本文へスキップ

後悔しないお葬式 葬儀社選び

葬儀費用の相場は、わかりにくい!その理由は?

葬儀を出すとき、一番気になるのが葬儀費用だと思います。

「うちの葬儀って、いったいいくらかかるの?」という不安です。

葬儀費は、かなり高額の出費となりますし、結婚式とは違って突然のことですから、「相場が分からないと、葬儀社に依頼するのが怖いね」という不安があるのは当然のことです。

葬儀費用の相場が出しにくい理由

葬儀の費用は、葬儀の規模や内容が家族ごとに異なるため、「相場」というものが出しにくいと言われています。

日本消費者協会のアンケート調査(平成15年)では、実際、葬儀にかかった葬儀費用は、全国平均で約200万円となっています。

私の父の葬儀費用は?

私の実家でも、数年前に父の葬儀があり、葬儀費用は約130万円でした。

全国平均からいうと安価となりますが、使用した葬儀会館には宿泊のサービスまであって、私は一晩、会館内の寝室のベッドで寝ましたし、控室は貸切でした。参列の人数は100人ぐらいはいたと思います。(当時、私は実家からかなり離れたところに住んでいて、細かい費用は、姉が担当しましたので、私は合計金額しか知りません。)

ですので、その時の費用と比較すると、全国平均が約200万円という葬儀費用は少し高すぎない?というのが実感です。

葬儀費用に、本当に200万円もかかるの?

この葬儀の全国平均金額200万円には、戒名や僧侶に支払った費用も含まれているから高いのかもしれません。私の家では、戒名は父の遺言でつけませんでしたから。

しかし、今思うと、父の葬儀には、かなり余分な企画があったと思います。

例えば、葬儀の終了時には、まるで結婚式のような上映がありました。具体的に言うと、葬儀の終了時に、葬儀そのものを回想するような形式で上映する企画がありました。これは、最近の結婚式ではよく見られますが、葬儀ではまったく不要だと思います。

喪主でありながら、実家を離れていた私は、葬儀の内容は全部郷里の姉に任せていたものですから、企画に携わらなかったのです。

問題は、葬儀の費用は、葬儀社によって大きく異なることです。

葬儀社によってお葬式の費用が異なる理由は、祭壇のランクや料理返礼品のランク、お布施等の費用が葬儀社ごとに大きく異なるためだといわれています。

だからこそ、複数の葬儀社の見積り請求が大切。

 しかし、ここに厄介な問題があります。

それは、地元の複数の葬儀社の情報を集め、見積もりを依頼することは大変面倒で、とても時間のかかる作業だからです。

まして、葬儀社の資料集めは、緊急の時にできることではありません。

その結果、あわてて病院等で紹介された葬儀社で葬儀を行った結果、思わぬ高額の費用を請求されたという実情があるのです。

葬儀で多額の損失を出したくない!どうしますか?

そんな時こそ、お葬式に関する日本最大級の総合情報サイトを運営している「葬儀レビ」を利用すべきだと思います。

「葬儀レビ」というのは、簡単に言うと、葬儀社の紹介や見積もりを無料で行ってくれるサービス会社です。

葬儀レビでお葬式の情報収集を。複数葬儀社の一括見積もり請求

葬儀レビを利用すれば、複数の葬儀社の一括見積りを無料で簡単に取ることができます。

その結果、それぞれの葬儀社の葬儀費の相場を知ることができ、各社の葬儀費用を比較することによって、納得いく葬儀社を探すことができるというわけです。

しかも、そのような手続きはすべて無料ですから、利用しない手はありません。

葬儀レビの特徴や、一括資料請求を申し込む方法などについては、当サイトの別のページにまとめてありますので、ご覧ください。>>葬儀レビ

 

ナビゲーション