<

シンプルなお葬式の家族葬 41.8万円

「シンプルなお葬式」の家族葬を、費用41.8万円から38.8万円(3万円も安価)にする方法

家族葬をなるべく安価に良いお葬式に

シンプルなお葬式では、無駄を省いたシンプルなお葬式で、家族葬を41.8万円の格安な料金で行うことができます。

シンプルなお葬式の家族葬には、3つのプランがあります!

シンプルなお葬式では、無駄を省いた家族葬にも、3つのプラン
総額費用39.8万円、41.8万円、43.8万円)を設けています。

  • 一番安価な総額費用39.8万円のプランは、仏具一式を省略したプランで、お経をあげる必要のない場合に適しています。
  • 家族葬41.8万円のプランは中級のプランで、僧侶を呼んでお経をあげる準備として、仏具一式を供えたプランです。       
  • 43.8万円の最上級の家族葬プランは、41.8万円のプランよりも祭壇の生花を豪華にしたプランとなっています。

ところで、例えば、中級の総額費用41.8万円のプランは、事前に、シンプルなお葬式に資料請求しておけば、41.3万円に値引きされます。

さらに、「シンプルなお葬式の事前割」を利用すれば、もっと安価な38.8万円することができます。

分かりやすくまとめると、

418,000円→415,000円(事前の資料請求で、5,000円安価)

418,000円→388,000円(シンプルなお葬式の事前割で、3万円安価)

ということになります。

これらの方法は、シンプルなお葬式のホームページで公表されている方法です。

このページでは、シンプルなお葬式の3つの家族葬を一つずつ説明しながら、それぞれのお葬式をなるべく安価に行える方法をご紹介します。

まず、シンプルなお葬式の家族葬の内容とは?

 シンプルなお葬式の家族葬は、

  • 「親族やごく親しい友人のみで葬儀を行ないたい」
  • 「故人の要望により、あまり大袈裟な式にしたくない」

 という場合に最適な葬儀プランです。

つまり、シンプルなお葬式の家族葬プランは、親族やごく親しい友人、知人だけで行うのに最適のお葬式で、近所付き合いの関係や仕事関係の弔問者を気にすることもなく、また、接待で忙しい思いをすることもなく、身内だけで、落ち着いたお別れの時間を過ごすことができます。

シンプルなお葬式の家族葬の規模は?

シンプルなお葬式の家族葬の場合、通常のお葬式のように、お通夜も告別式も行います。10〜20名の少人数で行う場合に最適です。

なお、シンプルなお葬式では、仏教式だけでなく、キリスト教や神教等それぞれの宗教に沿った葬儀を行なうこともできます。

家族葬の手続きと流れ ※お通夜も告別式も行います

みんれび 「シンプルなお葬式」の家族葬

「シンプルなお葬式」 3つの家族葬プラン

(1)総額費用 398,000円の家族葬プラン

「シンプルなお葬式」の家族葬 398000円プラン

シンプルなお葬式の「家族葬」プランの中で最も低額のプランです。

このプランは、
寝台車、ドライアイス、枕飾り一式、ご安置料金、役所・火葬場手続き代行、お棺、納棺、仏衣一式、棺用布団、寝台車(安置場所から葬儀場へ)、葬儀場利用料金(市民料金)、生花祭壇、カラー遺影写真、焼香用具、線香、蝋燭一式、受付セット、司会スタッフ、運営スタッフ(お葬式の運営サポート)、寝台車(葬儀場から火葬場へ)、火葬料金、骨壺・骨箱、会葬礼状は付きますが、
下記の写真で示した「枕飾り一式」「焼香用具の線香、蝋燭等一式」「仏具一式の白木位牌、リン等一式」「正面看板」「自宅飾り一式」は付きません。

「シンプルなお葬式」の家族葬 398000円の場合につかないサービス

このプランは、追加料金一切なしの総額費用 398,000円ですが、予め、シンプルなお葬式に資料請求(無料)をしておけば、さらに5,000円引きの総額393,000円で家族葬ができます。

「シンプルなお葬式」の家族葬 資料請求でさらに安く

シンプルなお葬式の「事前割」を利用すると、

さらに、後述する、シンプルなお葬式に事前の申し込みをすると、さらに費用が安くなる「事前割」を利用すれば、このプランは、398,000円から、さらに30,000円も安くなって、368,000円で家族葬ができることになります。

