「シンプルなお葬式」は全国対応で定額の格安葬儀

株式会社みんれびの「シンプルなお葬式」は、全国対応で定額の格安葬儀を実現しています!

このページでは、シンプルな形式で、良いお葬式ができるように計画された株式会社みんれびの「シンプルなお葬式」をご紹介します。

シンプルなお葬式は、400社の協力葬儀社と共に全国で葬儀を施工しています。

株式会社みんれびの「シンプルなお葬式」は、ネットで申し込むだけで、無料で、全国の格安な葬儀社を紹介してくれます。

詳細は、資料請求をすれば郵送されるパンフレットで確認しましょう。

※「シンプルなお葬式」への資料請求はこちらからできます。

従来のお葬式は費用が高すぎる!とお考えの方は多いと思います。

従来のお葬式には、どれくらいの葬儀費用が必要だったのか?

下の図は、2014年の日本消費者協会による調査に基づいて、葬儀の全国平均費用と地域ごとの平均費用を表したものです。

葬儀費用の相場 全国の平均費用 各地の葬儀費費用

2014年の日本消費者協会による調査では、葬儀の全国平均費用は156.1万円。

  • 地域別にみると、
  • 最も費用が高い地域は、関東A(茨城・栃木・群馬・千葉)の200.5万円。
  • 最も低費用の地域は、中国(鳥取・島根・岡山・広島・山口)の92.6万円。
  • 人口が最も多い関東B(埼玉・東京・神奈川)は、152.7万円。

葬儀の形式によって、葬儀費用の相場が変化する

また、葬儀費用は、葬儀の種類によって大きく変わります。

下の図は「葬儀種類ごとの平均費用」を表した図です。この図に示すように、どのような葬儀をするかによって平均費用が大きく変わることになります。

また、葬儀の種類は、参列者の人数と、お通夜、告別式、火葬のうちどれを行うかによって決まります。つまり、葬儀の形式と葬儀に呼ぶ人数によって費用が変わることになります。

従来の葬儀費用の相場

葬儀の形式によって変化する葬儀費用

上記の葬儀費用は、従来の平均の料金です。

これからは、葬儀に高額費用をかけることなく、本当に有意義な葬儀に必要なだけの費用をかけていきましょう!

みんれびの「シンプルなお葬式」の費用は?

株式会社みんれびの「シンプルなお葬式」では、全国700社の葬儀社と提携しており、依頼者の要望に応じて地域の葬儀社と連絡を取り、空いている葬儀場を使うことによって安価なお葬式を実現しています。

シンプルなお葬式の葬儀費用を、上記の画像と対比的に表しました。

シンプルなお葬式の葬儀費用


さらに、シンプルなお葬式の葬儀費用を、従来の葬儀別の全国平均の費用と比較すると、次の画像のようになります。この画像を見れば、シンプルなお葬式の葬儀費用がそれだけ安価に設定されているか、はっきりと理解できます。

従来の葬儀費用の返金とシンプルなお葬式の葬儀費用の対比


株式会社みんれびの「シンプルなお葬式」は、どんなサービスを行ってるの?

NHKで紹介された追加費用なし、全国対応の定額プラン。年間相談件数30,000件!

「シンプルなお葬式」は、葬儀の年間30,000件以上のご相談を承っており、ご家族の方々の負担を最小限に抑えた、追加費用が発生しない定額のお葬式をおすすめしています。

また、葬儀以外にAmazonで話題になった、法事法要でお坊さんの手配ができる「お坊さん便」や、位牌・仏壇・お墓など、供養のご相談も行っています。

>> シンプルなお葬式の「お坊さん便」というサービスです。

また、「シンプルなお葬式」では、ご遺体を病院等から安置場所まで移送するサービスに関しては無料で行っていますので、まずは、資料請求や無料の電話で相談をされることをおすすめします。

>> シンプルなお葬式の「お迎えフリー」というサービスです。

「シンプルなお葬式」でのご相談は、24時間365日対応していますので、いつでも、緊急の時でも受け付けてくれます。

シンプルなお葬式の新しいサービス「お迎えフリー」とは?

定額のお葬式「シンプルなお葬式」では、「お迎えフリー」というサービスを実施しています。

このサービスを簡単に言うと、「シンプルなお葬式」にて、病院等で亡くなった直後に病院等からご遺体を搬送し、ご遺体を一時安置を無料で承るという内容です。

ただし、シンプルなお葬式に葬儀を申込んだ場合、搬送・一時安置費用は各プランに含まれているものですが、「お迎えフリー」のサービスでは、葬儀プランの申込みを行なっていなくても、ご遺体搬送費・一時安置の費用を無料で受けるというものです。

さらに、シンプルなお葬式に「お迎えフリー」のサービスをお願いしたからといっても、シンプルなお葬式に葬儀を依頼するかどうかは自由であるということです。

このようなサービスについての効果を、シンプルなお葬式では、このように述べています。

「シンプルなお葬式」の葬儀プランと葬儀の流れ

例えば、シンプルなお葬式では、火葬式の場合、葬儀費用が定額148,000円という低料金で葬儀を行うことが可能となります。

シンプルなお葬式は、なぜ格安なの?

