お通夜 告別式 服装

お通夜や告別式での服装は?

お通夜や告別式ではどんな服装をしたらよいのでしょうか?

参列者 男性の場合 お通夜

男性の場合、お通夜では、(急いで駆けつける場合もあるため)紺やグレーなどのダークスーツでかまいません。

参列者 男性の場合 葬儀・告別式

葬儀・告別式では、一般的な正装として、ブラックスーツを着用します。どちらの場合も、ワイシャツは白無地で、靴や靴下やネクタイは黒を身に着けましょう。ネクタイピンやカフスボタンは外しておくのが常識です。

参列者 女性の場合 お通夜

女性の場合、お通夜では紺やグレーなどのワンピースやスーツといった地味な服装に、黒もしくは肌色のストッキングを合わせます。

参列者 女性の場合 葬儀・告別式

葬儀・告別式は黒のアンサンブルやワンピース、スーツに黒いストッキングが一般的です。アクセサリーは真珠の一連のネックレスを。靴やバッグは光沢のない黒で統一し、肌の露出や派手なメイク、ネイルは避けます。

喪主、喪家の場合 男性

男性の場合は、和装なら黒羽二重染め抜き5つ紋の着物と羽織に仙台平の袴、角帯を着用します。足袋は白か黒、ぞうりは黒の鼻緒のものをあわせます。

洋装では黒のモーニングコートが正装です。これは葬儀・告別式の場合の正装で、お通夜ではブラックスーツを着用します。

ただし、現在ではお通夜・ご葬儀・告別式を通してブラックスーツ着用が一般的です。ワイシャツは白無地、靴や靴下、ネクタイなどの小物は黒で統一します。

喪主、喪家の場合 女性

女性の和装は、黒無地染め抜きの5つ紋の着物が正式です。半えりと足袋は白、それ以外のバッグやぞうりなどの小物類は黒に統一します。

洋装ならワンピースやアンサンブル、スーツなどブラックフォーマルに、黒のストッキングをあわせます。バッグや靴などの小物も光沢がない黒に統一します。アクセサリーは白か黒の真珠、黒曜石など一連のものにします。

喪主、喪家の場合 子供

子どもの場合は学校の制服を着ます。制服がない場合、白の襟付きシャツやブラウスに地味な色のパンツ、スカート、上着を着用します。


ナビゲーション