「シンプルなお葬式」の家族葬 事前割でさらに安く

この家族葬(総額費用 398,000円)のプランを整理すると、

398,000円→393,000円(事前の資料請求で、5,000円安価)

398,000円→368,000円(シンプルなお葬式の事前割で、3万円安価)

(2)総額費用  418,000円の家族葬プラン

「シンプルなお葬式」の家族葬 418000円プラン

シンプルなお葬式の「家族葬」プランの中で、中級のプランです。

このプランは、寝台車、ドライアイス、枕飾り一式、ご安置料金、役所・火葬場手続き代行、お棺、納棺、仏衣一式、棺用布団、枕飾り一式、寝台車(安置場所から葬儀場へ)、葬儀場利用料金(市民料金)、生花祭壇、カラー遺影写真、焼香用具、線香、蝋燭一式、仏具一式・白木位牌、りん等一式、受付セット、司会スタッフ、運営スタッフ(お葬式の運営サポート)、寝台車(葬儀場から火葬場へ)、火葬料金、骨壺・骨箱、自宅飾り一式、会葬礼状は付きますが、
下記の写真で示した「正面看板」が付かないプランです。

「シンプルなお葬式」の家族葬 告別式の正面看板が付かない

また、このプランは、追加料金一切なしの総額費用 418,000円ですが、予め、シンプルなお葬式に資料請求(無料)をしておけば、さらに5,000円引き、総額413,000円で家族葬ができます。

「シンプルなお葬式」の家族葬 資料請求でさらに安く

シンプルなお葬式の「事前割」を利用すると、

さらに、後述する、シンプルなお葬式に事前の申し込みをすると、さらに費用が安くなる「事前割」を利用すれば、このプランは、418,000円から、さらに30,000円も安くなって、388,000円で家族葬ができることになります。

「シンプルなお葬式」の家族葬 事前割でさらに安く

この家族葬(総額費用 418,000円)のプランを整理すると、

418,000円→415,000円(事前の資料請求で、5,000円安価)

418,000円→388,000円(シンプルなお葬式の事前割で、3万円安価)

(3)総額費用 438,000円の家族葬プラン

「シンプルなお葬式」の家族葬 438000円プラン

シンプルなお葬式の「家族葬」プランの中で、最上位のプランです。

このプランは、寝台車、ドライアイス、枕飾り一式、ご安置料金、役所・火葬場手続き代行、お棺、納棺、仏衣一式、棺用布団、枕飾り一式、寝台車(安置場所から葬儀場へ)、葬儀場利用料金(市民料金)、生花祭壇、カラー遺影写真、焼香用具、線香、蝋燭一式、仏具一式・白木位牌、りん等一式、受付セット、司会スタッフ、運営スタッフ(お葬式の運営サポート)、正面看板、寝台車(葬儀場から火葬場へ)、火葬料金、骨壺・骨箱、自宅飾り一式、会葬礼状は付きますが、下記の写真で示した「正面看板」が付かないプランです。

なお、「正面看板」が付かないという点では、上記の総額費用  418,000円の家族葬プランと同様ですが、このプランの場合は、祭壇に供える生花(生花祭壇)の量がより多いプランとなっていますから、祭壇を生花で豪華に飾りたいというご希望があれば、このプランが適しています。

「シンプルなお葬式」の家族葬 正面看板が付かない

また、このプランは、追加料金一切なしの総額費用 438,000円ですが、予め、シンプルなお葬式に資料請求(無料)をしておけば、さらに5,000円引き、総額433,000円で家族葬ができます。

「シンプルなお葬式」の家族葬 資料請求でさらに安く

シンプルなお葬式の「事前割」を利用すると、

さらに、後述する、シンプルなお葬式に事前の申し込みをすると、さらに費用が安くなる「事前割」を利用すれば、このプランは、438,000円から、さらに30,000円も安くなって、408,000円で家族葬ができることになります。

「シンプルなお葬式」の家族葬 事前割でさらに安く

この家族葬(総額費用 438,000円)のプランを整理すると、

438,000円→435,000円(事前の資料請求で、5,000円安価)

