと妊娠をしていました。昔の田舎のことですから、放し飼いにすることも多かったのです。

そして、いよいよ出産となりましたが、交通事故で腰骨がバラバラになっていたため、全部の子犬が死産で、外にうまく出ることができません。父が愛犬の尻から、子犬の足を引っ張って出してやろうとしましたが、結局うまくいきませんでした。

愛犬を段ボールに入れて台所の食卓の近くに置いて、皆で見守りましたが、夕刻、私たちが食事をしている最中、にっこりとほほ笑んだような表情をして目を閉じました。姉は、お箸を口にくわえたまま大声で泣きました。その愛犬は、姉が道端に放置された段ボールの中の子犬を拾ってきたものでしたから。

その後、父と姉と弟と私で、愛犬を祖父のお墓の隣に埋めてやりました。そして、みんなで手をあわせて祈りました。

かわいがっているペットの死は、人の死と同じように悲しいものです。私の場合は、田舎のことで広い墓地もありましたから、愛犬の遺体を地中に埋めてやることができました。

しかし、都会に住んでいる場合、そうもいきません。

かわいがっていたペットが亡くなったときは、火葬なり、海洋散骨なり、家族のみんなが納得いく形で弔ってやりたいものです。


【関連記事】

ペットの散骨もできます>>【シンプル葬の海洋散骨】公式サイト


ナビゲーション