訃報が届いたときの対応

訃報が届いたときの対応は?

親族や親しい友人が亡くなった場合

親族や親しい友人が亡くなった場合は、すぐに弔問に駆けつけ、手伝いを申し出るべきです。

また、故人と親しい間柄の場合は、他の友人や知人への連絡係を引き受けるのも親切です。また、親しい近所付き合いをしている場合も、何かお手伝いをすることはありませんかと、お尋ねをするのが遺族の方にも親切になると思います。

手伝いが不要な時は、通夜の時間や場所を訪ねて、通夜にお伺いすることを伝えて、辞去します。

また、やむをえない事情で通夜や葬儀に参列できない場合は、代理人を立てられるなら立てるか、代理人がいない場合は、葬儀の前日までに弔電を打ち、後日弔問します。

故人とそれほど親しくない場合

通夜や告別式のどちらかに参列するのと良いでしょう。

お悔やみを述べる場合、お悔やみは簡潔に

お悔やみの言葉は、故人の死を悼み、遺族を慰めいたわるものです。言葉にできない場合は、「このたびはご愁傷さまでございます」という言葉だけでも十分です。

故人との対面をする場合

弔問した際に遺族から故人との対面を勧められた場合、

「ありがとうございます。お別れをさせていただきます」と挨拶をして、対面させてもらいます。

ただし、遺族の側にも様々な事情があり、故人の顔を見せたくない場合もありますので、故人との対面を弔問者から申し出ることは控えましょう。

対面の方法は?

故人の枕元に近づいて正座し、合掌をして一礼をします。そして、遺族が顔の白布をはずしたら、少し近づいて故人と対面し、合掌して冥福を祈る。

そのとき、できれば、遺族に、「安らかなお顔ですね」などと、いたわりの言葉をかけ、少々の会話を交わした後、遺族に一礼してその場を離れましょう。


ナビゲーション