小さなお葬式に資料請求 パンフレット

小さなお葬式に資料請求をしたら、すぐにパンフレットが届いた!

小さなお葬式に資料請求 パンフレットが届いた

小さなお葬式から届いたパンフレットを見て、驚いた!

「小さなお葬式」に資料請求をしたら、2日後にパンフレットなどが入った資料が届きました。この手の資料請求をすると、担当者から電話でもあるかなと思っていました(さがみ典礼に資料請求すると担当者から電話がありましたから)。が、小さなお葬式の場合、電話もなく、ネットで資料請求をした翌々日に資料が届きました。

それに、なかなか豪華なエンディングノートがついていましたので、非常に得した気分になりました。このエンディングノートは、大きさがA4版で、しっかりした厚手の用紙で構成され、これが無料だとは、ほんとに驚きです!

※資料の内容はこちらに>>小さなお葬式から届いた資料の内容を写真で紹介

小さなお葬式のエンディングノート

小さなお葬式から送られてきた資料について

送られてきた「小さなお葬式」の資料は、ネットの公式サイトとは異なる印象で1冊にまとめられており、そのほかに一枚物の資料もたくさんついてきます。

特に、小さなのお葬式で紹介可能な私の近所の葬儀社の資料は、全部で8社分もあり、夫々の葬儀社の地図や住所や特徴などがまとめられています。

驚いたのは、その中に、さがみ典礼の紹介もされていたことです。というのは、さがみ典礼の葬儀費は、むしろ高額な部類に入ると思っていましたが、このさがみ典礼でも、小さなお葬式で決められた定額料金でお葬式ができることが分かりました。

小さなお葬式の特徴

小さなお葬式は、ご遺体の搬送料金や葬儀場・斎場の利用料金、火葬場の火葬料金まで全て含んだ総額料金が格安のプランで計算されます。

従って、依頼する側が特別なサービスをお願いしない限り、追加料金は一切かからず、お葬式を終えることができます。

>> 小さなお葬式の資料請求はこちらからできますちいさなお葬式

資料請求の方法は、上の「小さなお葬式の資料請求はこちらからできます」をクリックすれば、公式サイトが開きますので、
そのページの右上の小さなお葬式 資料請求をクリックすれば、
下のような「WEBで資料請求」の申し込みフォームがあります。

小さなお葬式 資料請求

これに入力して、送信をすれば、1日~3日で送られてきます。

【小さなお葬式の関連記事】

>> 小さなお葬式の評判は?クレームはあるの?

NHKやその他のテレビ放送で紹介された、「小さなお葬式」の放送内容について

2015年7月11日(土) のNHKスペシャル「私たちのこれから#老後危機あなたの備えは大丈夫?」 という番組で、できるだけ費用のかからない葬儀の方法として「小さなお葬式」の家族葬等が紹介されました。


【関連記事】

小さなお葬式に、資料請求をしておくと安心です。

お葬式はいつ訪れる分かりません。日ごろ意識することも少ないでしょう。

しかし、経験する機会がほとんどないだけに、突然身内の方が亡くなった時などに、どうすればよいのか、費用はどれくらい必要なのか慌ててしまうものです。

「小さなお葬式」は、ネットやパンフレットで料金プランを明確にしています。また、葬儀は全国どこでも対応してもらるため、お金をかけずに、家族で小さなお葬式を挙げたい、とお考えの方には最適のお葬式が挙げられることでしょう。

ですので、もしもの時に備えて、パンフレットを取り寄せておくと、小さなお葬式にお願いする葬儀の費用相場やサービスが即座にわかるため、あわてずに対処することが可能になります。

資料請求は無料ですし、「エンディングノート」のプレゼントもあります。

前もって、「小さなお葬式」の資料を取り寄せておけば、お葬式のプランの内容や料金を知っておくことができ、地元の他の葬儀社との比較もでき、目安にすることもできます。

小さなお葬式は、本当に「追加料金一切不要」ですか?

「小さなお葬式」では、例えば、直葬(火葬式)の場合、追加料金一切不要のお葬式が、総額188,000円で可能です。しかし、これは、「小さなお葬式」で設定した条件の範囲内でお葬式を行った場合です。

実際の葬儀には想定外の事態が起きることもあり、その事態に対処するために費用がかかることもあります。

しかし、そのような想定外の事態が、「小さなお葬式」で設定した条件の範囲外の場合、当然、その支払いは、依頼者の側で支払うべき費用として、別途生じることになります。

小さなお葬式 追加料金一切不要


ナビゲーション