お葬式 格安の葬儀費用 葬儀社

良いお葬式を格安の葬儀費用で!葬儀社はどこに?

葬儀レビ

「葬儀社の一括見積もり資料請求」をする方法

格安の葬儀費用で葬儀を行うには、複数の葬儀社から見積もりを取って、それを比較することが大切です。

しかし、複数の葬儀社から見積もりを取るには大変な労力が必要ですが、最近では、葬儀社の一括見積もりを簡単に取ることができるサービスがあります。

それが、株式会社よりそうの「よりそうのお葬式」です。

「よりそうのお葬式」に資料請求をすることで、今お住まいの近郊の葬儀社の情報や葬儀費の一括見積もりのご案内が郵送されてきます。

※ この一括見積もりを入手すれば、今お住まいの近郊で葬儀をしたいときに、どれくらいの費用が必要になるのか、あなたの地域にある主な葬儀社の費用相場やサービス内容が分かるため、どの葬儀社を利用すればよいか、有効な判断材料とすることができます。


<目次>

関連記事


良いお葬式を格安の葬儀費用で行うために、まず一番大事なことは?

① 複数の葬儀社の見積もりを取る。

② 見積もりを元にして、料金やサービスを比較する。

③ 複数の葬儀社の見積もりは、無料サービスを利用する。

以上のことをすれば、格安で良いお葬式ができます。

このページでは、その方法をご説明します。

お葬式の内容は、葬儀社の良し悪しで決まります。

私たち一般人は、お葬式の決まり事や段取りについて、ほとんど知らないのが一般的です。だからこそ、葬儀社に依頼をするわけですが、そのお葬式が良いお葬式だったかどうかは、葬儀社の良し悪しで決まってしまいます。

ですので、できるなら良いお葬式を格安で行ってくれる葬儀社にお願いをしたいところですが、どの葬儀社が低価格で優良な葬儀社かどうかは、葬儀を終えてみなければわからないという不透明さがあります。

お葬式の全国平均費用は?

なお、お葬式に要する費用は、全国平均で約200万円という報告があります。

私の両親はすでに亡くなっていますが、二人とも100人ほどの参列者の規模で一般葬を行って、それぞれ120万円ほどの費用が必要でした。それを考えると、お葬式の全国平均が約200万円というのは、本当かな?と思いますが、突然のお葬式に200万円の出費というのは、よほど金持ちでない限りたいへんな負担となります。

ところが、最近では、低価格でも大変良いお葬式を行ってくれるサービスも普及しています。また、金額をかければよいお葬式になるものでもありませんし、真心のこもったお葬式ができるようにするのが、故人を送り出す者の務めだと思います。

良い葬儀社を探すにはどうすればよいでしょうか?

私たちが、葬儀を依頼する前にできることといえば、依頼可能な複数の葬儀社の比較をして、良心的な費用で良いお葬式をしてくれる葬儀社を探すことです。

そのために必要なことは、予め複数の葬儀社から葬儀費用の見積もりを取って、費用や葬儀内容を比較することです。しかし、実際にお葬式を出す必要に迫られると、時間的な余裕がないため、複数の葬儀社に見積もりをお願いすることはほとんど不可能です。

葬儀レビ

「よりそうのお葬式」で、何がしてもらえるのでしょうか?

この「よりそうのお葬式」では、予め、厳しい基準を設けて全国の優良な約500の葬儀社と提携しており、私たちが、インターネットで一括見積もり(無料)の申し込みをすれば、地元の葬儀社の中から状況に応じた複数の葬儀社を選んで、葬儀の見積りを一括的に出してもらうことができます。

そのような一括見積のサービスは、すべて無料で行うことができますし、申込方法もすべてネットで簡単に行うことができます。

また、お葬式の事前準備から葬儀社、葬儀会場、火葬場の紹介や手配まで、葬儀のことなら何でも無料で相談ができますので、気軽に利用することができます。

格安の葬儀社を探すとき、葬儀レビがお葬式探しを徹底サポート 株式会社みれんび

「よりそうのお葬式」の一括見積りサービスを利用する手順

1)よりそうのお葬式のホームページに掲載されている「依頼フォーム」に必要事項を記載すると、まずよりそうのお葬式の担当者から電話で連絡があり、今すぐ葬儀の手配が必要なのかについて、確認があります。