それは、シンプルなお葬式に葬儀の依頼をすると、株式会社みんれびと提携している近郊の葬儀社を紹介してもらうことができ、定額料金(追加料金は不要)でお葬式を行うことができるからです。


※お葬式の料金例↓ 火葬式・一日葬・家族葬の場合

シンプルなお葬式は格安で、低価格
小さなお葬式の火葬式・一日葬・家族葬


火葬式(直葬)の場合 148,000円

<火葬式(直葬)の特徴と流れ>

お葬式を「なるべく低価格にしたい」という声に応える、最もシンプルな葬儀が直葬(火葬式)です。

(※直葬は、お通夜と告別式は行いません)

<火葬式(直葬)の手続きと流れ>

シンプルなお葬式 火葬式 


一日葬式の場合 278,000円

<一日葬の特徴と流れ>

一日葬は、「火葬式だけでは物足りない」「お通夜は行わないが告別式は普通に行いたい」という声に応える葬儀プランです。

(※一日葬は、お通夜は行いません)

<一日葬式の手続きと流れ>

シンプルなお葬式 一日葬式 


家族葬の場合 398,000円

<家族葬の特徴と流れ>

「親族やごく親しい友人のみで葬儀を行いたい」「故人の要望により、あまり大袈裟なお葬式にしたくない」という声に応える葬儀プランです。

通常のお葬式のように、お通夜も告別式も行います。

10~20名の少人数で行う場合に設けられています。

(※家族葬はお通夜も告別式も行います)

<家族葬の手続きと流れ>

家族葬の手続きと流れ


「シンプルなお葬式」は定額でカード払いやローンも可能

「シンプルなお葬式」では、定額料金で後からの追加料金が不要となっています。ただしそれは、定額プラン通りの葬儀を行った場合で、変更があったり、何か追加があった場合は、当然、料金が変わってきますので注意が必要です。

ですので、後々、追加料金が発生しないように、プラン内容をしっかりと理解しておくことが必要です。このプラン内容の通りに行った場合は、上記のように、火葬式(直葬)の場合は148,000円一日葬式の場合は278,000円、家族葬の場合は398,000円となって、かなりの格安となります。

シンプルなお葬式の支払い方法は?

また、支払いは「シンプルなお葬式」では、葬儀後に現金で支払う他、カード払いやローンも可能です(オリコの葬儀ローンで1回~36回払いのローン)。

なお、下記に詳しく書いてありますが、2016年5月25日より、新たに『コンビニ後払い決済』が導入されることになりました。

「シンプルなお葬式」はなぜ低価格なのか?

株式会社みんれびは、葬儀社ではなく、全国400社の葬儀社と提携し、依頼者の要望に応じて、地域の葬儀社と連絡を取り、地域の葬儀社の空き状況等を把握します。なお、葬儀社にもよりますが、お葬式はいつ必要になるのか分からないため、葬儀が集中したり、空きが生じたりするのが普通です。

そして、シンプルなお葬式では、依頼者の地元の空いている葬儀場を使うというシステムを取り入れたため、日本全国に対応でき、しかも格安で行うことができるようになっています。

また、お葬式を担当するのは、地域の葬儀社ですから、地域の事情もよく知っているため、安心して任せられます。

「シンプルなお葬式」の資料請求(無料)には、割引サービスがつきます!

みんれびに資料を申し込めば無料で送付してくれます。

なお、予め「みんれび」に資料請求をし、その後「みんれび」で葬儀をした際、5000円の割引がされます。

資料は、「シンプルなお葬式」のホームページから無料で請求できます。

★今なら「シンプルなお葬式」の資料請求をした方に限り、期間限定で、オリジナルのエンディングノートをもらうことができます。

このエンディングノートは、終活の一環として利用することができます。

エンディングノートは、パソコンのダウンロードなら無料で取得できますが、これにはプリンターが必要となります。また、ダウンロードの場合、ホッチキスで止めたりするもので、表紙がなく家族残すものとしては、あまりに粗末なものになりかねません。

また、エンディングノートは市販のものもありますが、シンプルなお葬式のオリジナルのエンディングノートは、30ページの構成で大変使いやすいものになっています。こんなエンディングノートが無料で手に入るチャンスを逃すことなく利用してはいかがでしょうか?

