本文へスキップ

お葬式 費用

お葬式の費用について

お葬式をする際、おそらく最も心配なのは、お葬式の費用のことだと思います。

数年前の資料ですが、全国の平均費用は、約200万円とのこと。しかし、この金額は、あまり納得が行きません。

というのは、私の父の時の葬儀では、年末に父が亡くなり、12月31日にお通夜を行い、元旦は葬儀場が休みのため、2日に告別式を行いました。その間、葬斎センター(高知県土佐市の新しい葬祭センター)を貸し切りで宿泊までして、ちょっとしたホテルのようなベッド室で就寝できましたし、お風呂やシャワーまでついていました。親族控え室も貸し切りでしたし、葬儀のほうも100名ほどの一般葬でした。

高知市の火葬場では、火葬の待機の際に料理をふるまいました。そのようなお葬式で、130万円ほどの料金でしたので、全国の平均費用約200万円は、ちょっと費用をかけすぎだと思います。

葬儀は出費だけではなく収入もあります

葬儀は出費だけではなく、収入もあります。収入とはお香典のことです。「お香典」は、葬儀における「収入」となります。ですので、大規模のお葬式だといっても、お香典の収入を考慮すると、お葬式に要した費用の全額が出費となるものでもありません。

「香典」は、お香や線香の代わりに霊前(火葬後は仏前)にお供えするものという意味で、仏式葬儀の礼法です。しかし、現代では宗教に関係なく、お悔やみの気持を示すものとして、お通夜かお葬式に持参し、喪家に渡すものとして一般化しています。

香典には、葬儀を行う喪家を支援する意味もありますので、葬儀費用の出費に差し引きして、お葬式にかける費用を計算することになります。

また、最近では、生命保険に葬儀費用の補助を組み込んだ商品もあります。これは、故人がそのような保険契約をしていた場合に適用されるもので、葬儀の「収入」となります。

さらに、健康保険組合では加入者が亡くなったとき、葬祭補助金とか、埋葬費などの名目で一定額を支給してもらえる制度もあります。

最近の葬儀では、お葬式なしの直葬(火葬)や少人数の家族葬が選ばれる傾向があります。しかし、小規模のお葬式だと、お香典の収入が少額となることが見込まれますし、大規模のお葬式でも、お香典の収入を考慮すると、単に小規模のお葬式だけが、お葬式の費用を抑える方法ではないことを考慮すべきです。


葬儀の費用を考えると、葬儀社選びが問題になります

葬式準備をしなければらない事態になったとき、どのようにして葬儀社を決めるかが問題になります。葬儀社の選び方によって、葬儀費用も数十万円の差が生じるからです。また、葬儀に高額の費用をかければ良いお葬式ができるとも限りません。

特定の葬儀社が決まっていない時、どのようにして葬儀社を決めるか、なかなか難しい問題です。

しかし、最近ではインターネットを利用して、複数の葬儀社の葬儀費用の相場やサービス等を事前に知ることができるようになりました。

「葬儀レビ」という複数の葬儀社の無料見積りサービス

このサイトでおすすめしている「葬儀レビ」は、厳しい基準を設けて全国の優良な約500の葬儀社と提携しており、ネットで一括見積(無料)の申し込みをすれば、地元近郊の最大10社の葬儀社と葬儀費用の一括見積りを出してもらうことができます。

葬儀レビで葬儀社の一括見積りを知る。葬儀社を比較しましょう。

複数の葬儀社の見積もりを比較することが可能

そのようなサービスを利用することによって、各社の費用を比較することができ、葬儀社選びの参考にすることが可能となります。また、格安でも良い葬儀を行うことが可能になります。

葬儀レビについては、こちらのページに詳細なページを作ってありますので、ご覧ください。

>>葬儀レビの詳細・利用方法


ナビゲーション