この時、資料請求だけで良い場合は、その旨を伝えます。

2)また、よりそうのお葬式の担当者から、葬儀場所の要望や葬儀費用の希望等について質問があります。そのやり取りの内容から、よりそうのお葬式の担当者が、こちらの条件に合った最寄りの複数の葬儀社を選んでくれます。

3)上記で担当者が選んだ各葬儀社の見積り等の資料は、こちらの希望(依頼フォームの「電話」と「メール」のいずれにチェックを入れるか)によって、電話で提示されるかメールで送られてきます。

その結果、資料に記載された各葬儀社の費用見積りやサービス内容を比較して葬儀社を選ぶことができます。納得のいく葬儀社がない場合、お断りをすることもできます。

4)こちらが選んだ葬儀社に依頼をする場合、よりそうのお葬式にお願いをすると、葬儀社のほうで連絡をしてくれます。その後、葬儀社から電話があり、その後はこちら(依頼者)と葬儀社との打ち合わせになります。

緊急にお葬式を手配したい・・・わからないことがあったらどうするの?

お葬式は、たいてい、だれもが不慣れで、どうすればよいか分からないことがたくさんあると思います。

そのようなとき、一括見積りを申し込んだ後、よりそうのお葬式から電話がありますので、分からないことを担当者に聞けば、親切に教えてくれます。

よりそうのお葬式の担当者は、葬儀関係のことについては専門家ですので、すぐに対処すべきことでも、丁寧に教えてくれます。

これらの質問は全部無料ですので、遠慮せずに利用することができます。

「よりそうのお葬式」に一括見積りをする:依頼フォームの入力方法

「よりそうのお葬式」へ一括見積りを請求する方法は簡単です。

よりそうのお葬式のホームページを開けると、下記のような「一括見積り依頼フォーム」があります。入力する内容は、氏名、住所、電話番号等、わずかですので、速い人なら1分で終わります。

葬儀レビの「一括見積り依頼フォーム」

「一括見積り依頼フォーム」に記入する際の注意

上記の「一括見積り依頼フォーム」の「ご依頼方法」の欄に、「電話」と「メール」を選択する箇所があります。

葬儀レビの一括見積り依頼フォーム ご依頼方法

「ご依頼方法」の「電話」を選択すれば、記載事項は非常に簡単な内容(氏名・住所・連絡先)で済みます。

なお、「ご依頼方法」の「メール」を選ぶと、画面が変わって非常に多くの記載事項を入力する必要がありますので、「電話」を選ぶことをお勧めします。

「電話」を選んで必要事項を入力し送信すると、数分後(私が手続きをしたときは5分ぐらいでした。しかし、込み具合で状況が変わります)に「よりそうのお葬式」の担当者から電話があります。その電話で色々なことを質問することができますので、不安なことや分からないことがあれば遠慮なく尋ねるようにしてください。

私は、よりそうのお葬式に電話で資料請求だけを申し込みました。

私の場合「一括見積り依頼フォーム」を送信してから5分ぐらいでよりそうのお葬式から電話があって、丁寧な口調で「緊急でしょうか」と聞かれました。

資料だけ欲しい旨を伝えると、「簡単なアンケートに答えて下さい」ということで2~3の質問に答えると、2日後に資料が送られてきました。

よりそうのお葬式の対応は、本当に丁寧でした!

