さがみ典礼のエンディングノートは、「あんしんノート」

さがみ典礼のエンディングノート(あんしんノート)は無料で手に入れることができます。

従来、「エンディングノート」は、主に高齢者が自身のことを書くのが一般的でしたが、最近では若い人向けのエンディングノートも販売されています。たとえば、コクヨ製のエンディングノートは、市販で1500円もするものです。

若者の場合、人生の記録ノートのようなもので、残しておきたい出来事や記録をその都度書いておけば、自分の覚書きにもなるし、後でまとめて書く必要もありませんから、後々なにかと便利な資料になると思います。

さがみ典礼の「あんしんノート」について

さがみ典礼では、エンディングノートを「あんしんノート」と呼んでいます。このさがみ典礼の「あんしんノート」は、大学ノートより少し大判で大きな字で書くことができますし、必要なことは全部整理して残しておくことができ、なかなかよくできたデンディングノートです。

このさがみ典礼の「あんしんノート」は、さがみ典礼に資料請求(無料)をすれば、全員に無料で提供されます。

なお、さがみ典礼に資料請求をすれば、他にもたくさんの資料をもらうことができます。私がさがみ典礼に資料請求をして、入手した資料は下の写真の通りです。↓あんしんノートのほかに、冠婚葬祭マナーは、小冊子ですが、結婚や法事も含めた冠婚葬祭の万般にわたって、その礼儀や服装や習慣等について書かれており、大変役に立ってます。

さがみ典礼 資料請求の資料 あんしんノートのほかにも冠婚葬祭マナー

さがみ典礼のメモリアルノートの内容

私が入手したエンディングノート(あんしんノート)は、A4版で、全部で22ページの構成です。

↓表紙です。(A4版 22ページ)

さがみ典礼に安心ノート(エンディングノート) 大判ですが、書き込みの欄も大きく、書きやすいのが特徴です。

↓葬儀・法事などの希望(喪主・宗教・宗派・葬儀の規模・葬儀費用・葬儀を行う場所を自宅で行うか、葬儀専門会場で行うか等についての希望)について記載するページです。

あんしんノート 葬儀・法事などの希望等を書く欄 

↓葬儀・法事などの希望について記載するページで、このぺージでは、祭壇や式中の音楽や映像について希望があれば記録しておくことができるようになっています。

さらに、遺影写真や葬儀の際に挨拶をお願いしたい人、棺の中に納めたいもの、さらには次ページ(写真は省略)に返礼品、料理、お墓のことまで希望があれば、書くことができます。

あんしんノート 遺影写真や葬儀の際に挨拶をお願いしたい人等

↓ご連絡リストには、すぐに必要となる連絡先や親戚関係、仕事関係、友人関係への連絡先を整理して書いておくことができます。

あんしんノート 御連絡リスト 葬儀の際に役に立ちます

↓さらに、ご連絡リストには、葬儀の後に連絡してほしい人の名簿、遺言状の保管場所、自分の記録について記載できます。

あんしんノート ご連絡リスト 遺言書 ただし、法的効力はありません。

↓自分史ノートには、小中学高校生等の学生時代の思い出、職業の思い出、家族のことなど、大切な人へのメッセージ等について残しておくことができます。

あんしんノート 自分史ノート ご自由にいろいろ書けますj

↓銀行や保険等の覚え書きを書いておくことができます。

あんしんノート 銀行や保険等 大事な記録です

この「あんしんノートは」はさがみ典礼のホームページで資料請求(無料)をすれば入手できます。


【関連記事】

※格安の葬儀をするなら「シンプルなお葬式」で可能です。

ナビゲーション