通夜やお葬式にお呼びする人は?

通夜やお葬式に、お呼びする人はだれ?(告知の範囲)

家族が亡くなったとき、通夜やお葬式に誰を呼べばよいのでしょうか?

通夜や葬式は突然のことが多く、出席者にも負担となります。しかし、通夜や葬儀の連絡を受けて文句を言う人はいないため、出席者はその負担を甘んじて受けることになります。そのため、お通夜やお葬式に誰を呼ぶべきかについては、充分に検討をすべきです。

  • とくに、普段ほとんど交流の無い結縁の薄い親戚まで連絡をすべきか?
  • 故人が定年退職前に勤めていた仕事の同僚にはどうするか?
  • あまり付き合いのない近所の方たちにはどうするか?
  • という告知の範囲をどこまでにするかについては、基本的に、一般的な原則に従って選び、加えて生前の関係の内容や深さで決めるべきです。

以下、一般的な連絡範囲について説明します。

まず親族については、一般的に三親等ぐらいまでに連絡するのが通例です。三親等というと、故人の両親、子供、兄弟、祖父母、叔父や叔母、甥や姪などが該当します。また、故人の配偶者については、配偶者とその両親、兄弟ぐらいまでに連絡するのが一般的で、実際に出席するかどうかは自己判断に任せましょう。

次に、友人についてですが、家族が、故人の友人関係を全て把握しているかどうかは不明です。そのため、家族の判断で故人が生前に親しくお付き合いをしていた友人に連絡を取って、その友人から交友関係を聞くか、その友人の判断で友人関係に連絡をしてもらうのが良い方法です。

なお、故人の交友関係は一つとは限りません。趣味の友人、会社関係、同窓生など、連絡すべき相手が多様に存在することもあるため、できるだけ手を尽くしておくことが大切です。そうすれば、葬儀後に連絡漏れがあっても、お詫びの仕様があります。

このように、特の友人関係に対しては完全にいかない場合があります。そのようなことがないようにするには、お通夜や葬儀に呼んでほしい友人の名前や連絡先、関係性などをノートに書き出しておくことがおすすめです。

そのために、エンディングノートを利用すると、家族の負担が軽くなり、連絡も円滑に進むことになります。ですので、エンディングノートを積極的に活用すべきです。

※エンディングノートについては、別ページに詳細に説明してあります>>お通夜やお葬式にはエンディングノートが役に立つ

職場関係では、故人が現役で会社に勤めていた場合、その会社へ連絡するのはもちろん、上司にも直接連絡を入れべきです。

しかし、故人が定年退職をしていた場合、定年直後のことなら連絡を入れるべきでしょうが、定年してから期間がたっている場合は、一般的には連絡を入れる必要はないとされています。問題は、定年退職後、どれだけの期間で葬儀を行うことになったかですが、これは故人が生前どのような立場であったかによって異なることですので、賢明な判断が必要となります。

以上、様々なケースに応じて、通夜や葬式の告知連絡は難しいことになります。従って、解決策として、生前の元気なときに、終活の一環として、死んだときに連絡してほしい人の名簿を作ってもらうことが役にたちます。このようなエンディングノートの作成によって、故人の意思が尊重され、遺族には連絡が円滑に進むというメリットがあります。


【関連記事】

葬儀社が決まっておらず、これから葬儀社を探さなくてはならない、どうすればよいでしょうか?

この場合、地元の複数の葬儀社に電話をして、一社ごとに見積もりを取ることは、不可能です。

そんなときに、手助けをしてくれるサービスとして、全国対応で葬儀の相談を受けつけている「よりそうのお葬式」があります。

よりそうのお葬式は、インターネットのホームページで、今すぐ葬儀の準備を行う必要のある方や、お葬式をどのように手配してよいのか分からない、どの葬儀社に依頼をすればよいか分からないという方のために、365日24時間、全国対応葬儀関係の相談に応じる体制を整えています。

ご遺体の搬送の依頼もできます!

また、よりそうのお葬式にお願いをすれば、全国の優良な葬儀社の葬儀費用の見積りをすぐに出してくれたり、希望する葬儀社への手配等をしてくれます。さらに、ご遺体の搬送なども安心してお任せすることもできます。

よりそうのお葬式に、葬儀社のお願いや、相談をする具体的な方法

その方法は、下記の公式ページを開くと、「一括見積もり依頼フォーム」に所定事項を記入するだけです。

なお、お急ぎの場合は「ご依頼方法」の「電話」を選んでおけば、メール送信後、約10以内に、担当者から電話がかかってきますので、その電話ですぐに相談や依頼ができます。

よりそうのお葬式に、葬儀社のお願いや、相談をしたい場合
>> よりそうのお葬式の公式サイト

葬儀まで、時間的に余裕がある場合、予めよりそうのお葬式に資料請求をすれば、最寄りの葬儀社の費用相場なども分かりますので、いざというときのお役にも立ちます。


ナビゲーション