本文へスキップ

後悔しないお葬式 葬儀社選び

お葬式の流れについて

葬儀、告別式、出棺等

お葬式とは

一般には通夜が明けた翌日の日中に、葬儀と告別式を行います。葬儀と告別式とを総称して「お葬式」と称しています。

葬儀式

葬儀は、故人の死を悼み仏や神に祈る宗教儀式です。

故人または喪家の信仰する宗教・宗旨宗派・教団によって定まっている葬送儀礼に則って行われます。

日本では、現在のところ、大半が仏式によって行われています。その儀礼や作法は宗旨宗派によって違いがあり、それら儀礼が意味するところや葬儀の意義も宗派の教義によって異なります。

従って、仏式葬儀であっても、遺族は故人および喪家の宗旨宗派を正確に知り、葬儀社に伝えることが重要になります。

それぞれの宗派における葬儀式の意義や手順、儀礼・作法などについては、住職や導師をされる僧侶または葬儀社に尋ねるようにしてください。

告別式

告別式は故人と最期のお別れをする儀式です。

従来は、葬儀に引き続いて会葬者全員が墓地まで出向き、埋葬前に最期のお別れをする儀式でした。

現在では、葬儀式に引き続いて、棺を閉じる「石打ち」前に故人に別れを伝え、遺体に「別れ花」を行うことなどが告別式にあたるものです。

出棺

葬儀・告別式の終了後、ご遺体を納めた棺を霊柩車(寝台車)に乗せ、遺族や近親者が随行して火葬場に運びます。これを出棺と言います。

蓋を閉じた棺を式場から運び出し、霊柩車(寝台車)に乗せます。

棺は近親者数人の手で持ちます。なお、本来は、喪主や遺族は棺を運ばないものとなっていますが、その時の状況にもよるものです。。

そして、棺の乗車口を開けた状態で、喪主が会葬者に謝辞とお別れの挨拶を行います。
(私の場合、葬儀社の方がこの挨拶の言葉を述べてくださいました。その際、遺族は並んで一礼をしました。)

次に、霊柩車の扉が閉じられ、長いクラクションとともに火葬場へ向けて出発します。 一般会葬者は合掌してこれを見送ります。

霊柩車への同乗者

霊柩車には喪主または遺族1~2名が同乗します。

通常、先頭の霊柩車に運転手と喪主が乗り、喪主は遺影を持ちます(私の父が亡くなった時、私が喪主でそうしました。)

しかし、喪主の悲しみが深い場合、霊柩車(寝台車)に続く先頭のタクシーに乗る場合もあります。故人の死で一番ショックを受けている喪主を一人きりで霊柩車に乗せるのは酷であるという配慮からです。

運転手に対する寸志

なお、霊柩車の運転手に対する寸志は、葬儀社の方に確認して下さい。

斎場や葬儀社のクルマの場合、寸志不要のこともあります。(私の場合、寸志のことなど一切忘れていました。というより、そのようなものが必要であることに気が付きませんでした。)

火葬場へのマイクロバスの準備等

火葬の会葬者が多い場合は、葬儀社がマイクロバスなどを手配します。このため、火葬場まで行く人数を把握し、葬儀社に伝えておくことが必要です。また、火葬場に向かう遺族や近親者の車に乗り合わせることが可能な場合もありますので、状況を把握ておく必要があります。


ナビゲーション