私の場合、よりそうのお葬式の担当者は女性で気持ちの良い対応でした。その時、葬儀のことやよりそうのお葬式のことなど色々と質問をしましたが、丁寧に答えてくれました。

なお、その後、よりそうのお葬式から電話などは一切ありませんでしたから、資料請求をしたからといって、その後の煩わしい電話で困るようなことはありません。

送られてきた大型封筒の中には、丁寧な手紙や詳細な資料、私の住所の葬儀場として「東京都の瑞穂斎場」の詳しい資料等が入っていました。

この瑞穂斎場の詳しい資料は、たいへん役に立っています。

今、一括見積もりをすれば、お得なサービスが付きます。

よりそうのお葬式を通して葬儀を行った方に、最大2万円のキャッシュバックがあります。ただし、期間限定(いつまでかは不明ですが)となっています。

葬儀レビで葬儀社への依頼をすると2万円のキャッシュバックがされます

また、今すぐに葬儀を出すわけではないという方も、いざという時にあわてないように予め資料を請求して必要な知識をもっておくことをおすすめします。

一度でも「一括見積り依頼フォーム」で申し込んだ経験があると、勝手がわかっていますので、緊急の場合でも、落ち着いて対処することができます。

ですので、近い将来、葬儀の必要がある状況なら「一括見積り依頼フォーム」で申し込んでおかれることをおすすめします。

「葬儀レビ」のメリットと利用をする際の注意点

葬儀レビのメリットをまとめると3つになります。

  • メリット1)複数の葬儀社の見積もりを提供してもらえる
  • メリット2)より良い、お得な葬儀社を見つけられる
  • メリット3)厳選された質の良い葬儀社が多い

メリット1)複数の葬儀社の候補を効率よくもらえる

葬儀を出さなければならなくなったとき、葬儀の準備を効率よくおこなくことは大変重要になります。
公正取引委員会によると、葬儀の準備において時間的余裕がなく、葬儀社の比較ができないで80%以上の人が後悔しています。

たった1分、自分の要望を記入することで、複数の葬儀社の見積りがあげれることは、時間のない葬儀の準備においておおきなメリットと言えます。
ではどれくらい効率よく候補をあげられるのでしょうか?
下記に一括見積りサイトを利用する場合としない場合での、複数社から見積もりをもらえる流れをみていきましょう。

手順 一括見積りサイトを使用しない 一括見積りサイトを使用する

1 自身の要望に合う葬儀社Aを探す 自身の要望をサイト上に記入
2 葬儀社Aの見積りに必要な情報収集 (サイト運営社と要望確認する場合もある)
3 見積もりの依頼
4 自身の要望に合う葬儀社Bを探す
5 葬儀社Bの見積りに必要な情報を収集
6 見積りの依頼

また、下記のように整理できます。
一括見積もりサイトを使用しない 一括見積りサイトを使用する
手順の数 6 2
見積もり数 2社 平均5社
かかる時間 4-5時間 1分

時間の内葬儀の準備において効率よく葬儀社の候補を増やせるのは大きなメリットと言えます。

葬儀レビ公式ページ

https://sougi.minrevi.jp/

メリット2:より良い、お得な葬儀社を見つけられる

冒頭でも散々お伝えしてきましたが、満足のいく葬儀社選びのコツはなるべく多くの葬儀社を比較することです。

そんな中複数の葬儀社の見積りを出してくれる「葬儀レビ」は最適なサービスです。

冒頭で説明した通りに、例え同じ要望で探していても、葬儀社の費用や内容は大きく異なります。

一括見積りサービスを使おうが使わまいが必ず複数の葬儀社の比較は行うようにしてください。

メリット3:厳選された質の良い葬儀社が多い

慣れない葬儀の準備の中で、数多くの葬儀社の中から、あなたの要望にあった優良な葬儀社を見つけるのは難しいです。

そんな葬儀社選びですが、「葬儀レビ」経由で紹介される葬儀社は質のよいものが多いといえます。

もちろん中には優良でないものも含まれてる可能性があるので気をつけください、

サイトを運営している会社は葬儀業界で名の知れている大手企業です。

その会社の信頼を守るため、あなたに紹介する葬儀社の選定を下記のように厳しくおこなっております。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

