お葬式 まず資料請求をしましょう

お葬式を安心・格安で行うには、まず資料を取り寄せてみましょう

お葬式を安心・格安で行う方法

お葬式を安心・格安で行う方法としては、まず資料を取り寄せて検討する必要があります。これは、電化製品を買ったり、引越し業者を選んだりするのと同じで、まずパンフレットのようなものを取り寄せて比較をする必要があるからです。

資料請求の取り寄せの方法

資料請求の取り寄せの方法は、地元の葬儀社で公式のホームページを持っている場合は、そのページの資料請求の箇所から申し込みができます。また、地方の小さな葬儀屋さんの場合、ホームページを開設していないところもありますので、そこは電話でお願いをするしかありません。しかし、いまどき、ホームページを持っていないところは、いろいろと問題がありそうですし、まずは、ホームページを持っている地元の葬儀社から資料請求を始めるのが無難かと思います。

資料請求でチェックすべきこと

資料を開いて、パンフレット等の第一印象で感じることも大事だと思います。

いい加減なところは、ホームページもいい加減ですから。

サービス内容と費用について

そして、資料の中から、特に、サービス内容と費用については細かくチェックをしておきたいと思います。

というのは、いちばんトラブルの多いのは、必要なサービスがなかったり、費用が思いのほか多額だったりすることが、後々のトラブルの原因となるからです。

葬儀費は、商品と違い、参列者の人数や状況(葬斎場までの距離)等によって、いかようにも変化するからです。悪く言うと、この点が葬儀社の稼ぎどころになるため、サービスの種類や有無、そのサービスの費用が明確か、費用の額はどうか、等はしっかりチェックしておきましょう。

その際、これから、またはいずれ行う葬儀をどのような内容にするのか、家族や身内同士でよく話し合って、葬儀のイメージをもっておくことが大切です。

そうしなければ、パンフレットの華やかな内容に左右されて、あれもこれもに手を付けると(特に料理関係)、かなりの高額になる恐れがあるからです。

オプションに注意! 追加料金が発生します。

また、オプションは何かをチェックしましょう。

オプションとは、基本料金とは別途するもので、オプションを依頼すると、当然追加料金が発生します。ですので、こんなことまでオプションになっているのかと疑問に思う葬儀社は要注意なんですね。

というのは、大きな見出しで、わが社はこんなに安価で葬儀ができますと歌っておいて、実は大事な事項がかなりオプションになっていると、実際に料金を支払う際に、思いがけず高額になっていて、「これもオプションで追加料金が発生します」というように、高額料金の内訳を当然のごとく聞かされるハメになります。実は、これが一番多いトラブルなんですね。

要するに、追加料金には十分注意しましょうということです。

資料請求で判断して「この葬儀社良いな」と思ったら

すぐに決定せずに、担当者と話をすること

上記の資料請求の検討で、この葬儀社はわかりやすいし、費用も良さそうだとなっても、すぐにその葬儀社に決定せず、一度、電話をして、担当者と話をするのがよいと思います。というのは、パンフレットや資料は優れているのに、実はとんでもなかったということがないように、イメージ通りの対応なのか担当者の会話から判断をしておく必要があります。

また、担当者と話をしたからといっても、申し込みをしなければならないことはありません。

資料請求の中でも特に重要と思われるサービスや料金の確認は、再度チェックすべきで、それを電話で再確認するのでもよいと思います。

また、電話での対応が悪いと、その葬儀社全体のイメージもきまりますから、具体的な打ち合わせの前に、感触を確かめておくべきだと思います。

一番良かった葬儀社の案内はどこ?

ところで、私が実際に電話をして好感度の葬儀社、特に葬儀レビが一番でした。

葬儀レビとは、どのようなサイトか?

葬儀レビは、全国約500社の葬儀会社の中から、希望の葬儀会社を、無料で一括見積もりしてもらえ、ピックアップしてもらえるサイトで、葬儀社ではなく、葬儀社の第三者機関(葬儀社の案内サービスを行う会社)です。

『葬儀レビ』には、次の3つのメリットがあります。

  • 1.数年後の葬儀の相談でもOK
  • 2.『葬儀レビ』に紹介された葬儀社を利用する必要はない
  • 3.すぐに葬儀したい場合は、すぐに葬儀社を選んで手配してくれる

そのため、あまり堅苦しくなく、かなりフランクに相談に乗ってくる点が『葬儀レビ』の特徴だと言えるでしょう。また、「今すぐ」の葬儀に対応してくれるのも、『葬儀レビ』の特徴です。

『葬儀レビ』の評判に共通しているのは次の2点となっています。

  • 電話での対応が非常に丁寧
  • こちらの要望や条件をかなり考慮してくれる

『葬儀レビ』との「一括見積り資料請求」の「ご依頼方法」には、「電話」と「メール」の2種類が用意されていますが「電話」をお勧めします。「メール」を選ぶと、記入事項が多く、途中で嫌になってしまいます。なお、いずれを選んでも、確認のために、数分後に葬儀レビから確認の電話がありますから。

なお、『葬儀レビ』で葬儀社を紹介されても、その葬儀社を使わなければいけないというわけではありませんので、安心です。

『葬儀レビ』公式の無料一括見積りサイトは、次のリンク先よりチェックすることができます。

>>【葬儀レビ】全国資料一括請求

 

ナビゲーション