本文へスキップ

後悔しないお葬式 葬儀社選び

さがみ典礼の葬斎場(葬斎会館・葬斎センター)

さがみ典礼の葬斎会館(葬斎センター)は、あなたの近所にありますか?

さがみ典礼は自社葬斎場を持った葬儀社

左とん平さんのテレビCMで知られている「さがみ典礼」は、自営の葬斎場をもっている葬儀社です。このような葬斎場は、自社葬斎場とも言いますし、葬斎センター、葬斎会館、葬儀会館、葬儀場、メモリアルホール等、色々な呼び方があるようです。

さがみ典礼の葬祭会館は、関東と東北の一部にあります

さがみ典礼の場合、現在のところ、営業のエリアは関東(東京は除く)と東北の一部ですから、全国にあるわけではありません。その内訳は下記の通りで、合計174斎場となっています。

さがみ典礼の自社葬斎場の数(2015年1月の状況)さがみ典礼の粗自社葬斎場の数は、各県でも一番

  • 埼玉県・・・56斎場
  • 福島県・・・35斎場
  • 栃木県・・・23斎場
  • 岩手県・・・19斎場
  • 茨城県・・・16斎場
  • 長野県・・・14斎場
  • 山形県・・・11斎場
  • ※上記の自社斎場の数は、各県のなかで、さがみ典礼が最多となっています。

近所の入間葬斎センターのこと

私の住所の近所に、さがみ典礼の入間葬斎センターが完成しました。埼玉県の入間市駅から国道16号の方に徒歩で7〜8分、以前、酒造の工場が火災で消失した跡地を利用して建てられたようです。国道16号線と入間市街地への分岐点にあって、たいへん目につきます。

入間葬斎センターは、こんな会館です↓

さがみ典礼 入間葬斎センター

さがみ典礼のように、自営の葬斎場を持っているところは、通夜式や告別式を行う式場のほか、お浄め室や親族等の宿泊等もあって、火葬設備以外はすべて備えていると判断してよいと思います。したがって、さがみ典礼の葬斎センターを利用する場合、その会館でお通夜や告別式を行った後、霊柩車やその他の車で最寄りの火葬場へ向かうお葬式となります。

さがみ典礼の葬斎センターの中はどうなっているの?

このサイトの管理人の私も、葬斎センターの中がどのようになっているか知りたくて、インターネットで資料を請求してみました。

資料請求の方法

資料請求の方法は、簡単で、さがみ典礼のホームページを開いて、次のようなバナーをクリックすれば、申込みの箇所があり、住所とか氏名、電話番号を記入すれば完了です。

資料は、もちろん無料です。

資料を申し込んでから、2日後にメール便(ポスト投函)が届きました。

送られてきた資料の内容

下の写真が封筒の中に入っていた資料です。

さがみ典礼 資料

封筒を開けて、驚いたことに、冠婚葬祭のマナーについて書かれた小冊子(全32ページ)が付いていました。結婚と葬儀に関するマナーがイラスト付きでわかりやすく書かれていて、家の保存版として、これからも役立ちそうです。

さがみ典礼の「冠婚葬祭マナー」と「安心ノート」は素晴らしい

さらに、「安心ノート」という、一般的に「メモリアルノート」または「エンディングノート」と呼ばれているA4の大きさのノート(全22ページ)も付いていて、これもまた、無料でもらうには素晴らしいものでした。

上記の「冠婚葬祭マナー」も「安心ノート」も、他の市販品の場合、1000円〜2000円で売られています。しかし、市販のものは、ページ数を稼ぐために余計な内容も多く掲載されています。

このさがみ典礼の「冠婚葬祭マナー」や「安心ノート」は、必要最小限の内容で、よく整理されていて、利用価値も高いと思いますので、これらの「冠婚葬祭マナー」や「安心ノート」を得るために、資料を請求しても良いかと思います。

さがみ典礼に実際に資料を請求した体験記はこちらに

>> さがみ典礼に資料を請求をしたら、マナー本とメモリアルノートがついてきた!


【関連記事】

※格安の葬儀をするなら「シンプルなお葬式」で可能です。

ナビゲーション