本文へスキップ

後悔しないお葬式 葬儀社選び

通夜の準備・受付・会計係等について

通夜の準備・受付等

通夜・葬儀の裁断飾り

通夜は、本来は、葬儀・告別式の前夜に行われるものです。遺族や親族、故人をよく知る友人や知人等が集まり、夜を徹して遺体に付き添います。そして、線香と蝋燭の灯を絶やさずに棺を守り、故人を偲んで別れを惜しむものです。

最近では、通夜に一般の弔問客を迎えて行うのが普通になりました。

その場合、1~2時間程度で通夜の法要(通夜法要)を行い、会葬者に「通夜振る舞い」として飲食の接待をして終わる形式の「半通夜」を行うのが一般的となっています。

葬儀や告別式は午前や日中に行われるため、仕事などの都合で出席できない場合もあり、通夜の弔問や会葬者が多くなる傾向にあります。

通夜法要に関する流れ等

祭壇飾り・式場設営

式場にて、葬儀社が、祭壇の飾りや受付、通夜振る舞いなどの設営を行います。また、ご遺体を納めた棺を安置も、葬儀社が行います。

遺族・親族には控室が用意されますので、速めに到着して、準備を整えます。着替えや飲食は、控室で行うことができます。

供花の配列と贈り主の確認

供花は通夜の行われる斎場に直接届けられます。供花は、花輪や花籠の一基ごとに贈り主の名札板を付けるのが一般的ですが、配列順序には配慮が必要です。

配列順序の基本は、故人との関係の深さから配列します。

具体的には、喪主、遺族、親戚、友人・知人、企業や団体の順に配列するのが儀礼にかなうことになっています。

弔問客の受付

定刻になったら、葬儀社の案内があり、弔問客の受付を始めることになります。

通夜・葬儀の受付

お葬式の受付の係は、弔問客が一番最初に接する人ですから、丁寧で失礼のない態度と挨拶で、親切な対応を心がけたいものです。

受付の主な仕事は、弔問客からのお悔やみ・香典を受け、芳名カードも受け取って照合するとともに、御礼を申し述べ、式場へ案内します。

お葬式の会計係について

会計係の方は、受付の済んだ芳名カードと香典の表書きを照合し、香典金額を確認して芳名カードにも記入します。

特に、会計係の方は、お金を扱う作業となりますので、後々のトラブルにならないように、香典の表書の金額と弔問客のお香典の金額とを照合することが大切です。

しかし、この照合の作業は、マナーとして、弔問客から見えないように、受付の後ろやつい立てをたてる等の工夫をするようにしましょう。

また、喪家側からの依頼がない限り、金額のチェックを行った後、お金は香典袋に戻しておきましょう。なお、香典袋は連番順にまとめておくと、葬儀後に喪家側が確認しやすいものとなります。

また、弔問客が多い時は、会社関係・親族・友人などと、分けておくと喜ばれます。

葬儀が済んだら、遺族に受け渡しをしますが、人任せにしないで直接渡すことによって、トラブルを防ぐことができます。


ナビゲーション