438,000円→408,000円(シンプルなお葬式の事前割で、3万円安価)

シンプルなお葬式で「より安価に家族葬を行いたい」場合のおすすめ

以上のように、シンプルなお葬式の3つの家族葬プランは、
@仏具が付かない、A仏具が付く、B祭壇の生花がより豪華、
というように内容の異なるものですが、いずれも追加料金一切なしの安価な定額費用で家族葬を行うことができます。>>追加料金一切なしの注意

また、事前の資料請求をすれば、5,000円安価になり、「事前割」を利用すれば、3万円も安価になるというサービスも用意されています。

お得な資料請求

上記のように、より安価に家族葬を行いたい場合、シンプルなお葬式は、とてもおすすめのプランだと思います。これらの家族葬の内容は、無料で請求できる資料に分かりやすくまとめられていますので、資料のお取り寄せをお勧めします。

なお、前もって資料請求をすると、シンプルなお葬式のオリジナル「エンディングノート」がプレゼントされます。また、上記の5,000円割引のサービス券が付いてきますので、利用するとお得になります。

資料請求はこちらに>> シンプルなお葬式で資料請求


【関連説明】

「シンプルなお葬式」の「事前割」で最高50000円安くなる

シンプルなお葬式の「事前割」とは?家族葬の場合は?

上記のそれぞれの家族葬プランで、「事前割」をすれば、家族葬が30,000円も安くなってより低額になると説明しましたが、この「事前割」とは何でしょうか?

「シンプルなお葬式」の「事前割」とは

この事前割は、シンプルなお葬式を事前に申し込んでおくことによって、葬儀費用が最大5万円(家族葬の場合は3万円)も安くなるサービスです。

なお、この事前割を適用してもらうには、次の点に注意すべきです。
主な注意点としては、
@申込金を500円または1000円払うだけで、事前割のサービスが受けられる。

A申込金500円場合、3年間有効。申込金1,000円の場合、6年間有効で、事前割のサービスが受けられる。

Bただし、この事前割のサービスを受けるのには、お葬式の申込みをする30日前に「事前割」の申込をし、申込金を支払っておく必要がある。

というものですが、500円または1000円を払うだけで、最大5万円(家族葬の場合、3万円)が葬儀費から差し引かれるわけですから、かなりお得になります。

シンプルなお葬式の事前割。家族葬の場合は?

なお、主な注意点を公式サイトから抜粋すると、

  • 事前割の適用を受けるには、申込み後、指定の期間内に弊社指定の金額を支払う必要があります。事前割は、当該金額を支払った日(以下「支払日」といいます。)から30日が経過した日(以下「適用開始日」といいます。)より適用されるものとします。
  • ※例えば、支払日が2月15日の場合には適用開始日は3月17日(閏年の場合は3月16日)、支払日が4月15日の場合には適用開始日は5月15日、支払日が5月15日の場合には適用開始日は6月14日となります。
  • 事前割の有効期間は、適用開始日より3年間(但し、事前割6年の場合は6年間)となります。有効期間経過後はご利用いただけません。
  • 事前割は、申込まれたご本人様からのご依頼によってのみご利用いただけます。また、事前割は、申込まれたご本人様のご家族、ご親戚、三親等までの方のお葬式に限り、ご利用いただけます。
  • お申込み1件につき、一人様のご葬儀へ利用することが可能です。

シンプルなお葬式の家族葬の支払い方法

また、シンプルなお葬式を行った場合の支払いは、カード等でローンも可能ですから、緊急のお葬式には大助かりとなるのではないでしょうか。

家族葬の場合、36回の分割払いで、プランに応じて、月に12800円、13500円、14100円の支払いですから、負担はかなり軽くなると思います。

「シンプルなお葬式」の資料請求(無料)には、割引サービスがつきます!