シンプルなお葬式 資料請求でエンディングノートをプレゼント

※「みんれび」を「みれんび」のキーワードで打ち込む人もいますが、正しくは「みんれび」です。


【注意点】シンプルなお葬式で追加料金が発生する場合とは?

これは、どの葬儀社にも言えることですが、「定額料金で追加料金が一切不要」というのは、最初に見積もったプランの範囲内で葬儀を行った場合のことです。

従って、例えば、プランでは、病院等からご遺体を運ぶ際に使用する寝台車は、50km以内が定額に含まれる料金ですが、その距離を超える場合は、 10km毎に5,500円の追加料金が必要になります。

そのほかにも、定額のプランにないものを要求する場合、その分は、追加料金として発生します。これは、当然のことですが、「追加料金一切不要」を主張して払わない場合、後々トラブルのもとになります。ですので、定額のプランの内容を資料請求等でよく知っておく必要があります。


※「シンプルなお葬式」では、追加料金のことに関して、次のように説明しています。

原則的に、追加料金は掛かりません。但し、以下のようなケースにおいては追加料金が必要となる可能性があります。
  • 参列者への返礼品や食事を別途手配して頂いた場合
  • 僧侶へのお布施
  • 住民票がある地域以外(市民料金の適用外)の火葬場、及び公営葬儀場を使用する場合
  • 規定日数以上の期間においてご遺体の安置を希望される場合。1日あたり10,800円(消費税8%込)を要します。
  • お客様の希望でその他物品・サービスをご注文された場合

以上のように、「シンプルなお葬式」では、追加料金が発生するケースを明示してあります。

ですので、そのようなことを知ったうえで、シンプルなお葬式を利用すれば、かなりの格安で葬儀を行うことが可能となります。また、どうしても追加が発生する場合、追加料金を払えば可能ですので、予算の範囲内にで調整すれば、悔の残らない葬儀が行えることになります。


【関連記事】

「シンプルなお葬式」では、2016年5月25日より、
『コンビニ後払い決済』が導入されることになりました。

「シンプルなお葬式」でお葬式を行った後のお支払い方法に関して、株式会社みんれびからの発表です。

「インターネットで購入できる定額のお葬式「シンプルなお葬式」を運営する株式会社みんれびはこの度、「シンプルなお葬式」での葬儀費用の決済方法において、30万円以下の葬儀プランの決済に対し、コンビニ後払い決済を2016年5月25日(水)より新たに導入いたします。」

このような「コンビニ後払い決済」を導入することにより、クレジットカードを持っていない人やローンの手数料を気にされる方に対応した決済が可能となります。

シンプルなお葬式の【永代供養(永代供養墓)】は、全国一律料金35.000円という低価格!

シンプルなお葬式 永代供養(永代供養墓)

「永代供養墓」とは、お墓参りをしなくても、お寺が責任をもって永代にわたってご供養と管理を行ってくれるお墓です。お墓を継ぐ人のいない方や、身内に迷惑をかけたくないなどの動機からニーズが増えている供養体系です。

>> シンプルなお葬式の「お坊さん便」の詳細

永代供養のメリット

  • 墓石・土地が不要で、一般のお墓に比べて費用はかかりません。
  • 年間管理費なしで追加料金一切不要です。
  • 供養と管理は寺や霊園が永代で行ってくれるため、ご自分で管理をする必要がありません。
  • 宗旨・宗派は問わず、檀家になる必要がありません。

シンプルなお葬式の永代供養墓には3つのプランがあります

  • 1)永代供養墓 : 総額 35.000円
  • 2)永代供養墓+戒名総額 : 総額 55.000円
  • 3)永代供養墓+戒名+位牌 : 総額 71.200円

シンプルなお葬式の「事前割」という割引サービスについて

この事前割は、将来のお葬式に備えて、シンプルなお葬式に葬儀の予約をするサービスです。その葬儀の予約をすることによって、葬儀費用が最大50,000円も安くなるというサービスです。

シンプルなお葬式の事前割

シンプルなお葬式の「事前割」のしくみ

申込金500円の申し込みをするだけで、30日後には、葬儀費が最大50,000円割引されるというものです。

シンプルなお葬式の「事前割」のしくみ

シンプルなお葬式の無料相談について

上記の永代供養のことだけではなく、お葬式関係のことは不慣れなだけに、分からないことがたくさんあります。これは、当たり前のことですね。

シンプルなお葬式の無料相談窓口では、緊急にお葬式を行う必要がある場合でも、専門スタッフが、年中無休24時間体制で待機しています。

この無料相談窓口では、事前に知っておきたい事など、お葬式に関連していることならなんでも無料で相談することができます。

このページでご紹介したシンプルなお葬式の永代供養墓に関する資料請求はこちらからできます。


  • はてなブックマークに追加

ナビゲーション