お通夜 不祝儀袋の表書き

お通夜に持参する不祝儀袋(ぶしゅうぎぶくろ)の表書きは、「御霊前」ですか?「御仏前」ですか?

不祝儀袋とは通夜や葬式葬儀、法事の際に現金を包む袋で読みは「ぶしゅうぎぶくろ」です。 不祝儀とは、お悔やみ・弔事のことです。

お通夜 不祝儀袋の表書きは、「御霊前」か「御仏前」

お通夜で持参する不祝儀袋は、
表書きが「御霊前」ですか?「御仏前」ですか?

「香典」は、本来、仏前に香をお供えすると言うものでした。しかし、現代では香(線香)の代わりに金銭をお渡しするようになりました。現在では、喪家の急な出費を心配し、お互いに助け合うという意味を持っています。

なお、香典は不祝儀袋に包むものですが、宗派によって種類が異なる場合もあります。突然の訃報に、失礼がないように基本的なマナーを確認しておきましょう。

お通夜や告別式で持参する場合、「御霊前」が一般的です

香典袋にも、「御霊前」「御仏前」など、様々な表書きが販売されており、どれを選べばよいのか、分かりにくいものです。

そのような香典袋のなかで、多く見られるのが「御霊前」か「御仏前」です。

お通夜や告別式で持参する場合は、「御霊前」を使用し、四十九日の法要を過ぎてからは、「御仏前」を使用するのが一般的です。

不祝儀袋に「御霊前」が使えない宗派は?

「浄土真宗」や「真宗大谷派」といった、いわゆる「真宗系」の場合、お通夜や告別式の段階でも「御仏前」を使うため、注意が必要です。ただし、喪家の宗派まで分からない場合は、「御香料」を用いるのが無難です。

キリスト教の場合の不祝儀袋は?

キリスト教のなかでもプロテスタントでは「御霊前」を使うと、失礼にあたることになるようです。キリスト教の葬儀では、宗派に限らず、「御花料」が基本的な表書きです。また、カトリックでは「御ミサ料」も使用するようです。

神式の場合の不祝儀袋は?

神式では「玉串料」「御榊料」となります。しかし、「御霊前」でもマナー違反にはあたることはないようです。また、無宗教式でお葬式を出されている場合のお香典も、仏教式の「御霊前」で通じるでしょう。

不祝儀袋の選び方は?

不祝儀袋を選ぶ時には、中に入れる金額にふさわしい袋を選ぶ必要があります。要は、バランスの問題ですが、例えば、香典を数千円しか入れないのに、不祝儀袋が高価なものでは違和感があります。その逆に、高額の香典を包む場合は、不祝儀袋もそれなりに立派なものにしましょう。

その他の注意点として、基本的に、蓮の花や蓮の葉がついた袋は仏教でしか使えないので注意しましょう。

表書きの下の氏名の書き方は?

表書きは、不祝儀袋に印刷されていますが、その下には自筆で名前を書く必要があります。そのように名前を書く場所は、水引のちょうど真下あたりで、筆書きや筆ペンでフルネームを記載します。薄墨色が正式です。薄墨色は、涙で文字がにじむという意味を表現するものです。

会社関連で社名を添えるときや、連名の場合の書き方

なお、会社関連で社名を添えるときは、名前を中央(水引の真下)に書き、その右に会社名を小さく書きます。また、会社やグループなど、複数人で連名にする場合は、右から目上の人間の名前が来るように書きます。4名以上の場合、代表者の名前のみを書いて、その左下に小さく「外一同」と加えます。

お札を入れる中包み(中袋)の書き方は?

お札を入れる中包み(中袋)には表に金額を、裏に住所と氏名を書きます。お札は新札以外を使用しますが、皺がよりすぎるのも問題です。まっさらなお札しかない場合は、真ん中に折り目を入れるなど配慮します。新しいお札の場合、以前から用意していたのではないかという誤解を避けるためです。

中包み(中袋)を入れたら裏側は下を折り、上側をかぶせます。慶事の場合とは逆になります。その後、水引をかけ、弔事用のふくさなどに包んで持って行きます。

香典はふくさに包むのがマナーです

香典はふくさに包むのが参列のマナーとなります。弔事用のふくさは、紺やグレーなど地味な色が無難です。なお、紫色なら、弔事・慶事両方で使用できるので、持っておくと便利です。

その他、祝儀・不祝儀の違いで変わるマナー

祝儀・不祝儀ともに、2万円を贈るのは失礼ですか?

慶事は中国の陰陽思想に基づく単数字の奇数が「陽の数(おめでたい数)」とされており、「弔事」では「悲しみ事は割り切る事ができない」といわれ、どちらの場合も奇数が使われます。

ただし、2万円という予算の場合は、「1万円札1枚と5千円札2枚の合計3枚」のお札を奇数で用意するようにします。

お札の入れ方に祝儀・不祝儀で違いがあります

お札の入れ方は、慶事と弔事では逆になります。慶事やお見舞いは、新札が良いでしょう。弔事は、少々使ったきれいなお札が良いとされます。新札の場合は二つ折りにして折り目をつけると良いでしょう。

祝儀・不祝儀袋で裏の折り方が違います

祝儀袋は、「喜びが天を向くように」という意味で、上側を先に折ってから下側を折り上げてかぶせます。不祝儀袋の場合は、「悲しみにうつむく」という意味で、下側を先に折り上げてから上側を折ってかぶせるようにします。


ナビゲーション