みんれびの「シンプルなお葬式」に資料請求すれば、無料で郵送してくれます。

この資料請求によって、その後「みんれび」で葬儀をした際、5000円の割引がされますし、シンプルなお葬式のオリジナルエンディングノートが無料で送付されます。

この資料は、「シンプルなお葬式」のホームページから無料で請求できます。>> シンプルなお葬式

シンプルなお葬式に資料請求をするとオリジナルのエンディングノートをプレゼント

※「みんれび」を「みれんび」のキーワードで打ち込む人もいますが、正しくは「みんれび」です。


【注意点】「追加料金一切不要」に関する注意点

シンプルなお葬式の「追加料金一切不要」には注意が必要

これは、「定額料金で追加料金が一切不要」というのは、最初に見積もりを作ったプランの範囲内で「追加料金が一切不要」ということです。

従って、プラン外の事態が起きて、それを葬儀社等にお願いする場合、その分は追加料金として支払う必要があります。

例えば、病院等からご遺体を運ぶ際に使用する寝台車は、プランでは50km以内が定額に含まれる料金で、その距離を超える場合、 10km毎に5,500円の追加料金が必要になります。

そのほかにも、プランに含まれないサービスを要求する場合、その分は、追加料金として発生します。これは、当然のことですが、「追加料金一切不要」に固執していると、トラブルのもとになりますので、何がプランに含まれているのかを資料請求等でよく知っておく必要があります。


※なお、「シンプルなお葬式」では、追加料金のことに関して、このように説明しています。

原則的に、追加料金は掛かりません。但し、以下のようなケースにおいては追加料金が必要となる可能性があります。

  • 参列者への返礼品や食事を別途手配して頂いた場合
  • 僧侶へのお布施
  • 住民票がある地域以外(市民料金の適用外)の火葬場、及び公営葬儀場を使用する場合
  • 規定日数以上の期間においてご遺体の安置を希望される場合。1日あたり10,800円(消費税8%込)を要します。
  • お客様の希望でその他物品・サービスをご注文された場合

    以上のように、「シンプルなお葬式」では、追加料金がかからないといっても、それは原則であって、追加料金がかかる場合もある、ということを知っておくべきです。

    どんな場合でも、追加料金がかからないとなると、不公平になってしまう場合もありますから。

    そんなことを知ったうえでシンプルなお葬式を有効に活用しましょう。


【追加情報】

2016年5月25日より、新たに『コンビニ後払い決済』が導入されることになりました。

「シンプルなお葬式」でお葬式を行った後のお支払い方法に関して、株式会社みんれびからの発表です。

インターネットで申込できる定額のお葬式「シンプルなお葬式」を運営する株式会社みんれびは「シンプルなお葬式」での葬儀費用の決済方法において、30万円以下の葬儀プランの決済に対し『コンビニ後払い決済』を2016年5月25日(水)より新たに導入いたしました。

このような「コンビニ後払い決済」を導入することにより、クレジットカードを持っていない人や、ローンの手数料を気にされる方に対応した決済が可能となります。

新決済機能「コンビニ後払い」について

 これまで、シンプルなお葬式では、
(1)当日葬儀社に支払う現金払い(当日支払)、
(2)事前に決済するクレジットカード払い、
(3)最長36回の分割 で支払うことのできる葬儀ローンという3つの支払方法に対応しています。
今回のコンビニ後払い決済を導入することにより、クレジットカードを持っていない人やローンの手数料を気にされる方のニーズに対応した決済が可能となります。審査を経て本申込みを行うことで、葬儀後に請求書が手元に届き、請求書発行日 から14日以内にコンビニもしくは銀行振込にて葬儀代金を支払うという仕組みです。

当面、お葬式の必要はないが、葬儀レビに資料請求だけを申し込みたい場合

私も葬儀レビに資料請求をしました。

私の場合、シンプルなお葬式のホームページで「資料請求」の申し込みをしてから、2日後に資料が送られてきました。

なお、葬儀社によっては、資料請求をしただけで、担当者から電話等がかかってくる場合があります。例えば、さがみ典礼の場合、資料請求後に電話がかかってきて、資料請求の確認や、当面のお葬式の予定等について聞かれました。

しかし、シンプルなお葬式では、資料請求後に電話がかかってくることもなく、豪華なエンディングノートが手に入りましたし、資料請求後の満足度はたいへん高かったです。

エンディングノートの内容は、こちらのページに説明してありますので、興味のある方はご覧ください。

>>エンディングノートの各ページの内容

 


ナビゲーション