本文へスキップ

後悔しないお葬式 葬儀社選び

死亡・葬儀の連絡について

死亡・葬儀の連絡は、知人や友人にも手伝ってもらうのが賢明です

この連絡は、身内や友人知人で行います。というのは、故人の人間関係は、身内で把握できないこともあり、知人や友人の知る関係性に頼って、お願いすることが、後に問題にならずにすむ場合もあるからです。

死亡や葬儀の日程を知らせる相手

死亡を知らせる相手は、親族、故人と親しかった友人・知人、勤務先、隣近所、町内会などです。

連絡は、故人と自分の関係・死亡日時・死因などを手短に伝えます。

葬儀の日程が決まっている場合は、日程・会場も伝えます。

友人・知人などは、グループの代表者に連絡して、その人からほかの人へ連絡してもらうようにします。

連絡リスト

あらかじめ連絡する人のリストを、亡くなってすぐ連絡する人、葬儀の日程が決まってから連絡する人に分けて用意しておくのが良いかと思います。


いざというときの備えに、エンディングノート(メモリアルノート)が役に立ちます。

エンディングノート(メモリアルノート)を書くメリットは?

1.葬儀の際の連絡先や、大事な書類の場所など、本人にしか分からないことを書いておいて、家族に知らせることができます。

2.どんな友人がいたのか、どんな出来事があったのか、先祖のことや家族のこと、遺言(財産分与など)として残しておきたいことなどを整理しておけば、葬儀の際や、残された家族の役に立ちます。

なお、エンディングノートに書いた財産分与等に関しては、法的な効力はありません。

3.家族に対するメッセージをエンディングノートに残しておくことで、後に残った家族の悲しみを癒す効果がある。思い出の共感や本当の想いを家族に伝えることもできます。

エンディングノートに何を使えばよいの?

こんなエンディングノートですが、どのようなものに書いても自由です。

また、大手の葬儀社やサービス会社では、エンディングノートを無料で提供しているところもあります。

エンディングノートが無料で入手できるサービス会社

1)「シンプルなお葬式」のエンディングノート

2)「小さなお葬式」のエンディングノート

※いずれも各社のホームページで資料請求(無料)をすれば、郵送等で入手できます。

1)シンプルなお葬式の「エンディングノート」

シンプルなお葬式のオリジナルのエンディングノート

「シンプルなお葬式」のホームページから資料請求(無料)を申し込んだ方全員にもらえる「エンディングノート」です。

「シンプルなお葬式」のエンディングノートは、使用者の声を参考にして役に立つ内容のオリジナルエンディングノートになっています。

入手方法は>>「シンプルなお葬式」のホームページ

※「シンプルなお葬式」に資料請求をした場合、担当員から電話がかかってくることもなく、2~3日で郵送で届けられます。

また、資料やエンディングノートの入った封筒には、「株式会社みんれび」という社名と住所が書かれているだけで、「葬儀」関係の文字は一切ありませんので、その関係の資料だということはまずわからないでしょう。

2)小さなお葬式の「エンディングノート」

小さなお葬式の「エンディングノート」無料資料請求で全員もらえます

「小さなお葬式」のホームページから無料資料請求を申し込んだ方全員にもらえる「エンディングノート」です。

実際に入手してこの分かったことですが、「小さなお葬式」の「エンディングノート」が一番、表紙が厚くてしっかりしています。

入手方法は>>「小さなお葬式」のホームページ

※「ちいさなお葬式」の場合も、資料請求をした後、担当員から電話がかかってくることもなく、2~3日で郵送で届けられます。

また、資料やエンディングノートの入った封筒には、「株式会社ユニクエスト・オンライン」という社名と住所が書かれているだけで、「葬儀」関係の文字は一切ありませんので、葬儀関係の資料だということはまずわからないでしょう。

ナビゲーション