本文へスキップ

葬儀費 安くする

葬儀の費用を安く する方法

葬儀費用を安く

家族葬と一般葬の大きな違いは、参列者の数ですが、一般葬と家族葬とを比べると、家族葬のほうが格安の料金でお葬式ができると思いがちです。

しかし、実は、参列者の数が少ないと、その分、お香典による収入が少なくなります。これに対して、大人数の一般葬でお香典をたくさんいただいた方が、その分の収入で葬儀費をまかなえるため、一般葬の方が安くつく場合もあります。

直葬にすると費用は安くすることができる

経済的な理由などで、とにかく一番安い葬儀費でお葬式をすませたい、という場合は、何といっても火葬式が安価です。

火葬式は、直葬とも言いますが、通夜や告別式等の儀式を行わないで、火葬のみで葬儀を行う方法です。

お葬式を自宅や公営の式場で行うと費用は安くすることができる

家族葬は、家族とごく親しい人だけの少人数で行うお葬式の形態です。可能ならば、家族葬を自宅で行うと、葬儀会場を借りる必要もないため、葬儀費用を安く安くすることができます。

また、各市町村の公営式場を使用することによって、葬儀費を安くすることができます。

なお、僧侶は必ずしも呼ぶ必要はなく、菩提寺を持っていない場合、無宗教で葬儀を行うことも可能です。

複数の葬儀社の見積を比較することで、格安の葬儀社を選ぶ!

葬儀費用は、葬儀社のプランによって大幅に異なってきます。そのため、何社かの葬儀社で見積りを出してもらい、比較することによって納得のいく葬儀社を選ぶことが区科に決定する、葬儀費用を安くする方法となります。

「葬儀レビ」という複数の葬儀社の無料見積りサービス

このサイトでおすすめしている「葬儀レビ」は、厳しい基準を設けて全国の優良な約500の葬儀社と提携しており、ネットで一括見積(無料)の申し込みをすれば、地元近郊の複数の葬儀社と葬儀費用の一括見積りを出してもらうことができます。

その見積もりを比較検討することによって、良いサービスで格安に行っている葬儀社を選ぶことできます。その結果、全国の平均料金から数十万円も安く安くすることも可能になります。

そんな葬儀費用のことや、サービス内容が写真で詳しく説明されている葬儀レビのホームページをご参考にされてはいかがでしょうか?


【関連記事】

直葬は低料金です! しかし、注意すべき点もあります!

葬儀費用を安くできる「直葬・火葬式」とは?

「直葬」とは、通夜・告別式などを行わずに、近親者のみで、火葬のみを行う儀式のことです。ご遺体が安置されている病院などから、通夜・告別式を得ずに、直接、火葬場に搬送するため「直葬」と言われています。

ただし、火葬場で僧侶の方にお経を読んでもらえるケースもあり、「火葬式」とも呼ばれています。

直葬の流れは?

直葬の場合は、「通夜」「告別式」がない為、下図のような流れになります。

直葬の流れ

直葬の費用相場は?

平均20万円前後

直葬の場合、通夜・告別式を省略する分、費用が抑えられ、葬儀社にお願いした場合の費用は、20万円前後が相場のようです。葬儀社の中には、10万円前後で提示してあるプランもありますが、プランの中身を確認することなく、ただ安いからという理由で選ぶのは用心しましょう。

なお、ご自身で用意したり、手配できるものに関しては、ご自身で行なった方が安くあがることもあります。セットプランでお願いする場合は、プランの中に何が含まれているのかきちんと確認したうえで選ぶようにしましょう。

火葬場によって、火葬料は異なる

火葬場には、市や区などが運営している「公営」の火葬場と、「民間」の火葬場があります。

公営の火葬場の場合

住民であれば安く利用することができ、自治体によっては「無料」で行っている自治体もあります。

民間の火葬場の場合

火葬炉にも「特別室」などのランクがある火葬場もあり、東京のある火葬場では、ランクによって約6万円〜17万円とかなりの差があります。

また、葬儀社が提供している「直葬」のセットプランに火葬料が含まれている場合でも、「民営」の火葬場で火葬する場合、一定の金額を超える場合には、追加で費用が発生する場合があります。

安置期間によって追加料金がかかることも

また、火葬場が混み合っており、すぐに火葬できない場合、追加で安置するための費用がかかります。

火葬場の霊安室(柩保管施設)で安置する場合、施設によって異なりますが、1日あたり5千円〜1万円前後かかります。

直葬の注意点は?

1)日本の法律では、死後24時間経たないと火葬できません

日本の法律では、死後、24時間経過しなければ火葬を行うことができません。

従って、火葬までの間、どこかにご遺体を安置する必要があります。病院では、安置しておけないケースが多く、亡くなってすぐに火葬できるわけではないため、ご遺体の安置費用は必ずかかるものと思っておいた方が無難でしょう。

2)お寺に事前確認をし、トラブルがないようにしましょう

先祖代々のお墓があり、お付き合いがあるお寺があるという方は、直葬を行う前に事前にお寺の僧侶に確認をしておきましょう。というのは、お寺によっては、葬式(通夜・告別式)をやらずに納骨をすることができない所もあり、トラブルの原因となることもあるからです。

直葬で行う場合は、それなりの理由があると思いますで、事情を説明し、理解してもらった上で、行うようにしましょう。

3)直葬で行うことを親族などにも相談をしておきましょう

葬式をせず、火葬まで済ませた場合、お別れをしたかった親族や周りの方から「なぜ直葬にしたのか」と、後々文句や忠告を受けることもあるようです。

そうならないように、直葬をする前に、親族の方には早めに連絡しておき、承諾を得ておいた方が良いでしょう。

また、直葬の場合は、火葬に行けなくても、「お線香だけでもあげさせてほしい」と自宅を尋ねる方が増え、来客対応に追われる可能性もありますので、その点も考慮した上で行いましょう。

4)直葬では香典収入が見込めないことも知っておきましょう

直葬の場合、近親者のみで行うため、一般的な葬儀をやった場合に比べて、香典収入がほとんどないと思っていたほうが良いと思います。従って、直葬にかかった費用のほとんどを負担しなくてはならないこととになります。

ただし、故人の方が健康保険に加入されていた場合は、葬式費用の補助として、申請すれば給付金が貰えるため、忘れずに申請しましょう。。

 

ナビゲーション