本文へスキップ

後悔しないお葬式 葬儀社選び

お葬式の費用が葬儀社によって異なる理由

葬儀の費用の内訳

葬儀費用は大きく3つに分けられます。

  • 1.お葬式本体の費用
  • 2.飲食接待の費用
  • 3.お寺関係の費用

・葬儀費用には、祭壇、御棺、ドライアイス、人件費、その他の費用などが含まれています。

・実費費用には、斎場使用料、火葬料、飲食費用、返礼品、その他の費用などが含まれます。

・その他の費用としては、御布施、心付けなどの費用が含まれています。

これらの費用の合計で、お葬式の合計金額を支払うことになります。

葬儀費が、葬儀社によって大きく異なる理由

こちらがどのようなランクを選ぶか、どのようなサービスをお願いし、どのようなサービスをお断り(省略)するかで、料金がずいぶん異なるものになります。

葬儀レビ 葬式の費用・葬儀費の一括見積もり また、祭壇のランクや料理返礼品のランク、お布施等の費用が葬儀社ごとに大きく異なることになるからです。

ですので、同じような葬儀の規模であっても、葬儀費用に数十万円の違いが出る場合もありますから、注意が必要です。

そこで大切なことは、複数の葬儀社ごとに見積り比較をすることです。

 しかし、ここに厄介な問題があります。

それは、地元の複数の葬儀社の情報を集め、見積もりを依頼することは大変面倒で、とても時間のかかる作業になるということです。

資料集めは、緊急時にできることではありません。

そこでおすすめしたいのが、葬儀レビ。

葬儀レビでお葬式の情報収集を。複数葬儀社の一括見積もり請求

インターネットで葬儀レビ一括見積依頼フォームに簡単な入力をするだけで、複数の葬儀社の一括見積もりを得ることができます。

その結果、それぞれの葬儀社の葬儀費の相場を知ることができます。

その後、比較して選んだ葬儀社を葬儀レビに報告すれば、葬儀レビのほうで葬儀社に連絡をしてくれますでの、あとはその葬儀社からの連絡を待つだけ。このような方法で、安価でも良いお葬式が可能となります。

しかも、そのような手続きが、すべて無料で、短時間で完了します。

こんなシステムが、最近の葬儀社選びでは、常識となりつつあります。

※一括見積等に関する説明は、こちらのページに掲載されています。

>>【葬儀レビ】全国資料一括請求

 

ナビゲーション