Q&A

Q&A

自然葬なら、樹木葬と海洋葬(海洋散骨)のどちらを選びますか?

最近、散骨や樹木葬に関心が強くなっている理由は、①後継ぎがいない②自分の死後に管理してくれる人がいない③嫁いだ先の家や先祖に縛られたくない④夫や姑と同じ墓に入るのを嫌う女性が増えている⑤海洋山林等への散骨によって死後の精神的安らぎを得たい。
Q&A

死亡診断書等の法的手続きについて説明します

死亡届は死亡診断書と一対になっています。死亡届けは、医師から死亡診断書を受け取ったら、死亡届に必要事項を記入し、市区町村役所へ提出します。事故死や変死の場合は警察医の検死を受けて検案書をもらい、それを死亡届に添付しなければなりません。
Q&A

葬儀の流れと手順|家族の誰かが亡くなった時に何をすべきか?

人が亡くなったときに必要な書類は、死亡診断書⇒死亡届⇒死体火葬許可証⇒死体埋葬許可証などです。突然のお葬式を出す時、なにをすれば分からないのが当たりまえですが、このページでご逝去から納骨までの流れをご紹介します。
スポンサーリンク
Q&A

臨終から火葬までの流れと必要な日数は?

会社勤めの人が喪主や喪家の一員となった場合、臨終から火葬までのスケジュールと、それに必要な日数について知っておく必要があります。というのは、忌引き休暇の日数とも関係するからです。
Q&A

死亡・葬儀の連絡に関して知っておきたいこと

死亡や葬儀の連絡は、身内や友人知人に頼って行うとよいでしょう。死亡を知らせる相手は、親族、故人と親しかった友人・知人、勤務先、隣近所、町内会などです。葬儀の日程が決まっている場合は、日程・会場も伝えます。
Q&A

忌引き(きびき)とは? 忌引き休暇は何日取れますか?

忌引きとは、近親者が死去した際、喪に服することをいいます。その場合の忌引き休暇は何日でしょうか?
Q&A

家族葬の葬儀・葬式はどのように行いますか?人数は?葬儀社は?

家族葬とは家族や親族を中心に営む葬式のことです。通夜や告別式などの儀式を小規模に行います。どこまでの関係者を家族葬にお呼びするかというと、葬儀社が計画している家族葬プランの問題もあり、何人までなら家族葬の料金でできるかということになります。
Q&A

直葬(火葬式)とは? 直葬の流れや費用、おすすめの葬儀社は?

直葬とは、通夜や告別式は行わずにご遺体を安置後、火葬のみを行う葬儀スタイルです。直葬は火葬式とも言います。荼毘葬(だびそう)も直葬と同じ葬儀スタイルとなります。直送で葬儀を行う場合の流れや費用、葬儀社、メリットやデメリットをご説明します。
Q&A

火葬場の休業日について

葬儀の日程を決める場合、火葬場の休業日に注意をする必要があります。 特に、火葬場はほとんど元日三が日を休業にしていますから、この場合、葬儀は三が日が明けてからになります。私の場合、父が12月29日に亡くなりました
Q&A

訃報が届いたときの対応はどうすべきでしょうか?

親族や親しい友人がなくなった場合と、そうでない場合とでは対応の仕方が異なります。弔問の仕方、挨拶の仕方、故人との対面にも、気を付けるべきことがあります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました