良い葬儀社の選び方

良い葬儀社の選び方

亡くなる人の大半は病院で亡くなりますが、病院で指定された葬儀社や病院が紹介した葬儀社がよい葬儀社とは限りません。その場合、葬儀社は控室などに常駐していますので、その料金が必要だったり病院へのお礼金を支払うため、その分葬儀費が高くなります。

なお、病院から紹介された葬儀社は、ご遺体の搬送だけを依頼することもできます。その場合、搬送料が必要になります。

また、葬儀社を決めるとき、知り合いに尋ねることが多く、その返答として紹介された葬儀社に決める場合がほとんどでしょう。しかし、友人が適当な葬儀社を知らないとき、友人は日常的に仕入れたうわさなどで紹介することも多いのだと思います。

葬儀社選びに、まず最初にすべきことは?

葬儀社選びをする際、最初にどんな葬儀をするのかを決めなければなりません。葬儀の規模は大きいのか、小さいのか、料金は低価格を望むのか、高額でもよいのかを明確にすべきです。

というのは、葬儀社にはそれぞれ得意不得意があります。小さな町の葬儀社に、大型の規模の葬儀を依頼しても、おそらくうまくできないでしょう。また、その逆に、大型規模の葬儀を行っている葬儀社に小規模の葬儀を依頼した場合、いい加減に扱われるかもしれません。

というわけで、葬儀社選びは、こちらも不慣れなため、突然の出来事があったとき、葬儀社を選ぶのに戸惑ってしまうのは当然のことです。

そこで、以下に、よい葬儀社を見分けるためにすべきことを箇条書きにします。

1)事前相談として、見積もり書を出してもらう必要があります。そして、その内容を検討し、特に追加料金が発生することがあるのかどうか、きちんと確認をしましょう。

2) 葬儀社の担当者の態度や返事に注意をして、丁寧な対応なのか、返答は明確なのかチェックをしましょう。少しでも曖昧な態度があれば要注意です。

3) こちらの予定しない、または気づかないことで担当者から提案がある場合、一方的な提案ではなく、理由や裏付けのある提案であるかどうかチェックをしましょう。一方的に提案をしてこちらが納得していないのに担当者のほうで決定するような態度があれば、要注意です。

4) 小規模の葬儀や家族葬を希望したとき、対応が冷たくなるような葬儀社もありますので、そのような葬儀社は要注意です。

そのほかにも、 契約を急がしたり、供したりする態度や、葬儀の営業年月、地域での信頼性、店舗の様子等もチェックをしましょう。

また、何よりも、事前に複数の葬儀社に資料を請求してそれらを比較し、資料の印象からまず良質の葬儀社を選びましょう。そして、電話で確認をしたり、実際に担当者に会って、葬儀費やサービスの内容が資料通りかどうかを確認し、あわせて担当者の人柄等もチェックして、何もおかしなところがなければ、まず安心して依頼ができると葬儀社であるとしましょう。

ナビゲーション