本文へスキップ

葬儀費 お香典

葬儀の規模と、お香典と、葬儀費の関係。

葬儀の規模が小さいからといって、葬儀費が安く抑えられるわけではありません。

まず、優良な葬儀社は複数の葬儀社を比較して選びましょう

規模、宗教、宗派、どんな葬儀スタイルや費用であっても、格安で優良な葬儀社は複数の葬儀社を比較して選ぶことが大切です。葬儀費用 葬儀スタイル お葬式

葬儀社によっては、同じスタイルと規模の葬儀でも、50万円を超えるほど違いが出る場合があります。

また、その一方で、火葬式や家族葬等の小規模の葬式をすることで、葬儀費を安く抑えようという考えもあります。しかし、火葬式や家族葬では、家族や身内の者が中心であるため、お香典による収入(収入というのは語弊があるかもしれませんが…)がほとんど期待できないことも事実です。

お香典の意義

香典は、葬儀費を賄うための資金として考慮して良いのかというと、yesとなります。本来、お香典は、突然のお葬式の出費を軽減するために、お互いに助け合うために行う見舞金のようなものですから。

葬儀の規模を決める前に、知っておきたいこと

お香典で葬儀費が軽減できる!

葬儀費を考えるうえで考慮すべきは、参列者からの「香典」です。

香典は亡くなった方への供養や遺族の方へのお見舞金となる一方、葬儀費の負担を軽減するための援助金の意義を持っています。つまり、香典は葬儀費用を賄うために期待すべきものなのです。それはお互い様のことですから、なんの後ろめたさを持つ必要はありません。

一般葬のほうが、火葬式や家族葬よりも葬儀費用が安くなる!?

葬儀で実質的に負担する金額は、葬儀費として支払った金額から香典の額を差し引いたものとなります。ですので、参列者が多く、香典の額が多くなるほど遺族が負担する金額は安くなるという訳です。

そのため、参列者の少ない火葬式や家族葬を行うよりも、より参列者の多い一般葬のほうが、遺族の負担する額が少なくなるケースも多くあります。

費用感を重視した葬儀選びは、実質的な負担額を考えて

このように、火葬式や家族葬のような参列者の人数が少ない葬儀を選んだ場合、香典が少なくなるため、遺族が負担する金額が一般的な葬儀より多くなることもあります。

そのため、最終的な葬儀費を重視して葬儀選びをする場合は、参列者からの香典を考慮に入れたうえで葬儀の種別を決めるのが賢明です。

複数の葬儀社から優良な葬儀社を選べる葬儀レビの一括見積もり

インターネットで、複数の葬儀社から希望の葬儀社を選べる「葬儀レビ」というシステムがあります。

葬儀レビなら、全国の優良な500の葬儀社から、無料で最寄りの複数の葬儀社を紹介してくれます。また、紹介のあった複数の葬儀社の見積もりを無料で案内してくれます。

それらの葬儀社の葬儀費用等を比較しながら希望に合った葬儀社を選択することができます。

急ぎの場合は、

葬儀レビの「一括見積依頼フォーム」に簡単な必要事項を入力すれば、葬儀レビから電話があって、地元近郊の複数の葬儀社を紹介してくれます。

そして、こちらが葬儀社を選んだら、葬儀レビが連絡を取ってくれますので、あとは葬儀社から連絡があって具体的な打ち合わせとなります。

資料だけでも請求できます

資料請求だけを希望する場合は、上記のように、葬儀レビの「一括見積依頼フォーム」に入力をして送信をし、葬儀レビから電話があったとき、「資料請求を希望する」ことを伝えれば、最寄りの葬儀社や葬斎場等の資料が郵送で送られてきます。

 

ナビゲーション