本文へスキップ

後悔しないお葬式 葬儀社選び

遺体の安置場所について

病院で亡くなった場合

病院で亡くなった場合、遺体をどこに運ぶか決めなければなりません。

おもな遺体の安置場所としては、自宅か、葬儀社などの遺体安置所があります。一般には自宅に連れて帰り、家族と最後の時間を過ごします。

家が狭くて安置できない場合や、亡くなったことを近所の方に知られたくない場合は、葬儀社などの遺体安置所に搬送します。

自宅に安置する場合

遺体には死化粧をし、白の死装束を着せますが、最近は故人の気に入っていたものを着せることも多いです。

なお、死化粧は、目が開いていたら閉じてあげます。口が開いていたら包帯などでしばらく支えておきます。髪をととのえ、遺体を清め、男性なら髭を剃り、女性は薄化粧をして安置します。闘病でほほがこけていたら、含み綿を入れて、おだやかな顔になるようにしてあげるとよいでしょう。

遺体はすぐには納棺せず、仏間か座敷に北枕もしくは西枕に安置し、顔を白い布で覆います。また、宗派にもよりますが、手は合掌させ、数珠をかけます。遺体のそばに小机を置き、線香、ローソク、花などを供えて枕飾りとします。

また、血縁の近い順に末期の水として、新しい割り箸の先に脱脂綿やガーゼを白糸でくくり、茶碗の水に浸して故人の唇をぬらしてあげます。


ナビゲーション