本文へスキップ

葬儀費 抑える

葬儀の費用を抑える方法

家族葬と一般葬の大きな違いは、参列者の数ですが、一般葬と家族葬とを比べると、家族葬のほうが格安の料金でお葬式ができると思いがちです。

しかし、実は、参列者の数が少ないと、その分、お香典による収入が少なくなります。これに対して、大人数の一般葬でお香典をたくさんいただいた方が、その分の収入で葬儀費をまかなえるため、一般葬の方が安くつく場合もあります。

直葬にすると費用は安く抑えられる

経済的な理由などで、とにかく一番安い葬儀費でお葬式をすませたい、という場合は、何といっても火葬式が安価です。

火葬式は、直葬とも言いますが、通夜や告別式等の儀式を行わないで、火葬のみで葬儀を行う方法です。

お葬式を自宅や公営の式場で行うと費用は安く抑えられる

家族葬は、家族とごく親しい人だけの少人数で行うお葬式の形態です。可能ならば、家族葬を自宅で行うと、葬儀会場を借りる必要もないため、葬儀費用を安く抑えることができます。

また、各市町村の公営式場を使用することによって、葬儀費を抑えることができます。

なお、僧侶は必ずしも呼ぶ必要はなく、菩提寺を持っていない場合、無宗教で葬儀を行うことも可能です。

複数の葬儀社の見積を比較することによって格安の葬儀社を選ぶ

葬儀費用は、葬儀社のプランによって大幅に異なってきます。そのため、何社かの葬儀社で見積りを出してもらい、比較することによって納得のいく葬儀社を選ぶことが区科に決定する、葬儀費用を抑える方法となります。

「葬儀レビ」という複数の葬儀社の無料見積りサービス

このサイトでおすすめしている「葬儀レビ」は、厳しい基準を設けて全国の優良な約500の葬儀社と提携しており、ネットで一括見積(無料)の申し込みをすれば、地元近郊の複数の葬儀社と葬儀費用の一括見積りを出してもらうことができます。

その見積もりを比較検討することによって、良いサービスで格安に行っている葬儀社を選ぶことできます。その結果、全国の平均料金から数十万円も安く抑えることも可能になります。

そんな葬儀費用のことや、サービス内容が写真で詳しく説明されている葬儀レビのホームページをご参考にされてはいかがでしょうか?

>>【葬儀レビ】全国資料一括請求はこちら

 

ナビゲーション