本文へスキップ

後悔しないお葬式 葬儀社選び

<葬儀の一括見積り>ネットを利用して葬儀費用を知る方法は?

以前なら、葬儀社は病院の紹介や地域の評判で探すのが常識でした・・・。

現在は、以前とは違い、様々な葬儀社や様々なスタイルの葬儀が用意されています。そして、同じ葬儀社でも、多様な葬儀プランが計画されていて、自由に選択することが可能となっています。

しかし、次に問題になるのは、どの葬儀社で、どのプランを選ぶことで、無駄な費用を使わずに、満足のいく葬儀ができるか、ということです。

そんな時に役に立つのが、インターネット上で展開されている「葬儀社の一括見積もりサイト」です。

最近では、このような「葬儀社の一括見積もりサイト」を利用して、数社の葬儀社の一括見積もりを比較することができるようになりました。

インターネットで葬儀社選び

その結果、こちらが納得した葬儀費でお葬式を行うことができるようになりました。

そんな、葬儀社の選択を可能にしたのが「葬儀レビ」です。

葬儀レビの特長

葬儀レビは、日本でも最大級、無料で葬儀社を紹介する第三者機関。

年間4700件の紹介実績を持つことから、最近では、葬儀レビの名前もだんだん知られてきました。

葬儀レビを利用する際の手続きの流れ

インターネットで、一括請求(無料)の申し込みをします。

葬儀レビから電話があって、最大10社の葬儀社が電話またはメールで紹介されます。

  

費用等に関して、どの葬儀社も納得できない場合、申し込みをしなくてもOK。

  

納得のいく葬儀社があれば、葬儀レビに申し込みをします。

    

選んだ葬儀社には、葬儀レビのほうで手配をしてくれます。

  

手配先の葬儀社から連絡があり、葬儀社との打ち合わせになります。

葬儀レビお客様の声より、感想を抜粋しました

(尼崎市 三木さん)
こちらの希望を叶えてくれる葬儀社に引き合わせてもらいとても感謝しています。今回お願いした葬儀社を、自分たちだけで見つけることは難しかったんじゃないかと思っています。
葬儀がはじめての方や、よくわからない方にとって、希望を伝えて相談できる「葬儀レビ」はとても便利です。
葬儀にたいして考えておられること、感じられることはそれぞれ違うと思います。数多くある葬儀社のなかから、どうやって探せばいいか迷っている方がいたら、「いちど葬儀レビに問い合わせてみたら?」と自信を持って薦めることができますね。
(宇都宮市 石川さん)
義母の葬儀は、低予算にも関わらず私たちのイメージ以上の葬儀をすることができました。
費用で悩んでいる方も多いと思いますが、葬儀社との見積もり交渉は、自分たちの事情をしっかり伝え「腹を割って」本音をぶつけ合って行うことが必要だと思いました。こちらが事情をすべてさらけ出すことによって、葬儀社もしっかり考えてくれるはずです。
今回お寺とも交渉した「うちはこういう状態なので、こうしてほしい」ということを伝えたことにより、お寺もしっかり対応していただけました。
お金をかければかけただけ盛大な葬儀にはなりますが、あまり親しくない人たちが大勢集まっても意味がないと思います。身内が故人をしっかり送ってあげることが大切ではないでしょうか。
(大津市 村田さん)
何が良かったかと言いますと、先方(葬儀社)から紹介して頂いた会館が義父の入院先のすぐ近くだったんですね。私の母も参列させたかったので、母の施設から近いということが一番のポイントになりました。それと、地元の大津ですぐに5社も紹介して頂けましたので、最初は大津に葬儀レビさんの会社がある のかって思っていました。お聞きすると本社は関東…何て言いますか、情報網がしっかり整っていることにびっくりしました。
いやもう、 こんなに豪華にして頂けるとは最初思っていませんでした。プラン内容もイメージ通りでしたし、設備的にもスゴイ立派で…。
当日は司会の方がいらっしゃっ て、段取り良く進行して頂けましたし、祭壇のお花もすごく豪華でした。ああいうのは大きな葬儀でしか出来ないものだと思っていましたので、本当に嬉しかっ たです。
(広島市 眞田さん)
「葬儀は豪華なことをしなければならないということはありません。私たちは商売を優先するのではなく、なるべく費用を抑えてお役に立ちたいんで す」。
それを聞いて準備の際の態度に納得がいくと同時に、本当に親身になってくれる素晴らしい葬儀社だと思いました。

資料請求を行う場合も、一括請求の申し込みから行えます。

私も、資料の一括請求を行いました。すると、インターネットで申し込んで、5分後に電話連絡がありました。「資料を請求したい」というと、簡単なアンケートに応えてほしいと言われたので、答えました。そして、2日後に資料が届き、それ以降、一度の電話もなく、しつこい勧誘等もありませんので、ネットで一括請求等をすると「後々しつこいんじゃないか」という心配はまったくないです。

>>【葬儀レビ】全国資料一括請求はこちら

 

ナビゲーション