後悔しないお葬式 葬儀社選び

さがみ典礼の海洋葬(海洋散骨)について

さがみ典礼の海洋葬ってなに?

海洋散骨は、「生命の故郷の大海原に眠る」という意味を持って、最近では「海洋葬」で海への散骨を望む人も増えています。

さがみ典礼では「海洋散骨」を「海洋葬」と呼んでいますが、「散骨葬」と呼ぶところもあります。私としては、「海洋葬」のほうが、優しさがあってよいと思います。

さがみ典礼の海洋葬(海洋散骨)のプラン内容

さがみ典礼のホームページを見ても、海洋葬の内容はなかなかわかりませんが、さがみ典礼に請求して送ってもらった資料を見ると、「さがみ典礼のお葬式」というA4版の冊子の8ページ目に、さがみ典礼の海洋葬のことが書かれています。

このページでは、その資料から、さがみ典礼の海洋葬の当日の流れについてまとめました

1.集合・出航準備

さがみ典礼が指定した場所に集まって、乗船の手続きをします。

2.出航〜散骨エリア到着

出航後に、散骨を行うエリアに到着。散骨の位置は、GPSで正確に記録されますので、再び散骨した位置を訪ねることもできます。

3.お別れセレモニー

  • 1)会式の辞
  • 2)散骨
  • 3)献花・献酒
  • 4)黙祷・号鐘
  • 5)開式の辞

4.ご帰港

出航から帰港までの所要時間は、約1時間30分〜2時間が予定されています。

なお、海洋葬の後日、「海洋散骨証明書」が発行されて、自宅に送られてきます。「海洋散骨証明書」の見開きの右側には、散骨した位置を示す海洋の地図と、海洋葬の模様を写した3枚〜4枚程度の写真が記録されています。そして、見開きの左側には、周りに金色の装飾を印刷した立派な「海洋散骨証明書」が印刷されています。

さがみ典礼の資料請求について

以上、「さがみ典礼の海洋葬(海洋散骨)」について述べましたが、事前に資料請求をして、予め知識を得ておくことが大切です。

さがみ典礼は、無料の資料請求をネット申込みで受け付けています。

いまならさがみ典礼のオリジナルエンディングノートがもらえます。


ナビゲーション