NHKで紹介された格安の葬儀

お葬式を格安の定額料金188,000円で!さらに最大66,000円の割引きが可能となります。

小さなお葬式

「小さなお葬式」では、シンプルな葬儀プランを中心に、全国を対象に、格安の葬儀社を紹介するサービス会社として定評があります。

そのため、実績面でも、年間で24,000件という日本一の依頼件数を獲得するに至っています。

また、小さなお葬式は、NHKやその他のテレビ放送でも、できるだけ費用のかからない現代の葬儀のあり方として紹介されています。>>この頁の補足記事

格安葬儀を行う「小さなお葬式」の特徴について

追加料金の心配がない

今まで、お葬式の費用は、お葬式を終えてみないと分からないという曖昧な部分がありました。しかし、小さなお葬式では、最初に提示した料金に追加料金が加算されるようなことがないため、費用面でも安心感があります。

日本一の依頼件数

年間14,000件の依頼実績があり、お客様からの評声も多く寄せられています。その声の内容を見ると好意的な評価が多く、依頼の際の参考にできます。

全国3000以上の葬儀社の中から案内ができます

小さなお葬式では、全国3,000社以上の葬儀社と連携しているため、どの都道府県の依頼者にも、最適の葬儀社を紹介することが可能となっています。

365日24時間体制で、いつでもコールセンターが対応

24時間体制で3〜5名のコールセンタースタッフが待機していますので、電話ですぐに対応してくれます。また、スタッフの名前と顔は、小さなお葬式のホームページに写真付きで掲載されています↓ので、どんな人と電話で話をしているのか、すぐに確認することができ、親近感もわき、安心感があります。

小さなお葬式のコールセンタースタッフの顔写真と名前

「小さなお葬式」の葬儀プラン

【小さな火葬式プラン】

・資料請求(無料)をすれば188,000円で、追加料金一切不要。

(資料請求をしていない場合の通常料金は、193,000円)

・僧侶の手配は、火葬式の場合、別途5,5000円(追加料金一切不要)が必要。

この火葬式プランは、通夜や告別式を行わなずに葬儀を行うというプランです。火葬式は「直葬」とも呼ばれ、最近増えてきたスタイルで、家族やごく近い方達人といっしょに、ゆっくり故人と過ごすことができます。

【小さな一日葬】

・資料請求(無料)をすれば338,000円で、追加料金一切不要。

(資料請求をしていない場合の通常料金は、343,000円)

・僧侶の手配は、火葬式で、別途8,5000円(追加料金一切不要)が必要。

この一日葬のプランは、通夜は行わずに、告別式と火葬を一日で終えるスタイルのプランです。葬儀はしっかり行いたいけど、通夜は行わず、当日の一日を使って、親族等の少人数でゆっくりと行いたい場合に適しています。

【小さな家族葬】

・資料請求(無料)をすれば488,000円で、追加料金一切不要。

(資料請求をしていない場合の通常料金は、493,000円)

・僧侶の手配は、家族葬で、別途160,000円(追加料金一切不要)が必要。

この家族葬のプランは一般的に行われている葬儀と同じですが、規模を小さくして家族を中心に行うのが特徴です。そのため、費用も安く、葬儀は通常通り行いながらも、ゆっくりと故人をお見送りできます。

「小さなお葬式」と「シンプルなお葬式」との比較

なお、株式会社みんれびが運営している「シンプルなお葬式」でも、「小さなお葬式」と同じ規模(5〜10名)の火葬式で追加料金一切不要の、14,8000円(税込み)で提供されています。

料金的には、「シンプルなお葬式」のほうが低価格になっています。しかし、「小さなお葬式」のほうが高額な分、以下のようなシンプルなお葬式にはないサービスも提供しています。

下の表は、シンプルなお葬式にはなく、小さなお葬式にあるサービスだけを抜粋してあります。

定額 カラー遺影 仏具一式 お別れ花 自宅家飾一式
シンプルなお葬式(火葬) 14,8000円 × × × ×
小さなお葬式(火葬) 18,8000円

なお、「カラー遺影」は、祭壇に飾る写真。カラー遺影

「お別れ花」は、お別れのとき、棺の中に収めるお花。お別れ花

「自宅飾り一式」は、葬式後に自宅に飾る祭壇や仏具等。自宅飾り一式

これらのものは、仏具はいらないとか、遺影写真やお別れ花や自宅飾りは自分で用意するとか、依頼者のほうで準備することも可能ですから、プランの中から外されているものだと思います。

ただし、「シンプルなお葬式」では、これらのものが付いた火葬式として、17,8000円のプランや19,8000円のプランが用意されていますので、サービスを同じにすると、「シンプルなお葬式」と「小さなお葬式」は、料金的にはほぼ同様の内容となります。

結局、「小さなお葬式」と「シンプルなお葬式」はどちらが良いの?

「小さなお葬式」と「シンプルなお葬式」のどちらが良いか迷うところですが、おすすめする方法は、時間が許せば、「シンプルなお葬式」と「小さなお葬式」のどちらにも資料請求(無料)を申し込んで、細かいところまで比較しておくのが最善だと思います。

>> 小さなお葬式の評判やクレームは?

※なお、「シンプルなお葬式」と「小さなお葬式」ともに、定額の割引料金プランは、予め資料請求をした場合に適用されます。また、どちらにも、資料請求をした方には、エンディングノートが無料で提供されます。

従って、格安で葬儀を行いたい場合に、資料請求は必須の条件です。

>>「シンプルなお葬式」の資料請求はこちらからできます。小さなお葬式

>>「小さなお葬式」の資料請求はこちらからできます。

【小さなお葬式の補足記事】

NHKやその他のテレビ放送で紹介された、「小さなお葬式」の放送内容について

2015年7月11日(土) のNHKスペシャル「私たちのこれから#老後危機あなたの備えは大丈夫?」 という番組で、できるだけ費用のかからない葬儀の方法として「小さなお葬式」の家族葬等が紹介されました。

ナビゲーション