Q&A

Q&A

自宅で危篤状態になったとき、まず何をすべきでしょうか?

身内の方が、自宅で危篤状態になったとき、まず何をすべきでしょうか。病院で危篤になったときは状況が異なります。身内の危篤は、だれでも不安です。法的な手続きも必要です。
Q&A

お通夜と告別式ではどちらに出るべき?どんな服装をしたらよいの?

家族葬や一般葬ではお通夜と告別式が行われます。お通夜と告別式ではどちらに出るべきでしょうか?お通夜や告別式の服装はどうすべきでしょうか?参列者、喪主、喪家の場合、お通夜、告別式に分けて、適切な服装について説明してあります。
Q&A

家族が亡くなったとき、通夜や葬儀に誰を呼ぶべきでしょうか?

通夜や葬式は突然のことが多く出席者にも負担となります。お通夜やお葬式に誰を呼ぶべきかについては充分に検討すべきです。特に友人については家族が故人の友人関係を把握しているかは不明です。従って、エンディングノートを作成しておくことがおすすめです。
スポンサーリンク
Q&A

通夜の準備・通夜法要の方法と知っておきたいこと

通夜の本来の目的はなんでしょうか?通夜は、葬儀・告別式の前夜に、遺族や親族、故人をよく知る友人や知人等が集まり、夜を徹して遺体に付き添い、線香と蝋燭の灯を絶やさずに棺を守り、故人を偲んで別れを惜しむものです。
Q&A

知っておきたい葬儀施設のことや、葬儀場の選び方

葬儀を行う施設には、 斎場、葬儀場、葬祭場、葬祭会館、セレモニーホール、メモリアルホールなど色々ありますが、特に定義があるわけではありませんが、それぞれの特徴を理解したうえで、葬儀社選びをしましょう。
Q&A

喪主はどのような人がなり、どのような責任を持つのでしょうか?

葬儀には喪主が必要です。喪主は、どのような人がなり、どのような責任を持つのでしょうか?まず、喪主は、配偶者や長男等の故人と最も縁の深い人がなります。長男が小さい場合には、代理をしてもらうこともできます。
Q&A

良いお葬式ができるかどうかは、葬儀社次第です!

葬儀社はしっかり選びましょう! 人が亡くなったときにすべきこととして、まず第一に葬儀社を選ぶことが大切です。 家族の誰かが亡くなるということは、人の一生において幾度もあることではなく、日常の生活でも葬儀のことに関しては...
Q&A

お葬式の流れについて(葬儀・告別式・出棺)

一般には通夜が明けた翌日の日中に、葬儀式と告別式を行います。葬儀式と告別式とを総称して「お葬式」と称しています。葬儀式(葬儀、葬式)は、故人の死を悼み仏や神に祈る宗教儀式です。告別式は故人と最期のお別れをする儀式です。出棺までの儀式を言います。
Q&A

葬儀代は誰が払うべき?兄弟で折半するとき・・・

身内の方が、自宅で危篤状態になったとき、まず何をすべきでしょうか。病院で危篤になったときは状況が異なります。身内の危篤は、だれでも不安です。法的な手続きも必要です。
Q&A

心配なお葬式の費用。いくらぐらいが必要でしょうか?

お葬式をする際、おそらく最も心配なのは費用のことだと思います。数年前の資料ですが、全国の平均費用は約200万円とのこと。しかし、私の父の葬儀では、ベッド室やお風呂やシャワーもあり、親族控え室も貸し切り、参列者も100名程度で120万円ほどの費用でした。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました