本文へスキップ

後悔しないお葬式 葬儀社選び

お葬式に関するQ&Aとして、ご利用ください。

お葬式は故人を送る儀式として重要な意味を持っていますが、誰にも不慣れなものだと思います。

でも、知らなかったでは済まされない法的な手続きや届け出も、お葬式に伴って必要な事柄です。

しかし、それらのことは、決して難しいことではなく、その方法を知っているか否かに左右されます。

お葬式に関して、こんなときどうすればよいか、わからないとき、このページをご利用ください。


【関連記事】

お葬式が出せない!斎場や火葬場が足りないんです!

葬儀の常識が覆されている。去年の死亡者数は126万人と10年前に比べ30万人増え、斎場や火葬場は各地で混雑。亡くなった後、葬儀まで1週間以上待つ遺族が増えているのだ。遺体をどこに安置するか?忌引きの休みは足りるか?驚き戸惑う遺族。「安置室の費用がかさんだ」「自宅で遺体が変色し可哀想だった」「心の整理がつかず疲れきった」。背景として、都市部では低価格・短時間での葬儀にニーズが高まり、通夜から火葬まで行える「火葬場併設斎場」に予約集中。一方、高齢化するベッドタウンなどでは火葬場そのものが不足する。近隣の迷惑施設である火葬場の新設や改築は難しい状況も見えてきた。葬送の場をどうするのか?長く待つ遺族や各地の実態を取材、対策を考えていく。
ダイジェスト 放送した内容をご覧いただけます
photo
お葬式が出せない どうする“葬送の場”
誰にでも必ず訪れる最期の時。 お別れの現場に予想外の事態が起きています。 お葬式を挙げられずに1週間以上中には10日も待つ人がいるのです。 遺族 「びっくりしたような状態ですね。 我慢しなきゃいけないのかなって。」 大切な家族のなきがらを長期間どう管理するのか。 仕事や日常生活に戻れず心の整理もつきません。 遺族 「すごく疲れました。 夜もあまり眠れない状態で。」 背景にあるのは亡くなる人の大幅な増加。 火葬場や斎場が不足しかつてなく混み合っているのです。 「29日が1時と2時。 (空きは)これだけなんです。」 しかし、火葬場を新たに造ろうとしても難しい事情も見えてきました。 近隣住民 「迷惑施設の最たるものですから、火葬場は。」 亡くなる人が増え続ける中でお別れの場をどうするのか。 その現場を追いました。

ナビゲーション