本文へスキップ

葬儀施設 葬儀場の選び方

知っておきたい葬儀施設のことや、葬儀場の選び方

瑞穂斎場

葬儀はどこで行う?斎場、葬儀場、葬祭場等の違いは?

葬儀を行う施設にも、斎場、葬儀場、葬祭場とか色々と呼び名があるので、ここで整理をしておきましょう。

葬儀を行う施設は、斎場、葬儀場、葬祭場、葬祭会館、セレモニーホール、メモリアルホールなど、色々な名称で呼ばれていますが、特に定義があるわけではありません。

  • 葬儀のための施設を大きく分けると、「斎場」と「火葬場」になります。
  • 「斎場」は、通夜、葬儀・告別式を行うための式場です。
  • 「火葬場」は、遺体を火葬する火葬施設です。
  • ただし、葬儀を行う式場を併設している火葬場もあります。
  • なお、斎場の名称を付けていても、火葬施設をもたない所もあります。

このように葬儀施設の名称が色々あるのは、それを運営する自治体や企業、寺院などが自由に名前を付けているからです。

なお、葬儀場とは葬儀を行う場所を言い、一般に、「斎場」を意味するものですが、公営式場の場合「火葬場」を併設してところもあります。

葬儀場の選び方

葬儀場にはいくつか種類があります。それぞれの特徴を理解しておきましょう。

公営式場

公営式場とは、各自治体などが所有する公的な施設です。利用する際の費用は比較的安価ですが、基本的にはその地域の住民のみが利用可能となります。ただし、その地域の住民でなくても利用可能な所もありますが、別途費用を請求されることがあります。

なお、火葬場を併設している公営式場は、葬儀の後に火葬場へ移動する必要がなく便利であるため、利用者で混み合っていることが多く、使用を希望する際には注意が必要です。

民営式場

葬儀社が保有している民営式場は、セレモニーホールとも呼ばれています。民営式場を利用するには、葬儀社に依頼をする必要があります。公営式場は、駅から遠いところにあることが多く、アクセスの便が悪いことが多いのですが、民営式場の場合、駅から近いところで設置されていたり、設備などの条件が良いところ多く、その分、費用も公営式場より高めの設定になっています。

宗教施設

寺社などの宗教施設では、葬儀を本堂で行う他に、その宗教施設が管理している会場で行う場合があります。 寺社などの本堂で葬儀を行う場合は、檀家の葬儀等のように、基本的にその寺社に所属することで利用することが可能です。また、宗教施設が管理している会場で行う場合、檀家以外の方でも利用することができるところもありますが、使用料もそれなりに高くなります。

自治体・地域の施設

自治体によっては葬祭会館として利用できる集合施設が設けられており、そこを借りることもできます。このような集合施設は、地域の住民が弔問しやすく、ご近所同士の協力で葬儀を行う場合などには、たいへん便利ですし、使用料も無料か、非常に安価に行うことができます。

ホテル

最近では、「ホテル葬」を称して葬儀が行われることがあります。このホテル葬は、 ホテルに遺体を持ち込めないため、ごく親しい親族や友人のみで密葬を行った後に、お別れ会や偲ぶ会等をホテルで行う形式で、大人数で集まるお別れの場として最適です。例えば、有名人や芸能人等が、通夜や葬儀を家族で行った後、ホテルで友人などを招いて故人をお見送りするという葬儀のスタイルです。

自宅

葬儀と言えば、以前は自宅葬が主流でした。現在でも地方などでは自宅で葬儀を行なうことがありますが、近年では随分減っています。自宅を葬儀場に使用した場合、会場費用は不要であるため、費用を抑えたスタイルで葬儀を行うことができます。

葬儀場の選び方

葬儀場を選ぶ場合、場所の都合や、規模や予算、葬儀の内容等を決めてから選ぶ必要があります。従って、以下のようなケースに分けて、葬儀場をどこにするか検討するようにしましょう。

葬儀の参列者が多い場合は、民営式場がおすすめ

葬儀規模が大きい場合、弔問の客も多くなるため、民営式場をおすすめします。地域の施設や宗教施設では会場が小さかったり、交通の便などが悪い場合があります。大勢の方の参集を考慮すると、交通の便が良く、参集者の収容規模も大きい民営式場が適しています。

葬儀費用を抑えたい場合は、

葬儀費用をできるだけ低額で行いたい場合、葬儀の規模を小さくして、会場を低額で借りることができる公営か地域施設の利用が適しています。例えば、火葬式や家族葬のように小規模な葬儀では、パック料金もあり、低額で行ることができます。ただし、葬儀の規模が小さい場合、お香典の総額も少なくなります。

宗教にこだわらない場合(宗教色をなくしたい場合)

無宗教葬や、音楽演奏をするなど自由な形式で葬儀を行う場合は、公営式場や宗教式場では開催が規制される場合あります。この点、民営式場が柔軟に対応してもらえる可能性があります。

葬儀場の選択や依頼などの相談をしたい場合

葬儀場を公営にするか、民営にするか等を検討する場合、最近では、ネットで調べるという方法もあります。

また、ネットで調べるといっても、葬儀に不慣れなため、基本的なことから相談を受けたい場合、例えば、下記のように無料で葬儀全般に関する相談を受け付けているサービス会社があります。

全国の優良な葬儀社を紹介している「葬儀レビ」にお願いする

「葬儀レビ」の利用方法は、ネットで「葬儀レビ」を検索してホームページを開いて、そこから相談を申し込むことが可能です。

※ 葬儀レビについてはこちらのページにまとめてあります>>葬儀レビ

「シンプルなお葬式」や「小さなお葬式」では定額料金で葬儀ができる

葬儀費用がパック料金として定額で決まっている「シンプルなお葬式」や「小さなお葬式」に依頼をすると、地域の優良な葬儀社を紹介してもらえます。

なお、このような「シンプルなお葬式」や「小さなお葬式」では、葬儀費が一括で定額となっている低料金のプランがあり、葬儀の規模や希望する形態に応じて、火葬式、家族葬、一日葬、一般葬等を選択することができます。

そのようなことを避けるには、それぞれの葬儀がどのような内容で行われるのかを予め知っておく必要があります。その意味でも「シンプルなお葬式」や「小さなお葬式」に資料請求をして内容を詳細に把握しておくことをおすすめします。


ナビゲーション