ではまず、みなさん気になるであろう葬儀レビのデメリットをみていきましょう

2つのデメリット

紹介される葬儀社が全国の全てが対象とは限らない
紹介される葬儀社が全て優良であるとは限らない

ではそれぞれを説明していきます。
デメリット1:紹介される葬儀社が全国全てが対象とは限らない

「葬儀レビ」は独自のプランをもって、独自の営業方法で葬儀社と提携します。

もちろん、日本の全ての葬儀社と提携はできません。

これは正直どうしようもないことです。あの有名な食べログやぐるなびも全ての飲食店と提携できている訳ではございません。

対処法としましては、万が一あなたにとって最適な葬儀社を見落とさないために、葬儀の定額サービスとの併用をおすすめします。

具体的な対処法は第4章の「葬儀レビを利用する際のコツ」で説明します。

デメリット2:紹介される葬儀社が全て優良とは限らない

「葬儀レビ」はあなたと葬儀社をつなぐ仲介サービスで、斎場ももっているわけでもなく、葬儀社でもありません。

葬儀社を厳選している信頼できるサイトだとしても、全ての葬儀社の質を担保はできません。

対処法としては、優良なものかを自分で判断することになります。

下の記事で優良な葬儀社の見分け方を紹介しておりますので是非参考にしてください。

業界人が教える家族葬における葬儀社の後悔させない選び方

上記のような理由だけで、日本に7,000以上ある葬儀社の中から家族葬を選んでしまうのは大きな間違いです。 家族葬は他の葬儀と比較し、費用面でとても透明性があり納得できる比較検討ができるのが特徴です。 ...

続きを見る

尚、例え理想な葬儀社が候補としてなくても自らお断りの連絡を入れる必要は一切ないのでご安心ください。

葬儀レビ

では続いてメリットもみてみましょう。



葬儀レビ

ここまで葬儀レビのメリット・デメリットを紹介してきました。

時間や精神的に余裕のない葬儀の準備において、効率よく優良な葬儀社の候補をだせるだけでなく、葬儀の相場を把握する目的でも気軽に使えるメリットがあります。

ただ全ての葬儀社が対象でないこと、登録されている全ての葬儀社が優良でないことに注意が必要です。

葬儀レビ公式ページ

https://sougi.minrevi.jp/

では最後に、上記のデメリットを加味した上で、葬儀レビを利用する際のコツを紹介します。
4.葬儀レビを利用し満足のいく葬儀をするコツ

こちらでは葬儀レビの特徴やデメリット、注意点を加味して、元葬儀人の私が考えた実際に利用する際のコツを紹介します。

下記の3つの流れに沿って行なえば、5分で納得できる葬儀社えらびができますのでご参考ください。

3つの流れ

葬儀レビを利用し検討する葬儀社を増やす
最適な葬儀社が抜けてないか定額サービスを併用する
検討している葬儀社が優良かを確認する

ではそれぞれを見ていきましょう。
流れ1:葬儀一括見積りを利用

自身で探して見積りを依頼するのもありですが、大変時間がかかってしまいます。
一括見積もりサイトを使用しない 一括見積りサイトを使用する
手順の数 6 2
見積もり数 2社 平均5社
かかる時間 4-5時間 1分

ここは楽をして「葬儀レビ」の一括見積りを利用するようにしましょう。
流れ2:見積もり内容を他のサービスでも確認

「葬儀レビ」のデメリットの一つとして、全国の葬儀社を把握していない場合がございます。

仮に見積もりの中で良い葬儀社があった場合でも、葬儀の定額サービスを利用して他に良い葬儀社がないかの確認をおすすめします。

実績や提携葬儀社数の観点より「シンプルなお葬式」や「小さなお葬式」等のポータルサイトから探せば問題はないでしょう。

※尚、2018年05月時点で定額サービスの中でも一番安い費用を提供しているのは「シンプルなお葬式」になります。

【利用者の評判・口コミ】よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)の特徴を元葬儀人が徹底調査

※2018年4月に「シンプルなお葬式」は「よりそうのお葬式」に名前が変わりました。 お葬式の準備を進めていて、よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)を候補の一つにしている方も多いと思います。 ただ、下 ...

続きを見る

流れ3:検討している葬儀社が優良かの確認
葬儀レビのデメリットのもう一つとして、提携している葬儀社全てが優良なものとは限りません。

こちらは葬儀レビ以外の全てのサービスにも同じことが言えますが、どうしようもできません。

対象方法としては、下の記事で優良な葬儀社の見分け方を紹介しておりますので自分の目でしっかりと確認をすることです。

業界人が教える家族葬における葬儀社の後悔させない選び方

上記のような理由だけで、日本に7,000以上ある葬儀社の中から家族葬を選んでしまうのは大きな間違いです。 家族葬は他の葬儀と比較し、費用面でとても透明性があり納得できる比較検討ができるのが特徴です。 ...

