本文へスキップ

金子さんの本「僕の死に方」

生前見積もりという経験をするのも貴重です!

葬儀社選びは、終活の中でも重要な位置にありますが、正直混乱します。

というのは、たくさんの葬儀社のサイトがあり、どの葬儀社を選べば良いのか、私も、迷ってしまいます。

しかし、まずは自分がどんな葬儀をしたいのかを決めることが、一番大事だと思います。それは、自分がどのように死を迎えるのかという生き方の問題になるのだと思います。

金子哲雄氏の奥様が書いた「僕の死に方」

亡くなった金子哲雄氏の奥様が書いた「僕の死に方」

2012年10月に亡くなった流通ジャーナリスト金子哲雄氏の奥様が書いた「僕の死に方」のご本人は、亡くなる1ヶ月前くらいから葬儀社を呼び、生前見積もりをしたそうです。そして、亡くなる前日にも社長を呼び、自分の希望通り、葬儀を行ってもらえるように頼んだそうです。

この本は好評で、よく読まれているため、生前見積もりも一般的になってくるのかもしれません。

私は、このサイトを作っているおかげで、葬儀レビを知りました。

それで、私も生前見積もりをするため、まず、葬儀レビの公式サイトにある「一括見積もりフォーム」に記入し、連絡方法(ご依頼方法)として「電話」を選び、送信しました。

すると、数分後に、葬儀レビから電話があって、担当者にいろいろな質問ができました。私が、緊急の事態ではないためか、会話も和やかで、私もいろいろな質問をしましたし、いろいろな知識を得ることができました。

私は、金子さんのように、死を直前に迎えているわけではありませんが、生前見積もりという経験をすることができました。

このような経験をしておくと、私というより、例えば、身内にそのようなことがあった時、私はあわてずに、葬儀レビに連絡をして、葬儀レビを頼って、一番ふさわしい葬儀社を選ぶことができると思います。

少なくとも、私の心にそのような余裕ができました。

こんな私のような動機でも結構だと思います。ぜひ、葬儀レビのホームページで、生前見積もりの資料を請求してはいかがでしょうか?

>>【葬儀レビ】全国資料一括請求

 
 

【関連ページ】

  • みんれびのシンプルなお葬式> シンプルなお葬式なら、火葬 148,000円・一日葬 278,000円・家族葬 398,000円でお葬式を行うことができます。
    <家族葬のグローバルケア> 家族葬・一般葬式・大型葬式なら、NHKでも紹介された「家族葬のグローバルケア」
  • シンプル葬の海洋散骨 > 「死んだら海で眠りたい」という人のための海洋散骨が、総額49,000円で可能です。

ナビゲーション