葬儀代は誰が払う?兄弟の場合。

葬儀代は誰が払う?  ・・・で、兄弟、大喧嘩!

葬儀代は誰が払うかで、兄弟が大ゲンカ

お葬式を済ませた後、葬儀費用を支払う際に・・・

弟「香典から葬儀代さし引いて、残りは全部兄ちゃんが払うって言っただろ!」

兄「金なんかねえよ。車代に使ったんだよ!」

弟「そんなこと知らねえよ。父ちゃんが残してくれた金、どうしたんだよ」

兄「だから、車、買ったって言ってるだろうが」

弟「ふざけんなよ!遺産は全部兄ちゃんがもらって、葬儀代は折半しろって、虫がよすぎるんだよ!」

兄「ぬぁんだと・・・やるかーァ」

葬儀代は誰が払うか 

・・・・・・はい! 兄弟げんかは、おしまいですね!

こんな兄弟ゲンカってきっとあるでしょうね。

私は長男ですが・・・

私の場合、立場は長男。母の葬儀も父の葬儀も喪主を務めました。

しかし、私には、怖い怖い、姉がいまして、弟もいますが、それに、父の場合も、母の場合も、生前のお付き合いやら、兄弟が多くて(従って、その子供たちも大勢)、お葬式代のほとんどをお香典で賄うことができました。やっぱり、田舎のお付き合いはありがたいです。

それに、私は、埼玉在住。お葬式に埼玉から高知へ、こちらの家族みんなで駆けつける交通費が大変だろうと、郷里の姉が全部うまくやってくれました。

それは、さておき・・・

お葬式代は、兄弟の誰がはらうべきか?

昔なら、お香典を喪主が受け取る代わりに、葬儀代も喪主が出す、これが常識だったでしょう。その背景には、喪主が長男で、財産のほとんどを相続していたわけで、代わりに親の扶養や、墓や法要等の祭祀関係を受け継いだという事情があります。

しかし、現在では、お葬式代をお香典で補い、足りない分を兄弟で割るというのが、公平でいいのではないでしょうか。

というのは、近年、相続は兄弟同等で、兄が家を継ぐという考えも薄くなっているし、葬儀代は、残された兄弟が割り算する。その時、長男がいくらか多く払ってやる、というのが、兄のメンツも保てていいのではないでしょうか。

一番、いけないのは、弟が「おれが全部はらってやるよ」です。

兄の立場がありません。ほんとに。

いずれにしても、兄弟は、仲良く助け合いましょう♪

葬儀代は誰が払うか。折版で仲直り


関連記事>>お葬式代を安くする方法

ナビゲーション