続きを見る

5.まとめ

いかがでしたか?元葬儀人が「葬儀レビ」を実際に利用し、とことん調べた内容を紹介させていただきました。

筆者としては、多少のデメリットがあるとはいえ、それ以上のメリットがあるため基本的に利用はオススメしております。

ただ利用方法に関しては後悔のないようにデメリットを把握した上で利用してみてください。

こちらの記事を通じてあなたが後悔のない葬儀社選びができれば幸いです。


お葬式は、格安でシンプルに行いたいという場合、「よりそうのお葬式」がおすすめです。

「よりそうのお葬式」について

「よりそうのお葬式」は、インターネットで申し込むだけで、全国の格安な葬儀社を探してくれるサービスを提供しています。

よりそう「よりそうのお葬式」では、依頼者の要望に応じ、必要な内容に絞ったお葬式とすることによって、以下のような低価格の3つのプランを実現しています。

  • 火葬式で、148,000円。(※お通夜と告別式は行いません)
  • 一日葬式で、278,000円。(※お通夜は行いません)
  • 家族葬で、398,000円。(※お通夜も告別式も行います)

サービスの詳細な内容は、インターネットで資料請求をすると無料で送られて来るパンフレットで確認することができます!

「よりそうのお葬式」に資料請求したら、エンディングノートがもらえます

今、「よりそうのお葬式」に資料請求をすると、オリジナルのエンディングノートを無料で送ってもらえます。

このエンディングノートは、A4版30ページで、アンケートに基づいて作成された使いやすい内容となっています!

こちらに、私が資料請求して郵送してもらったエンディングノートの全ページを写真でご紹介しているページがありますので、ご覧ください。


【関連記事】

よりそうのお葬式に対する口コミ

50歳 男性の方のこんな口コミがありました↓
<50歳 男性>
よりそうのお葬式の良いところは、他の人も書いている通り複数の業者の情報が一括して手に入るという点。
こういうところって「相見積もり」ってなかなか言いづらいものだけど、よりそうのお葬式なら金額の相場などもすぐに調べることができるので、価格が適正かそうでないかという点も短い時間で判断ができる。
さらに、斎場についての情報も調べることができるので、とにかく細かい情報が必要な場合には役立つサイトと思う。
難点としては、必ずしも自分の住んでいる地域の必要な情報が手に入るとは限らないという点。
こればかりは総合情報サイトの宿命といえる部分かもしれないけれど。

上記の口コミの中に、「難点としては、必ずしも自分の住んでいる地域の必要な情報が手に入るとは限らない、という点。」と書いていますが、実際に資料請求をすると、パンフレットの他に、近郊の複数の斎場・葬儀場が、外観写真、地図、アクセス、住所、電話番号、「★ここがおすすめ!」等が書かれた1枚ごとのチラシがたくさんついてきます。また
、価格表もついてきますので、地域の必要な情報は、かなり入手できます。

51歳 男性の方で、こんな口コミもありました。
<51歳 男性>
葬儀を出す先をインターネットで探すことについてはいささか抵抗もありましたが、実際にさがしてみるとかなり手軽に見つけることができ助かりました。
葬儀というのは、何日もかけてやるものではないかわりに、どこにお願いするのかを見つける時間というのもかなり限られています。
その点、地域や自身のニーズから葬儀社を探すことができるよりそうのお葬式は、短時間で葬儀を出したいところを探すという点で考えるとかなり最適なサイトと思います。
検索もしやすく、検索で見つけることができる葬儀社さんの情報についても優秀なところが多いので、基本的にどこにお願いしてもある一定のクオリティは保証されていると思います。
また、料金的な面についても最初にこちらで予算を決めておくことができますので、追加料金がかからないという点ではとても助かりますね。
もう少し見やすいサイト構成であればさらに良かったと思いますが、この点以外は特に気になることがないほど優秀なサイトではないでしょうか。

>> 霊園やお墓探しの悩みは「首都圏石材協同組合」で相談できます。


ナビゲーション

 粉骨 海洋散骨 お葬式のミキワ