本文へスキップ

葬儀の日程 友引は避ける

葬儀の日程は、どのようにして決めるか?友引は避ける?

葬式の日程はどうやって決める?

一般的なお葬式の流れは、臨終の翌日にお通夜を行い、その翌日にお葬式を行うことになっています。ただし、火葬場や斎場の空き具合、さらには僧侶のスケジュールや友引など六曜や、火葬場の年末年始の休業などとの兼ね合いによって、正確には決められないのが現状です。

葬式の日程を決める時の注意点

①亡くなってから24時間経過しないと火葬できない

火葬は亡くなってから24時間経たないとできないという決まりがあります。
そのため、亡くなった翌日に通夜が行われ、その翌日に告別式となっています。仮に、1日の夜の12時に亡くなったとしても、2日の12時をすぎないといけませんので、2日の8時に葬儀を行おうとしてもできません。

②友引は避ける

葬式をすることに望ましくないと言われているのは、友引の日です。
友引という意味は友を引いていく、つまり友引の日に葬式を行うと、友人も一緒に連れて行ってしまうという意味になってしまいます。もっとも、そんなお日柄的なことなど関係ない、という方もいるかもしれませんが、お葬式は様々な方が集まる儀式ですし、慣習的な性格の強い面もあるため、この日は避けたほうが良いでしょう。

なお、実際、友引に葬式を行う人はほとんどいないため、火葬場や葬儀場では友引の日を休業としていることが多いのが実情です。

③葬儀社や僧侶にも都合がある

「いまは葬祭場が混んでる」という会話を聞いたことがありませんか?

気候の変動などで、お亡くなりになる方が増える時期もあり、そのようなときは火葬場が混んでしまうこともあります。

また、葬儀社や僧侶にも都合があるため、忙しい時期には、亡くなってから葬式が行われるまでに1週間くらいかかることもあります。

いずれにしても、葬儀社には、早目に依頼をしておくことをお勧めします。

一方、寺院の事情ですが、寺院によっては、僧侶も忙しくなることがあります。お葬式が多い時期に、多くの檀家を抱えている寺院はかなり多忙となることも考えられますし、法事が多い時期には1日に2、3件かけ持ちするというケースも多いようですので、寺院のようにもなるべく早く連絡を取っておくのが望ましいと思います。

通夜式の開始時間

お通夜の開始時間は地域によって異なります。一般的には夕方の6時頃に開始されることが多いですね。ですので、ご遺族やご親族は開式の1~2時間前、一般会葬者の方は20~30分前には集まっておきたいものです。

お通夜の式全体は、1時間程度で終了します。お通夜の後に、故人との最後の食事として通夜ぶるまいが行われます。こちらも1時間程度で閉式となります。

葬儀・告別式の開始時間

葬儀と告別式は、通夜式の翌日に行います。なお、葬儀と告別式の違いについて述べておくと、葬儀とは、僧侶がお経をあげて故人を見送るような儀式を言い、告別式は、主催者ではなく弔問客である会葬者が焼香して、故人とお別れをする儀式のことです。これらの儀式は別々に行われていましたが、最近は同時に行い、一時間程度で終わることが多いようです。

なお、葬儀・告別式の開始時間は、朝の10時から昼の3時の間に行われることが多いですね。開始後は、僧侶による読経や焼香を行い、40分程度で閉式となります。

閉式後は、出棺、火葬、精進落とし(お食事)、収骨と続き、その間およそ3時間程度が必要となります。

なお、最近では、通夜式・告別式を行わない「火葬式」や「直葬」と呼ばれる形式の葬儀も増えています。これらは、通夜式を行わないため1日で執り行います。


葬儀社はどこに決めるか?

上記のように、葬儀の日程を決める前に、葬儀社をどこにするか決める必要があります。というのは、火葬場や葬祭場などの込み具合は、葬儀社が正確に把握していることですから、その情報もなく、葬儀の日程は決められないからです。

ネットを利用して優良な葬儀社を探す!

以前からお付き合いのある葬儀社があれば、そちらのほうにお願いすれば良いのですが、葬儀社をどこにすればよいか全く分からないという方は、ネットを利用して調べましょう。

全国の優良な葬儀社を紹介している「葬儀レビ」にお願いする

ネットで「葬儀レビ」と検索して、「葬儀レビ」にメール又は電話で葬儀社の見積もりを依頼すると、すぐに近郊の葬儀社の見積りを提示してくれます。

※ 葬儀レビについてはこちらのページにまとめてあります>>葬儀レビ

「シンプルなお葬式」や「小さなお葬式」では定額料金で葬儀ができる

葬儀費用がパック料金として定額で決まっている「シンプルなお葬式」や「小さなお葬式」に依頼をすると、地域の優良な葬儀社を紹介してもらえます。

なお、「シンプルなお葬式」や「小さなお葬式」では、葬儀費が一括で定額となっている低料金のプランがあり、葬儀の規模や希望する形態に応じて、火葬式、家族葬、一日葬、一般葬等を選択することができます。また、いずれの葬儀でも追加料金は一切発生しないとされています。しかし、パックで決められた物品やサービス以外のものを要求する場合、その分の料金を支払う必要がありますので注意をしましょう。

というのは、「追加料金一切不要と言われているので葬儀の依頼をしたが、それ以上の費用をとられた」という苦情が発生しているからです。

そのようなことを避けるには、それぞれの葬儀がどのような内容で行われるのかを予め知っておく必要があります。その意味でも「シンプルなお葬式」や「小さなお葬式」に資料請求をして内容を詳細に把握しておくことをおすすめします。


ナビゲーション