本文へスキップ

後悔しないお葬式 葬儀社選び

葬儀の手続きについて

葬儀の打合わせ

喪主になる人

葬儀には喪主が必要です。喪主は、配偶者や長男等の故人と最も縁の深い人がなります。

具体的に、喪主は、夫婦の場合には配偶者、或いは長男(場合によっては、次男三男など)が勤めます。長男が小さい場合には、伯父などが後見人となって喪主を代理することになります。

葬儀社と相談しながら、お通夜・葬儀の形式や規模、日時、場所、予算などを決めます。

葬儀の連絡

なお、葬儀の一般会葬者への連絡は通夜・葬儀の日程が決まってから連絡します。そのため、事前に連絡帳を作っておくとよいでしょう。

通夜・葬儀の日時は、ご僧侶等の都合もあるので、事前に相談しておく必要があります。戒名を決める場合は、お通夜までに決めることになります。

仮通夜と告別式

一般には亡くなった日の夜が、仮通夜(身内だけの通夜)、翌晩が入棺・通夜、翌々日が葬儀(告別式)となります。

ところで、通夜・葬儀の日程は、僧侶の都合、会葬する親戚の距離、火葬場の予約状況等を考慮する必要があります。

まず、僧侶に連絡して、日程を調整してください。

また、遺族は、遺影写真、喪服や数珠などを用意します。

葬儀委員長などの世話役代表をたてる場合は、早めに連絡してお願いをしておきます。

さらに、葬儀のお手伝いをしていただく方にお願いをし、ご都合などの確認をします。

一方、葬儀社の指示等によって、供花、供物、弔電などを準備し、整理します。これらのことは、葬儀社との相談の上で準備ができます。


ナビゲーション