葬儀を家族葬で行う場合の葬儀社選びの方法

家族葬とは近親者だけで行う葬儀スタイル

家族葬とは

家族葬とは、遺族とごく親しい人だけが集まり、小規模で行う葬儀をいいます

家族葬のメリット

家族葬は、参列者への気遣いが不要なので精神的負担が軽くなります。また、受付、会葬御礼品などが不要となり、費用も安く抑えられるなどのメリットもあります。

家族葬のデメリット

ただし、家族葬で注意をすべきは、葬儀を知らせるべき人がいるにもかかわらず、家族だけ知っておればよいという感覚でいると、故人が一生をかけて築いた人間関係を無視することにもなります。そして、後々「どうして葬儀に呼んでくれなかったのか?」という感情的なトラブルとなる恐れもあります。

ですので、生前からエンディングノートを残してもらうとか、何かの機会に友人や知人関係を聞いておく配慮も必要です。

また、葬儀費が安いからという理由だけで家族葬を行うと、香典の収入が減るため、葬儀費用を補助するということができなくなります。

ですので、葬儀費を考慮する場合、香典収入との兼ね合わせからも判断する必要があります。結果的に、通常の一般葬にしたほうが、香典の収入があって、家族葬よりも安く済んだということも珍しくありません。

従って、家族葬を検討する場合は、メリットとデメリットを考慮しましょう。そのような考慮をしたうえで、葬儀に、誰をどの関係まで呼ぶか、誰に知らせる必要があるか、香典や供花は辞退するか、受け取るか等を家族で決めて関係者に徹底する必要があります。

なお、「密葬」という葬儀の形態もありますが、密葬の場合、火葬後に「本葬」を行うのが一般的です。

家族葬の特徴

家族葬は「通夜」と「告別式」を行う一般的な内容の葬儀となります。ですので、参列者を限定すること以外は、「一般葬」と同じです。

家族葬の場合、家族を中心とするごく親しい間からの集まりとなりますので、他人に気を遣うこともなく、また他人の接待等に気を取られることもなく、ゆっくりと故人とのお別れを過ごすことができます。

家族葬の費用の相場

家族葬にかかる費用の相場は、おおよろ30〜50万円が目安ですが、家族葬といっても、その内容や人数は家族によってさまざまですから、費用も異なるものになります。いずれにしても、一般的な葬儀よりも参列者が少ないため、サービスを最小限に抑えることができ、葬儀費としての出費を低価格にすることが可能です。しかし、上記のようにお香典の収入自体は減りますので、考慮すべきです。

葬儀社選びのポイント

家族葬を葬儀社に依頼する場合、どのような点に注意して葬儀社を選ぶべきか、考えてみましょう。

こんな葬儀社なら安心してお任せできます

見積書の内容を詳しく説明してくれたり、想定外の追加費用等を予測してアドバイスしてくれたりするところは安心して依頼できそうです。

細かいことでも遺族の目線で親身に考えて、丁寧な説明をしてくれる葬儀社を選びたいものです。葬儀社を決める前に、納得できるまでしっかり検討しましょう。

大半の方は病院で亡くなるのが実情です

その場合、病院で亡くなった後、葬儀社の担当者が現れて、「まだ葬儀社を決められていないなら、私どもで搬送をさせていただきます」と話があります。

しかし、 「病院指定の葬儀社」というのは、単にその病院に搬送業者として入っているということですので、葬儀を頼まなければいけないということはありません。また、そんなことを病院側で勝手に決められるものでもありません。

ですので、「病院指定の葬儀社」さんが搬送をする場合、搬送だけをしてもらい、葬儀は他の葬儀社を当たることも可能です。

また、他の葬儀社が既に決まっている場合、すぐにその葬儀社に連絡をして搬送の件をお願いします。

問題なのは、葬儀社が決まってなく、これから葬儀社を探さなくてはならない場合です。

この場合、地元の複数の葬儀社に電話をして、一社ごとに見積もりを取ることは、時間的な余裕がないだけに、困難な(おそらく不可能な)作業となります。

それでは、どうすればよいでしょうか?

緊急の場合の葬儀社探しを迅速に行う方法とは?

そんなときに、手助けをしてくれるのが、当サイトでお勧めしている全国対応の葬儀社紹介サービス「葬儀レビ」です。

この葬儀レビは、今すぐ葬儀を行いたいというお急ぎの方や、お葬式をどのように手配してよいのかわからない、という時のために、365日、24時間、全国対応でお葬式等の相談に応じる体制を整えています。

葬儀レビの利用方法は?

葬儀レビのホームページから、インターネットで一括請求を申し込めば(申込みは実に簡単です)、葬儀レビから電話があり、複数の葬儀社の見積もりを出してくれます。そして、それらの各葬儀社の比較をして、こちらが選んだ葬儀社への連絡も葬儀レビでやってくれます。

緊急の場合は?

緊急の場合でも、葬儀レビのホームページにある「一括見積依頼フォーム」 に必要事項を記入して送信すれば、葬儀レビから電話があって、わからないことを質問した、複数の葬儀社を紹介してくれます。

「一括見積依頼フォーム」

「一括見積依頼フォーム」の入力の注意点

注意すべきことは、緊急の場合は特に「一括見積依頼フォーム」の「連絡方法(ご依頼方法)」(上記の赤い矢印の部分)は、「電話」に●を入れておくべきです。

というのは、「電話」なら入力事項が上記のように簡単で、1分程度で入力でき、送信後に「葬儀レビ」の担当者から電話があって、即座に相談を始めることができます。

しかし、「連絡方法(ご依頼方法)」を「メール」にすると、下記のような画面ではなく非常に入力事項の多い画面に代わり、入力するのに時間がかかります。

従って、上記の方法で、即座に葬儀社を決定することができます。

>>【葬儀レビ】全国資料一括請求

     

ナビゲーション